1. 視力回復 >
  2. コンタクトレンズ >
  3. フェイキックIOL >
  4. 【フェイキックIOLとは?】費用や合併症、メリット・デメリットまとめ

【フェイキックIOLとは?】費用や合併症、メリット・デメリットまとめ

現在日本には、近視だと約5000万人、乱視だと約970万人ほどの患者がいるとされています。矯正が必要な人は、コンタクトレンズや眼鏡、最近だとレーシックなどで視力を矯正しています。その中で近年少しずつ知名度を増しているのが、フェイキックIOLです。ここではフェイキックIOLについて、メリット・デメリットを中心に紹介していきます!

フェイキックIOLとは

眼の中にレンズを入れる視力矯正方法

フェイキックIOL 眼の中にレンズを入れる視力矯正方法

フェイキックIOLとは、角膜を手術して視力を向上させるレーシックとは異なり、目の中に人工的に作られたコンタクトレンズを挿入することで視力を回復させる矯正方法です。

別名では眼内レンズとも言われ、一度入れたレンズは取り出さずに過ごすことが出来ます。

フェイキックIOLの特徴として、レーシックのように角膜を削らずに視力を矯正するので、合併症が少なくすみ、角膜が薄くてレーシックを断念していた人も視力を回復することが出来ます。

幅広い屈折異常に対応している

フェイキックIOL 幅広い屈折異常に対応している
出典:www.la-sik.com

フェイキックIOLの最大の魅力は、他の視力矯正方法と違い、幅広い矯正を行うことが出来るということです。

フェイキックIOLは、目の中にその度数に合わせたコンタクトレンズを挿入するだけなので、乱視遠視だけでなく強度近視も矯正することができます。

更にはレーシックでは手術が不可能であった円錐角膜であってもフェイキックIOLだと手術をすることができます。

また、事前に防ぐことが難しい老眼に対しても、遠近両用フェイキックの手術で治療を行うことが出来ます。

フェイキックにはICLとIOLがある

フェイキックIOL フェイキックにはICLとIOLがある

眼内レンズには2つ種類があります。
良く耳にするフェイキックIOLは前房型で、後房型はICLと呼ばれます。

前房型は角膜と虹彩の間に眼内レンズを入れて視力を矯正しますが、後房型の場合だと水晶体と虹彩の間に眼内レンズを挿入します。

レンズの位置が違うことでもちろんメリット・デメリットがありますが、基本的な仕組みは前房型、後房型どちらも変わりません。

ICLとIOLの違い一覧

後房型フェイキック(ICL) 前房型フェイキック(IOL)
レンズの位置 水晶体と虹彩の間 角膜と虹彩の間
両目の手術が可能か 可能 不可能(片目ずつ)
術後の見た目 違和感がない コンタクトレンズのように見えることがある
安全性 厚生労働省とFDAで認可 FDAで認可(厚生労働省では認可されていない)

※FDA…アメリカ食品医薬品局(アメリカでいう日本の厚生労働省のような組織)

前房型と後房型のフェイキックの違いですが、実は後房型フェイキックの方がメリットが多いこともあります。
特に、術後の見た目としては虹彩の内側にレンズを入れる後房型の方が違和感がありませんが、虹彩の外側にレンズをいれる前房型は、他の人からもレンズを入れているのがわかることがあります。

しかしながら、後房型フェイキックの場合手術を行う施設が少ないことがあります。
それぞれメリットデメリットがあるので、よく考えて治療を検討する必要がありますね。

↑目次に戻る

フェイキックIOLのメリット・デメリット

フェイキックの特徴を説明しましたが、気になるのはどのようなメリット、デメリットがあるのかということですよね。
メリットが多くあるフェイキックIOLも目の中にレンズを入れる手術になりますので、リスクはもちろんあります。
先程述べた、幅広い視力矯正に対応しているということ以外で解説したいと思います。

メリット

フェイキックIOL メリット

フェイキックIOLは、レーシックなどでは叶えることが出来なかったメリットが多くあります。
では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

副作用・後遺症が少ない

フェイキックIOLのメリットとして、合併症や後遺症が少ないということが挙げられます。

レーシックの代表的な合併症として夜間異常に眩しく見えるハログレアや目が乾燥するドライアイがありますが、角膜を切開して手術をすることがないフェイキックIOLの場合には、それらの症状が出ることは少なくなります。

