1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 老眼 >
  4. 遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ

遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ

早ければ40代から始まってしまう老眼。今まではメガネやコンタクトレンズでの矯正が主流でしたが、今は沢山の老眼治療が開発されています。今日は、老眼治療の中でも注目のリーディングアイについて解説します!

品川近視クリニックの老眼治療「リーディングアイ」とは

老眼 品川近視クリニックの老眼治療「リーディングアイ」とは

何事も年齢とともに進んでしまう物は、防ぐのが難しいですよね。
老眼もその1つで、早い人は40代から進行が始まるようです。

以前は、老眼になってしまったら老眼鏡を作るしか手はなかったのですが、最近では様々な老眼治療が出てきています。

今日は最先端の老眼治療であるリーディングアイに注目してみます!

カムラインレーを目の中に挿入して視力回復

老眼 カムラインレーを目の中に挿入して視力回復

リーディングアイは「レーシックカムラ」とも言われ、多くの眼科で老眼治療として行われています。

リーディングアイでは、片目にカムラインレーという薄いリング状のレンズを眼内に挿入し、視力回復を図ります。

カムラインレーは直径約3.8mmほどしかなく、挿入しても黒目内に治まってしまう大きさです。

真ん中に小さな穴が開いていて、この穴がリーディングアイの治療でとても重要な働きを担います。

ピンホール効果で近くの物が見られる

老眼 ピンホール効果で近くの物が見られる
出典:navi-lasik.net

老眼は、普通の屈折異常である近視遠視とは原因が異なり、加齢による水晶体の弾力不足が原因で近くが見えづらくなってしまいます。

リーディングアイによる治療を行うと、カムラインレーの小さな穴から対象物を見ることでピンホール効果が得られ、近くの物も見えるようになります。

ピンホール効果とは、小さな穴を通して物を見ることで、目の中に入ってくる光を制限し、図のように物がはっきり見える範囲(焦点深度)が広くなる効果です。

見えにくい物を目を細めて見る時の効果と同じです。

リーディングアイでは、カムラインレーを入れることでピンホール効果により近くのものをしっかりと見ることができるようになる治療法です。

リーディングアイのメリット、デメリット

老眼 リーディングアイのメリット、デメリット

老眼治療を検討している人にとってもは、メリット、デメリットはとても気になりますよね。
リーディングアイでのメリット、デメリットとは一体どのようなことがあるのでしょうか?

メリット

リーディングアイには、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 遠くの視力に変化を与えにくい
  • 近視、乱視などの矯正も可能
  • リングは取り外せる
  • 半永久的に効果がある
  • 他の老眼治療に比べて見え方の質が良い

特に今までの老眼治療に比べて、リーディングアイの全体的な見え方の質はとても高いと言えます。

老眼治療では他にもモノビジョンレーシックや遠近両用白内障手術がありますが、リーディングアイの方が見え方が安定していたり、副作用のリスクが少ないなどメリットがあります。

またモノビジョンレーシックは比較的新しい治療方法なので、リーディングアイの方が症例数なども多くなり、多くの実績があります。

近くの見え方 遠くの見え方 見え方の質 実績
リーディングアイ
遠近両用白内障手術
モノビジョンレーシック

デメリット

リーディングアイにはデメリットも存在します。

  • ハロ・グレアなどの副作用や後遺症が起きる場合がある
  • 費用が高い
  • 網膜剥離などの治療の際には外さないといけない
  • 老眼が進行すると見えにくくなることがある
  • リーディングアイを行っても細かい物を見る時には老眼鏡が必要な事がある

カムラインレーは視力の矯正をするわけではないので、カムラインレーが視力を調節することはできません。
その為、老眼が進行してしまったら、また見えにくくなることがあります。

↑目次に戻る

レーシック後にリーディングアイは受けられる?

リーディングアイを検討している方の中には、レーシックを行っている人もいるのではないでしょうか?

レーシックを行っても老眼は進行してしまいます。
レーシックをしていてもリーディングアイは受けられるのか、気になりますよね。

レーシックをした後でも、リーディングアイを受けることは可能です。

↑目次に戻る

レーシックと同時に老眼治療もできる!

