1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. フェイキックIOL >
  4. レーシックせずに視力回復!レーシック以外の視力矯正方法まとめ

レーシックせずに視力回復!レーシック以外の視力矯正方法まとめ

視力回復術として、メガネやコンタクトレンズなどをしない方法としてレーシックがあります。レーシックは手術による視力回復を図りますが、実はできる人とできない人がいます。今回はレーシック以外で視力回復ができる治療法を紹介します!

レーシック手術はできない人がいる

フェイキックIOL レーシック手術はできない人がいる

角膜を切開し、屈折率を変えることで視力を矯正させる方法ですが、誰でも受けることができるわけではありません。

今は多くのレーシックの治療法が確立されており、以前に比べると多くの人がレーシックを受けられるようになりましたが、それでも不適応になる人がいます。

では、レーシックができない人には、どんな条件があるのでしょうか?

レーシックができない人とは?

フェイキックIOL レーシックができない人とは?

レーシックができるかどうかは、眼科やクリニックに行くと適応検査を行いますのですぐにわかります。
しかし、病院に行かずとも自分には適応しているのかを、ある程度知っておきたいですよね。
レーシックができない人とは

  • 20歳以下
  • 角膜が薄い人や内皮細胞が少ない
  • 妊娠中、授乳中
  • 白内障緑内障、網膜疾患、円錐角膜などの目の病気を患っている
  • 強度の乱視遠視近視など視力が極端に悪い
  • リウマチや糖尿病などの疾患を患っている
  • 向精神薬などの薬を服用している
  • パイロットなど決まった職業についている

などが挙げられます。
もちろん、今は多くのレーシックのメニューができているので、 病院によってはレーシックの手術が可能であるケースもあります。

また、円錐角膜の場合だと、予め角膜を強化しておいてレーシックを施すという方法を行っているクリニックもありますので、一度適応検査を受けてみてくださいね!

適応検査を行うと、角膜の状態や疾患が隠れていないかも含めて調べることができます。

レーシックに向いている人の条件

フェイキックIOL レーシックに向いている人の条件

レーシックに向いている人としては

  • 年齢が20歳以上~45歳以下まで
  • 角膜の厚みが充分に確保できる
  • 左右の視力の差が大きい
  • メガネやコンタクトレンズをつけると眼精疲労が強く現れる
  • スポーツなどを存分に楽しみたい

となります。
年齢や角膜の厚みといった物理的な問題もありますが、メガネなどを付けた時に頭痛や肩こりなどの眼精疲労が強く現れる人も、レーシックに向いていると言えます。

レーシックをすることで裸眼での生活を手に入れることができ、生活の質は格段に向上します。
眼精疲労などで辛い場合などは、一度レーシックを検討してみてくださいね!

↑目次に戻る

レーシック以外の視力回復方法まとめ

フェイキックIOL レーシック以外の視力回復方法まとめ

残念ながらレーシックの手術をすることができない、と言われた人でも今はたくさんの矯正方法があります。
他の方法で視力を回復することが充分に可能ですから、諦めないでください!

さらに詳しい解説をしている記事も併せて載せましたので、深堀りしたい方は参考にしてみてくださいね。

フェイキックIOL、ICL

フェイキックIOL フェイキックIOL、ICL

フェイキックIOLですが、レーシックを行えない人にとっては希望の光となる治療方法で、眼内にコンタクトレンズを入れることで視力を回復させます。

角膜と虹彩の間に入れる前房型と、水晶体と虹彩の間に挿入する後房型に分かれます。
後房型フェイキックIOLはICL(有水晶体眼内レンズ)と言われ、安全性がより高い治療方法になり、実施している病院は先進医療実施施設として認められます。

先進医療実施施設とは、厚生労働省が先進医療として認める最新技術を用いた治療を受けることができる医療機関、という意味です。

国の機関が認める最高の治療が受けられ、高い信頼がもてるため、安心して治療に臨めますね!

