1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 老眼 >
  4. 目薬で老眼の改善はできる?

目薬で老眼の改善はできる?

老眼は加齢による症状の1つとして、誰にでもいつかは現れるものです。そんな老眼を目薬を使って改善させることはできるのでしょうか。老眼になるメカニズムとともに目薬による改善の可否について解説します。

老眼はどうして起こるのか

老眼は40代に入った頃から始まるとされています。
加齢にともなって起こる現象なので、避けることはできません。

ただ、進行を遅らせることは可能です。

老眼の主な症状

老眼 老眼の主な症状

では、老眼になると具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。
次のような症状がある場合、老眼の可能性があります。

・近くにある小さな字が読みづらく、目から離さないとはっきり見えない。
・少し暗い場所だと本や新聞などの字が読みづらい。
・距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかる。
・文字を読んでいる途中でふと遠くの景色を見ると、初めはぼんやりしているが、じっと見ているうちにだんだんはっきり見えてくる。
・目が疲れやすくなり肩が凝る。

老眼になるメカニズム

老眼 老眼になるメカニズム
出典:contact-life.jp

老眼の原因は、水晶体と目の筋肉の衰えだとされています。

水晶体はレンズの役割を果たしていますが、ピントを調節する機能もあるため、遠くのものを見る時は薄くなり、近くの物を見る時は厚くなります。

その機能が40歳頃を境に低下していきます。
水晶体を支えている筋肉の「毛様体筋」が次第に衰えてくるので、水晶体の伸縮がうまくいかなくなってしまうのです。

そうして近くの物がはっきり見えにくくなってしまう、老眼の症状につながるわけです。

↑目次に戻る

老眼に効果的な目薬とは

老眼 老眼に効果的な目薬とは
出典:zatsugaku-web.jp

それでは、老眼に効果的だとされている目薬について詳しく見ていきましょう。

老眼に効く目薬の特徴

老眼に効くとされる目薬は、かすみ目や疲れ目を解消させることによって、目にかかる負担を軽減させることが特徴です。

特に「ネオスチグミンメチル硫酸塩」という成分が配合されている目薬は、加齢による目の症状に高い効果があるとされています。

ネオスチグミンメチル硫酸塩は、眼球にある末梢の副交感神経系を活性化させ、ピント調整の際に使われる毛様体筋の収縮をサポートする作用を持っています。

老眼の症状緩和に効果的な目薬

ロートVアクティブ

【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL

【第3類医薬品】ロートVアクティブ 13mL

1,001円

ネオスチグミンメチル硫酸塩が基準値内の最大濃度で配合され、パンテノール、タウリン、コンドロイチンのような代謝を促進させる成分も、基準値内の最大濃度で配合されています。

加齢による目の回復機能の低下を予防する目薬です。

サイトで購入

サンテドウプラスEアルファ

【第3類医薬品】サンテドウプラスEアルファ 12mL

【第3類医薬品】サンテドウプラスEアルファ 12mL

583円

ネオスチグミンメチル硫酸塩をはじめ、毛様体筋に直接作用して神経機能を回復させるビタミンB12や、末梢血管の血流改善に効果的な天然型ビタミンEのようなピント調節機能を回復させる成分など、5つの有効成分を配合した目薬です。

サイトで購入

↑目次に戻る

実際に老眼は目薬で改善できる?

このように老眼に効果的だとされる目薬は販売されていますが、実際に目薬によって老眼を改善させる治療になるかというとそうではなく、いわゆる対処療法の内になります。

老眼の原因となる水晶体の機能の低下を直接改善させられるわけではありません。
ピント調節機能や、代謝・血流を良くし回復力をサポートすることで症状を抑え、進行もゆっくりとしたものに変えていくことはできます。

根本的に老眼を改善させたいという場合には、老眼手術などの方法を選ぶことになります。

↑目次に戻る

目薬の使用とともに行いたい老眼対策

目薬によって老眼の本当の治療はできないとするならば、老眼には予防や進行を遅らせることが重要となります。
そのためには次のような対策が有効です。

・目に良い栄養を日ごろから積極的に摂るようにする→アントシアニン、ルテイン、コエンザイム、コンドロイチン、ビタミンA、B1、B2、C、E
・一定の距離を見続けないようにして、遠くのものを見たり、歩くなどして目の筋肉を活発化させる
・目の周辺の筋肉をマッサージする
・目の血流の改善を図る→蒸しタオルをまぶたに乗せるなど
・老眼鏡を活用して目に負担をかけないようにする

老眼 目薬の使用とともに行いたい老眼対策
出典:menocoto.com

老眼というものは、年齢を重なることによって誰にでも起こる症状です。
しかし、目薬によって回復させるということは完全にはできません。

老眼の症状を感じ始める前から予防策をとったり、老眼になったと思ったら進行をできるだけ食い止める対策を早めに行っておきましょう。

最終更新日: 2017-06-02

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。