1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 屈折矯正手術「ラゼック」とは?メリット・デメリットまとめ

屈折矯正手術「ラゼック」とは?メリット・デメリットまとめ

現在はレーシック手術が主流となっていて、「ラゼック」という言葉を知っている方は少ないかもしれません。ここでは、視力矯正手術のひとつ、ラゼックについてのメリット・デメリットを紹介します!

ラゼックとは?

ラゼックとは?

ラゼックとは、LASEK・ラセックとも呼ばれ、強度近視や遠視、乱視、老眼の矯正を行うことができる手術法のことです。

角膜は5層構造になっていますが、ラゼックの場合、1層目だけをアルコール(エタノール)を使って取り除くため、角膜が薄い方でもおすすめの手術法となっています。

ただし、円錐角膜(角膜が前方に突出する症状・写真)についてはその症状が悪化してしまうことがあるため、治療できないことがあります。

ラゼック手術の手順

ラゼック手術の手順

目薬で麻酔

目の表面に点眼麻酔をすることで、痛みを感じにくくさせます。

角膜をはがす

角膜上皮をやわらかくするために、アルコールを使って約10~30秒浸します。
その後、きれいに洗浄したら、角膜の1層目だけをはがします。

レーザー照射

角膜の下層にエキシマレーザーを照射することで視力矯正します。

終了

眼球をきれいに洗浄し、保護用のコンタクトレンズを装用します。
手術が終わったら約15分程度、安静を保つため回復室で休みます。

診療を終え、特に異常がなければ帰宅可能となります。

↑目次に戻る

レーシックとの違い

レーシックとの違い

ラゼックとレーシックの違いはどこにあるのでしょうか?

ラゼック         レーシック      
フラップ           なし           あり
手術時間           15~20分程度          15~20分程度
痛み     数日痛みが続く            ほとんどなし
回復時間          1週間程度            翌日

レ―シック手術とラゼック手術の大きな違いは、フラップ(角膜のフタ)を作るか作らないかと言う点です。

ラゼックでは手術後、角膜の下層に直接外界の刺激が加わるため、レーシックと比べると痛みを感じたり、しみたりする感覚が数日続きます。

その痛みを軽減するために、術後は保護用コンタクトレンズを装用、サングラスをかけることで紫外線から、目薬をさすことで乾燥からの刺激を予防します。

術後の回復時間については、フラップを戻すレーシックでは角膜が安定するため、早い時にはその日のうちに視力が回復します。
しかし、ラゼックでは1層目をはがしているため、自然回復するまでに約1週間の時間を要します。

手術時間はさほど変わりはありません。

↑目次に戻る

ラゼックのメリット・デメリット

ラゼックのメリットデメリット

ラゼックのメリット

フラップトラブルなし!

フラップトラブルなし!

ラゼックの大きなメリットとして、フラップを作成しないため、それを作ることによるトラブルに見舞われることがないということです。

激しいスポーツや運動、格闘技やボクシングなどを術後に行った際、フラップを作っていればそれがズレてしまい、視力が低下することがあります。
しかし、フラップがなければ、そのような心配はいりません。

さらに、ラゼックは1層目のみ角膜をはがします。
そのはがした角膜は1週間程度で再生してきます。
そのため、今までレーシックを受けることが出来なかった薄い角膜の方にも、ラゼックは有効と言えます。

また、フラップを作成するときに使用する器具は少々大きいため、目が小さい場合、それが入らないことがあります。
その際は、目尻部分を2~3㎜切開することもありますが、ラゼックの場合はフラップ自体を作る必要がないため、目の小さな方でも手術を受けることが容易になります。

ラゼックのデメリット

ラゼックのデメリット

術後数日痛む

フラップを作らないことによるデメリットとして、術後の痛みがあげられます。
レーシックでは、フラップがあることで角膜下層への刺激(ほこり、ちり、花粉、紫外線など)から守ってもらえます。
ですが、ラゼックの場合は角膜の1層目がないために、これらの刺激を直接受けてしまうのです。

そのため、目の中がゴロゴロとしたような違和感や、しみるような感じが続きますが、徐々に痛みは消えていきます。

術後、保護用コンタクトやメガネが必要

レ―シック術後は、フラップが保護用コンタクトの役割を担ってくれるため、装用する必要はありません。

ラゼックでは、保護用のコンタクトレンズやメガネを使うことで外からの刺激を抑え、術後の痛みを軽減することができます。
手術を受けてから角膜が回復するまでの1週間程度までは、保護用コンタクトレンズを装用することを忘れないようにしましょう。