メリット

フェイキックIOLのメリットは

  • コンタクトレンズを入れるだけなので、必要な場合には取り出すことができる
  • 強度近視や乱視などの矯正範囲の幅が広い
  • 永久的に入れておくことが可能な、安全性が高い治療方法
  • 角膜を削ることがなく視力を回復することができる
  • ハロ・グレアなどの後遺症が少ない

になります。
角膜を削ることなく視力を回復できるので、角膜の厚みなどは基本的に関係ありません。

また、将来的に病気の治療などで取り出さなければならなくなっても、すぐに取り出すことができます。

デメリット

フェイキックIOLのデメリットとしては

  • 実施しているクリニックが少なく、費用が高額になる
  • 受注生産になることが多いので、治療が開始するまで時間がかかる
  • 目の疾患があると施術を行うことができない
  • 稀に白内障のリスクが高まる

になります。
フェイキックIOLは、レンズを注文し届いてから治療を開始することになりますので、すぐに治療を行えないケースがあります。

また、レーシックに比べ費用が高額になるというのもデメリットになります。

向いている人とは

フェイキックIOLが向いている人は

  • レーシックが適応不可だけど裸眼での生活を希望する人
  • 角膜を削る手術をしたくない人
  • 強度の近視や乱視がある人

になります。
フェイキックIOLはコンタクトレンズになるので、自分の目の矯正範囲が収まっていれば、後遺症などのリスクも低く安全に治療することができます。

また条件として

年齢 21歳~45歳以下
矯正可能度数 フェイキックIOL(アルフレックス) 近視 -2.0D~-14.5D、乱視 -2.0D~-5.0D
フェイキックIOL(アルチザン) 近視 -1.0D~-23.5D、乱視 -1.0D~-7.5D
ICL              近視 -3,0D~‐23.0D 乱視 -1.0D~-7.5D

になりますので、一度問い合わせてみてくださいね。

費用

フェイキックIOLの費用は、約50万円~100万円ほどになります。
レーシックの約2倍以上の費用になりますので、検討する際には費用も考えなければなりません。

口コミ、体験談

>>手術後見え方はいかがですか?

非常に満足しています。

もともと低矯正の眼鏡を常用していたので、術前と比べると、視界が格段に鮮明になりました。
コンタクトレンズを付けた直後のクリアな視界が、終日続く印象です。

近見作業による眼精疲労の悪化も危惧していましたが、術後1週間ほどで気にならなくなりました。

>>日常生活や趣味などで何か変わったことはありませんか?

長年の癖はまだ抜けず、毎朝起床時に眼鏡探し。
眼鏡がなくてもみえる事に喜びを感じています。
また、仕事先の岐阜の郡上八幡では、病院の駐車場から見上げる星空が今までにも増して綺麗に輝いています。

インドア派な私ですが、これだけ見えるようになるとアウトドアな趣味も何か新たに始めてみたくなりました。

引用元: www.lasik.jp

リレックススマイル

フェイキックIOL リレックススマイル

リレックススマイルは、レーシックと同じように手術になりますが、レーシックのように角膜を削って視力を矯正するのではありません。
リレックススマイルの場合には、レーザーで予めレンチクルという切片を作成し、小さく切り口を作成したらそこから抜き取ります。

フラップを作らず切り口からレンチクルを抜き取るだけなので、レーシックよりも切る範囲が少なくなり、術後の痛みなどが少なく次世代の視力回復術と言われています。

メリット

レーシックと同様の屈折矯正手術なのに、レーシックよりメリットが多いのがリレックススマイルの特徴です。
メリットとしては

  • 術後の痛みが少ない
  • 近視戻りが少なくなる
  • 激しい格闘技をしている人に適している
  • ドライアイや後遺症が少なくなる

になります。
フラップを作らないので、格闘技など激しいスポーツをする人が視力を回復したい時には、フラップのズレを心配をせずに済みます。
また、フラップによる後遺症の心配が少ないのも特徴です。