老眼に悩む人の中には、老眼の症状だけでなく近視や乱視などの屈折異常に悩む人もいるのではないでしょうか。

リーディングアイはレーシックと同時に行うことも可能で、カムラインレーを入れる時に屈折率を矯正してからカムラインレーを挿入することができます。

老眼だけでなく、屈折異常も矯正出来るので早い年齢から老眼に悩む人などは一気に視力回復を図ることができますね。

↑目次に戻る

リーディングアイ手術の流れ

老眼 リーディングアイ手術の流れ

老眼治療のリーディングアイといっても、どのような治療方法を行うかわかりませんよね。
手術の大まかな流れを紹介します。

リーディングアイのみの場合

老眼 リーディングアイのみの場合
出典:navi-lasik.net

リーディングアイの治療の流れは、以下の通りです。

①点眼麻酔を行う
②フェムトセカンドレーザーでカムラインレーを入れるポケットを作成する
③カムラインレーをポケット内に挿入する
④点眼麻酔を行い終了する

リーディングアイの手術は短時間で、10分程度で終了するので入院の必要はありません。

レーシックと同時に行う場合

レーシックと同時にリーディングアイを行う場合は、このような流れです。

①点眼麻酔を行う
②フェムトセカンドレーザーでフラップを作成する
③フラップを開きエキシマレーザーで屈折率を変化させ近視などを矯正する
④フラップの下にカムラインレー(片目のみ)を挿入し、フラップを閉じます
⑤点眼をし消毒を行う

手術時間もごく短時間で済むので、日帰りで行うことができます。

↑目次に戻る

リーディングアイの治療メニュー・費用

老眼 リーディングアイの治療メニュー費用

リーディングアイがメリットの多い治療方法というのはわかっても、やはり費用は気になる所ですよね。
リーディングアイといっても沢山の治療メニューがありますので、一覧で費用を詳しく解説します。

リーディングアイ・プラス

リーディングアイ・プラスはレーシックと同時にリーディングアイを行いますので、近視や乱視を矯正することができます。

ステータス 費用(税抜き)
非会員 34.3万円
サポート会員 29.7万円

3年の保証期間がついた料金です。

アマリス750リーディングアイ

アマリス750リーディングアイもレーシックと同時にリーディングアイを行いますが、使用する機器が異なります。
最先端のアマリス750という機器を用いて視力を矯正しますので、見え方の質などが向上します。
アマリス750リーディングアイの費用としては

ステータス 費用(税抜)
非会員 43.6万円
サポート会員 39.9万円

3年の保証期間がついた料金です。

リーディングアイ・クリスタル

リーディングアイクリスタルは、品川近視クリニックでしか行うことができないリーディングアイです。
ワンランク上の最先端の老眼治療になり、見え方の質が向上します。
リーディングアイ・クリスタルは保証期間も他のリーディングアイと比べ大幅に長くなっているのもポイントです。
リーディングアイ・クリスタルの費用は

ステータス 費用(税抜)
非会員 64.9万円
サポート会員 60.4万円

保証期間は10年です。

リーディングアイ・レクスト

リーディングアイ・レクストは最高峰の老眼治療で、角膜の保護(クロスリンキング)を行った上でリーディングアイを行います。

ドライアイには対応していないので、注意が必要です。

リーディングアイ・レクストの費用は会員、非会員共に83.4万円です。

↑目次に戻る

リーディングアイが受けられる条件

老眼 リーディングアイが受けられる条件

レーシックなども治療を受けるのに条件がいくつかありますが、リーディングアイも条件があります。

  • 年齢は40歳以上(福岡、札幌院では65歳まで)
  • 白内障や緑内障の疾患がない方
  • 白内障手術から半年以上経過している
  • 適応検査で手術可能となった方

リーディングアイを行う時には白内障や緑内障を発症していないというのが、大切になってきます。

白内障なども加齢とともに発症しやすいので、適応検査を受けた時に気がついた、というケースもあります。

そういった場合には、まず白内障などの手術を行って半年が経過し、目に異常がないのを確認してからリーディングアイの治療になります。

↑目次に戻る

実際の効果や評判は?口コミ・体験談をチェック

老眼 実際の効果や評判は?口コミ体験談をチェック

リーディングアイは以前は近視のレーシックを行ってから老眼治療のカメラを行っていましたが、今はリーディングアイに進化し失敗例も少なくなりました。
評判はとても良く、見え方の質も向上した方が多くいますので、体験談を紹介しますね。

目を細めて読む癖がなくなった

今まで視力がとても良かったので、眼鏡を使ったことがありません。
しかし年齢のせいか徐々に老眼がはじまり手元の文字が見えずらくなり、生活にも支障が出るようになりました。
そこで知ったリーディングアイの手術の話。

眼鏡を使う前に一度手術をしてみようと思い、勇気を出しで品川クリニックさんでお世話になりました。
驚くほど視力が改善して、目を細めて読む癖も今ではまったく無くなりました。
もっと早くに手術を受けていればよかったです。

引用元: www.jobocklandt.be

↑目次に戻る

リーディングアイ治療なら品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中
公式ホームページ
住所 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00〜20:00
アクセス JR有楽町「銀座口、中央口」から徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線の「銀座駅」から連絡通路あり

最終更新日: 2017-10-22

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
老眼鏡の度数って?倍率とは違うの?
老眼鏡の度数って?倍率とは違うの?

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。