また、紫外線からの影響を受けやすくなっているため、少なくても術後6か月、必要であればそれ以降までサングラスの着用が必要です。

↑目次に戻る

ラゼックの後遺症について

ラゼックの後遺症について
出典:think-about.jp

レーシック手術後の後遺症としては、ハログレア(特に夜間の光などを見た時ににじんだり、ぼやけたりして見えること)やドライアイ(目の渇き)などがあげられます。

レ―シックにしてもラゼックにしても、失明したという症例はないため、それに関する安全性としてはどちらも高い手術と言えるでしょう。

角膜表面の混濁「ヘイズ」

角膜表面の混濁「ヘイズ」
出典:www.snma.or.jp

ラゼック手術後の後遺症としては、ヘイズと呼ばれる症状が現れることがあります。
ヘイズとは角膜がにごることで、ひどくなると視力に影響することもあります。

原因は不明ですが、角膜の表面にレーザーを照射するため角膜に炎症が生じ、それが治る過程で異常なコラーゲン線維を作り出すためだと考えられています。
ヘイズになると、外から入ってきた光が錯乱するので、強いまぶしさを感じるようになります。
(参考文献:「視力矯正治療」 幻冬舎 2014年)

ラゼック手術後に処方されるステロイド点眼薬を指示通りに使用することで、ヘイズが起きる可能性はかなり少なくなります。
また、もしヘイズが発生しても薬や再度レーザー治療を行うことで改善することができます。

↑目次に戻る

ラゼック手術後の生活で気をつけること

ラゼック手術後の生活で気をつけること

ラゼックの手術を受けた、1週間程度は視力が不安定であると考えておきましょう。

仕事内容にもよりますが、角膜が安定するまではパソコンなど文字を読んだり、車を運転したりする仕事は難しいでしょう。

日常生活における注意点

日常生活においては、シャワーであれば手術当日から可能ですが、髪を洗う・入浴・洗顔などは翌日の診察以降に問題がなければ行うようにしましょう。

化粧は、ファンデーション程度であれば翌日からでもかまいませんが、目の近くには塗らないようにしましょう。
アイシャドゥやアイライナーなどの場合は、術後3日目以降からにしましょう。

カラーコンタクトレンズはいつから使える?

若者の間で人気のカラーコンタクトですが、術後すぐに使いたい方もいるかもしれません。
しかし、術後1週間程度は専用の保護コンタクトレンズを装用する必要があります。

また、カラーコンタクトレンズは酸素透過率(酸素がレンズをどれくらい通すことができるのかを示す確率)が低いため、角膜に大きな負担がかかり、回復が遅くなってしまう可能性があります。

いつから使用することができるのかは、ラゼック手術を受けたクリニックと相談してみましょう。

定期検診は忘れずに行こう

定期検診へ行き、目の検査や経過をチェックしてもらうことで、その後の副作用や合併症・後遺症を未然に防ぐことができます。

ラゼック手術後の検診を受ける間隔はクリニックによって異なりますが、手術の翌日・1週間後、1か月後、3か月後、半年後、1年後にチェックしてもらうことが一般的です。

また、急に見え方が悪化したり、何かいつもと違う感じたりしたときには、定期検診以外の時でも受診するようにしましょう。

↑目次に戻る

術後の経過が悪ければ再手術になることも

術後の経過が悪ければ再手術になることも

術後、視力の回復が思わしくなかったり、視力低下が見られるようなときには、再手術を行うこともあります。
クリニックによっては、保証期間内であれば無料で治療を受けることができます。

再手術を受ける時期は視力が安定してから行われるため、術後3か月以上経過してからになります。

↑目次に戻る

ラゼックの費用

ラゼックの費用

保険は適応される?

ラゼック手術を受ける料金の相場としては、15万~25万円程度、高いところで40万円程度で受けることができます。

ラゼックは健康保険の適応にはなりませんが、医療保険の対象となることがあります。
ご自分が加入している保険を見直してみましょう。

↑目次に戻る

ラゼックの体験談&口コミ

ラゼックの体験談&口コミ

実際に、ラゼックを受けた方の体験談を聞いてみましょう。

ラゼック手術を受けてコンタクトやメガネなしの生活に

友人からの紹介キャンペーンで15000引き、平日割引で10000引き、自分の生命保険の手術給付金で50000ほど戻ってきて、トータル13000ほどで手術できました。
手術しなかったら、これからかかるであろうコンタクトレンズ代やメガネ代を考えるととってもリーズナブルです。
そしてなんと言ってもコンタクトなしの生活は楽です!!
アフターケア:5
もともとドライアイがひどく、手術前も点眼薬での治療が必要なほどだったので、手術後のドライアイの症状もも人よりひどかったほうだと思います。
手術前も日常的にドライアイ用の目薬を薬局で購入して使用していましたが、手術後はクリニックでアフターケアとして無料で(すべて手術費用に含まれています)点眼薬を大量に頂けたので助かりました。
今ではドライアイも気にならなくなり、目薬も使用していません。