デメリット

フラップを作らないという大きなメリットの反面、デメリットもあります。
リレックススマイルのデメリットとしては

  • 行っている眼科やクリニックが少ないので、費用が高額
  • リレックススマイルをした後、再手術はレーシックでしかできない
  • 視力の矯正範囲は狭くなる
  • 新しい治療法なので、将来のリスクが不明確

になります。

リレックススマイルは、治療法としてはかなり新しい方法になりますので、数十年後に何か不具合が起きるかもしれないというリスクがあります。
もちろん安全性は高いとされていますが、先のことはしっかりとはわからないのが現状です。

また、リレックススマイルをした後に近視が進行してしまった場合には、もう一度リレックススマイルで視力矯正を行うことはできません。
もしも再近視化が進んだら、レーシックによる矯正になります。

費用が二重に罹るという点も、考慮しなくてはなりません。

向いている人とは

リレックススマイルが向いている人は

  • 格闘技を楽しみたい人
  • 角膜の厚みが薄い人
  • 後遺症を少しでも減らしたい人

になります。
リレックススマイルはフラップがズレる心配がないので、顔をぶつけたとしてもフラップが外れることはありません。
リレックススマイルの条件としては

年齢 21歳以上~45歳以下
矯正可能度数 近視 -7D以下、乱視 -5D以下

になります。
白内障のリスクが出てくる45歳以上は、あまり適しません。

費用

あまり行っているクリニックがないため、治療法としては高額になります。
費用としては約30万円~40万円ほどです。

口コミ、体験談

>>術後の見え方

いまだに近くを長時間見た後に遠くを見ると視力が若干ボケます。

しかしながら視力の落ち幅もだんだん少なくなってきて、本を読んだ後でも本当に1.5前後は見えているという実感があります。

会社でPC作業を8時間やってから帰ると流石に視界が滲んでいますが。

以前から訴えていた右目の違和感もだんだんなくなってきています。

PC作業後は右目の違和感も戻りますが、改善の兆候が見られるのでホッとしました。

視界の明瞭感は右目の症状改善と共に調子が上がっており、寝起き時は感動するレベルになっています。

昨日は早朝から移動していたため、帰りの電車は寝てしまったのですが、寝起き後の外の世界が素晴らしいのなんの。

空の青と山の緑は稜線付近でぼやけること無くくっきりとしたコントラストを描いていますし、ずっと向こうの送電塔からのびる電線では鳥が止まっている様子までくっきり見えます。

田舎に住んでた頃はこんな感じで景色が見えていたなぁとしみじみ感じ入りました。

PRK,ラセック

フェイキックIOL PRK,ラセック

PRKとラセックも、レーシックができない場合の治療方法として選択できます。
どちらもレーシックの一種ですが、レーシックと違うのはフラップを作らないということです。

本来フラップを作り、エキシマレーザーで角膜を削り屈折率を変化させますが、PRKは角膜上皮のみにレーザーを照射し、フラップを作らず切り取ってしまいます。
角膜上皮層は再生能力がありますので、一度剥がれてしまっても再び再生します。
角膜が薄い人でレーシックができない人でも、フラップを作る分が薄く済みますので、多くの角膜を矯正する際に有効です。

ラセックも同様ですが、ラセックの場合にはレーザーではなくアルコールによって角膜を除去します。
術後はフラップがないので、保護用のコンタクトレンズをする必要があります。

メリット

PRK、ラセックのメリットとしては

  • 角膜が薄い、強度の近視の人もレーシックができる
  • 格闘技をする人も存分に楽しめる

ことがあげられます。
フラップを作らないので、顔に衝撃が加わる可能性が高いスポーツをする人には大きなメリットがあります。

デメリット

PRK、ラセックのデメリットとしては

  • 角膜が再生するまでは痛みを伴う
  • 視力が安定するまで時間がかかる
  • ヘイズが起きることがある

になります。

ラセックは角膜上皮層のみを除去しますので、再生するまで痛みを伴うことが多くなります。
特に術後はかなりの痛みがあるとされています。

また 、角膜の表面に照射することでヘイズ(角膜上皮下混濁)を生じることがあり、不正乱視を起こしてしまう原因となります。

向いている人とは

PRKやラセックに向いている人は

  • 強度近視や角膜が薄い人
  • スポーツ選手や格闘技を楽しみたい人

になります。
フラップを作らないレーシックになるので、角膜が薄い人や強度近視の人はフラップの分、矯正することができますので向いていると言えます。

PRK、ラセックの条件としては

年齢 21歳~45歳まで
矯正可能度数 近視 -12D、乱視 -5D以下

になります。

費用

PRK、ラセックの費用としては約20万円~40万円程度になります。
病院によって費用は変わってきますので、詳細は直接お問い合わせ下さい。

口コミ、体験談

結論から言いますと、快適な裸眼生活を過ごしています。

最近は視力を測ってはいませんが、日常生活で不便を感じることはありませんので、ほとんど視力も低下していないと思います。

コンタクトレンズのケアの煩わしさや、入れるまでとはずした後の不便さ(もともとは両目とも0.05以下でした)、ちょっとしたはずみでずれてしまったときの痛みや治すまでの苦痛(ハードレンズを使用していました)、また、疲れてきたときのレンズの曇り、ゴミが入った時の痛み、乾燥したときの不快さ・・・それらを感じることなく過ごせているのはとてもありがたいとつくづく思います。

45歳ですので老眼が心配でしたが、近くを見るのにもそれほど苦労はありません。
よほど細かい商品の成分表示などは焦点を合わせるのにちょっと意識しますが、読めます。
新聞の文字などは全く苦労なく読めます。

引用元: ameblo.jp

オルソケラトロジー

フェイキックIOL オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは、レーシックのような手術を行わずに視力矯正をすることができる方法です。

手術ではないので、レーシックが不適応とされた人でも治療を受けることができます。

オルソケラトロジーは特殊な専用コンタクトレンズを用いて、睡眠中に装用します。
朝に外すと角膜に癖がついており、視力を矯正することができます。

寝ている間に視力を矯正するので、簡単に治療ができ、翌朝は裸眼で過ごすことができるとして注目されています。

メリット

オルソケラトロジーのメリットとしては

  • 子供から高齢者まで治療することができる
  • 手術でないので、角膜はそのまま保持できる
  • 装用を中止すれば角膜は元に戻る
  • 近視の進行を抑制できる
  • スポーツなど大いに楽しむことができる

になります。

オルソケラトロジーは子どもから高齢者まで行うことができ、安全性が高い治療法です。

手術ではなくコンタクトレンズで角膜の形を変化させるので、もしも元に戻したくなった場合には、装用を止めれば元に戻るのも大きなメリットです。

デメリット

安全で手術のいらないオルソケラトロジーですが、デメリットももちろんあります。
オルソケラトロジーのデメリットとしては

  • コンタクトレンズのケアが必要になる
  • 矯正できる範囲が狭い
  • 円錐角膜などの疾患があると行えない
  • 装用を止めると視力が戻るため、毎晩かかさずに装用しなくてはならない
  • 定期的に検査をしなければならない

になります。

オルソケラトロジーはコンタクトレンズになりますので、毎日のケアが必要になってきます。
もしもケアを怠ってしまうと、雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうことがありますので、しっかりとケアを行いましょう。

また、円錐角膜があるとコンタクトレンズが装用することができず、視力を向上することが難しくなります。

向いている人とは

オルソケラトロジーの向いている人は

  • 手術に恐怖心がある人
  • 裸眼で過ごしたい人
  • 近視が進行している子ども
  • ケアをしっかり行える人

になります。
手術をすることがないので、手術に対して抵抗がある人でも行うことができます。
また、子どもも行えるので、近視が進行している場合などの抑制にも効果が期待できるとされています。

オルソケラトロジーの条件としては

年齢 7歳~75歳まで
矯正可能度数 近視 -4D、乱視 -1.5D以下

になります。
年齢はかなりの幅があるのも嬉しいポイントですね!