治療結果:5
手術してから2年半ほど経ちます。
今でも視力は1.5以上をキープしており、免許証の書き換えでも「眼鏡要」が消えました。
術度直後は痛みやドライアイに悩まされましたが、今はそれもなくなり、コンタクトやメガネなしでの生活を楽しんでいます。
10万円ちょっとでこの快適さを手に入れたので、便利な時代になったなぁ~と思います。
いろいろ心配なニュースを聞きますが、私は本当にやってよかったと思っています。

引用元: www.lasik-049.com

手術後、ストレスがなくなった

手術を受けた感想
肩こりを感じなくなった。

ストレスが無く、快適です。

生活面で変わったこと
手術前は不安もありましたが、思った以上に簡単な手術であっという間に終わったという印象でした。

ラゼックなので、術後の視力の安定に少し時間がかかるとの事でしたが、一日、一日、と視界がクリアになり、満足しています。

↑目次に戻る

ラゼックを受けられる人気のクリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査を実施中
公式ホームページ

《福岡》

         
住所 福岡県福岡市中央区天神2-7-21 天神プライム4F※1階に三井住友銀行 天神町支店があります。
  
電話          0120-412-049※10時~20時       
診療時間(休業日)        10時~20時          
交通アクセス      地下鉄2番出口よりお越しください。
博多駅~天神までは地下鉄やバスなどの交通アクセスも豊富です。
  

《東京》

       
住所          東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F 
診療時間     10時~20時          
交通アクセス          JR有楽町「銀座口」・「中央口」より徒歩1分・東京メトロ 丸の内線/日比谷線/銀座線の「銀座駅」より連絡通路あり

《札幌》

       
住所         北海道札幌市中央区北4条西5-1アスティ45ビル2F   
電話    0120-412-049※10時~20時            
診療時間        10時~20時          
交通アクセス  JR札幌駅南口出口より西の方角に向かって徒歩5分地下鉄さっぽろ駅より徒歩3分          

《名古屋》

                     
住所         愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30ORE名駅東ビル3F※1階にセブンイレブンが入ってるビルの3階です。
           
電話    0120-412-049※10時~20時             
診療時間        10時~20時          
交通アクセス  JR名古屋駅「桜通り口」より徒歩7分地下鉄桜通線国際センター駅「3番出口」より徒歩1分

《梅田》

                     
住所         大阪府大阪市北区梅田2-6-20パシフィックマークス西梅田3F         
電話    0120-412-049※10時~20時             
診療時間        10時~20時        
交通アクセス  JR 大阪環状線 福島駅より 徒歩5分/JR 大阪駅(桜橋口)より 徒歩12分/阪神本線 梅田駅より 徒歩10分/地下鉄四つ橋線 西梅田駅より 徒歩7分/ガーデンアベニュー(地下歩行者道路)をハービスOSAKA方面へ            
電話    0120-412-049※10時~20時      

品川近視クリニックでラゼック手術を受けると、3年間の保障付き、検査無料で施術してくれます。

今回紹介するクリニックの中で、ラゼックの費用は一番安いです。
他にも、レーシック手術は業界最安値の7万円から受けられるなど、魅力的な品川近視クリニック。
その魅力や秘密が知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
  • 診療時間AM10:00~PM7:00
  • 無料適応検査を実施中
公式ホームページ
                     
住所         東京都 新宿区 歌舞伎町2-46-3西武新宿駅前ビル7F 
電話    0120-66-0149          
診療時間        10時~19時    

新宿近視クリニックでは、ラゼック手術に対し1年間の保障期間がついています。

ラゼック以外にはどんな手術方法があるのかを知りたい!医師から提案してもらいたい!という方は、新宿近視クリニックがおすすめです。
強みやウリが気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度
公式ホームページ

こちらは神戸神奈川アイクリニック新宿院の取材記事です。
↓人気の術式や再手術率などを、理事長の澤井先生に質問させていただいています!

《東京・新宿》

アクセス 東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩2分
診療時間 平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00
休診日 毎週火曜日、年末年始

《大阪・梅田》

アクセス JR大阪駅から徒歩7分
診療時間 平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00
休診日 毎週水曜日、年末年始

《福岡・天神》(岡眼科天神クリニック)

アクセス 地下鉄空港線天神駅3番出口から徒歩1分
診療時間 AM10:00~PM6:00
休診日 毎週水曜日、木曜日、年末年始

神戸神奈川アイクリニックで手術を受ける場合、いろいろな割引制度があるためチェックして利用することをおすすめします。

スタンダードラゼック手術では、遠方割引(遠方から来た方に対して1万円までの割引)、現金一括で支払うと3,000円の割引があります。

↑目次に戻る

あとがき

あとがき

どのような手術でもメリット・デメリットがあるものです。
わからないことはわからないままにせず、しっかりと手術を受けるクリニックに確認してみましょう。

説明を受け、理解・納得してから手術を受けるようにしましょう。

最終更新日: 2018-02-13

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック 老眼治療

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。