費用

オルソケラトロジーは、毎年~2年前後でコンタクトレンズを交換する必要があります。
そのため、初年度の費用まではならずとも、毎年費用はかかってきます。

初年度の相場が約10万~20万円で、翌年からは約5万円~10万円程度かかります。
それ以外にも定期的に検査を受ける必要があるため、トータルでは莫大な費用が必要です。

口コミ、体験談

◆治療前の状況 右 0.1 左 0.1
眼鏡が動くのでスポーツがしずらく、体育の時間が大変
◆オルソケラトロジー治療後の変化・感想
最初はオルソKレンズをつけるのが初めてだったので少し痛かったが、今では慣れて楽につけられるようになった。
1週間ほどで視力が0.1から1.0までに回復した時は驚いた。
頭が軽くなったような感じがし、以前より目がはっきりしてきてオルソケラトロジーをやってよかったと本当に思いました。

引用元: www.ortho-town.net

↑目次に戻る

レーシック以外の治療も人気の眼科クリニック

フェイキックIOL レーシック以外の治療も人気の眼科クリニック

レーシック以外の治療法を行っているクリニックは多くありますが、全て行っているクリニックになると大手のクリニックになってきます。
大手のクリニックは全国の都市部に開院していることもありますので、近くのクリニックを探してみてくださいね。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査を実施中

公式ホームページ

■基本情報

住所 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00~20:00
アクセス JR有楽町駅 銀座口、中央口から徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線 銀座駅から連絡通路あり

■費用

フェイキックIOL(アルチザン) 両眼 55.2万円
フェイキックIOL(アルチフレックス) 両眼 46万円
ICL 両眼 64.5万円
ラゼック 両眼 16.5万円
リレックススマイル 両眼 29.6万円
リレックススマイル2.0 両眼 36万円
オルソケラトロジー 片眼 4.2万円

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • オプティカルエクスプレスとの連携
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度
  • 無料適応検査を実施中

公式ホームページ

■基本情報

住所 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
電話番号 0120-049-035
診療時間 10:00~19:00(毎週火曜日、年末年始 休診)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 直結徒歩2分

■費用

スタンダードラセック、PRK 両眼 25万円
カスタム ラセック、PRK 両眼 37万円
アイデザイン ラセック、PRK 両眼 40万円
フェイキックIOL、ICL 両眼 68万円(乱視 +10万円)
オルソケラトロジー 両眼 18万円

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料検査予約可能!準備なしの当日OK
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
  • 無料適応検査を実施中

公式ホームページ

■基本情報

住所 東京都新宿区歌舞伎町2-46-3西武新宿駅前ビル7F
電話番号 0120-66-0149
診療時間 10:00~19:00
アクセス 西武新宿線 新宿駅北口 徒歩すぐ

■費用

ICL(-7,5D未満) 両眼 49.8万円
ICL(-7,5D~-10D未満) 両眼 59.8万円
ICL(-10D以上) 両眼 63.8万円
リレックススマイル 2.0 両眼 39.8万円
リレックススマイル 両眼 32.9万円
フェイキックIOL(アルチザン) 両眼 40.77万円
フェイキックIOL(アルチフレックス) 両眼 53.56万円
フェイキック 乱視用 +10.8万円
ラゼック 両眼 23.8万円
オルソケラトロジー(コンフォートレンズ) 両眼 15.8万円
オルソケラトロジー(プレミアムレンズ) 両眼 18.8万円

最終更新日: 2017-10-22

タグ:
オルソケラトロジー フェイキックIOL リレックススマイル

記事に関するお問い合わせ

「フェイキックIOL」に関する記事

フェイキックIOLについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【レーシックの歴史】過去から最新の方法、レーシック難民まで総まとめ
【レーシックの歴史】過去から最新の方法、レーシック難民まで総まとめ
【フェイキックIOLとは?】費用や合併症、メリット・デメリットまとめ
【フェイキックIOLとは?】費用や合併症、メリット・デメリットまとめ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。