また、レーシックでは角膜を削ったあとに再生力が働いて近視戻りが起こったり、生活習慣の影響で視力が低下してしまったりしますが、フェイキックではこれらの視力低下が起きる確率も抑えられています。

合併症や後遺症があると術後がつらいので、これらの症状が少ないというのは大きなメリットになりますね。

角膜が薄い人でも手術が出来る 


レーシックは角膜の厚みが足りないと手術を受けることができません。
これは、レーシックの手術の際に角膜を使って蓋を作る厚みと実際に視力を調節するためにレーザーで削る角膜が必要になるためです。

しかし、フェイキックIOLは角膜を削らずに視力を回復させるので、角膜が薄い人でも視力を向上させることが可能です。

今までレーシックでは、治療することができなかった人にとってフェイキックIOLはまさに、魔法の手術になりますね。

視力の安定が早い

フェイキックIOLは水晶体に近い所にレンズを挿入するために、術後の視力の回復や安定が早くなります。
レーシックも早い人だと翌日には回復していることがありますが、フェイキックIOLも術後すぐに見えている人が多くいます。

取り外すことができる

フェイキックIOLは、中のレンズを取り出して目を元の状態に戻すことができます。

もし眼病に罹っても中のレンズを取り出して治療することができます。
また、きちんと治療を行った上で、再びフェイキックIOLを挿入することもできます。

フェイキックIOLのレンズは、個人個人に合わせて度数を入れていますが、中には過矯正といって強く矯正しすぎてしまいめまいや頭痛を起こしてしまう人もいます。

そんな時でも、フェイキックIOLならレンズを取り出して合った度数のレンズを入れることが可能となりますので安心ですね。

痛みが少ない


フェイキックIOLの手術では点眼麻酔を行いますので、痛みはほとんど感じることはありません。
しかし、術後麻酔が切れてしまうと、目に違和感や痛みを感じることはあります。

痛みは個人差が大きいので中にはかなり痛みが強かった、という人もいれば、全く感じなかったという人もいます。
自分が痛みに弱い場合などは予め、医師に相談しておくと痛み止めの処方や目薬を処方してくれますので、伝えておくと良いですね。

術後は内服薬や目薬が処方されるクリニックが多くなり、比較的痛みは術後も感じにくくなりますが、不安な場合にはしっかりと医師に相談し、もしも痛みが強い場合にはすぐに医師に診察してもらうようにしましょう。

くれぐれも自己判断はしないようにしましょう。

デメリット

フェイキックIOL デメリット

多くのメリットを紹介してきましたが、実はデメリットも存在します。
フェイキックIOLの安全性や失敗し失明してしまうのではないかと不安に思う人もいるでしょう。
では、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

症例数が少ない 


今でこそ認知度や症例数が伸びてきましたが、レーシックやコンタクトレンズと比べると圧倒的に症例数は少なくなります。

大きな原因としては日本では厚生労働省の認可が降りてから、まだまだ時間がたっていないということと、医師自体フェイキックIOLの症例数がすくないためにレーシックを推奨するクリニックが多いということが挙げられます。

日本に比べて、ヨーロッパなどの他国ではフェイキックIOLは日本よりもずっと前から手術が行われているので症例数も多く、名医も多くいますが、日本ではまだまだ、そのようなことにはなっていないのが現状です。

しかし、フェイキックIOLの治療を受ける人も年々増加しているので、早く日本でも広く認知されてほしいですね。

費用が高額になる 


フェイキックIOLの費用は、レーシックの費用に比べると約4倍以上になってしまいます。

フェイキックIOLの治療を行っているクリニックが少ないということと、自由診療になるためクリニックが独自で料金を設定できるためにとても高額になってしまいます。
良い手術とわかっていても、値段が高額になると二の足を踏んでしまいますよね。

手術までに時間がかかる

フェイキックIOLのレンズは個人個人に合わせたレンズになります。
なので、大手のクリニックは用意されているところもありますが、レンズはほとんどのクリニックが取り寄せになってしまいます。

なので、手術を受けるまでに通常のレンズで約1ヶ月、乱視用や遠近両用になると約1〜3ヶ月ほどの期間がかかってしまいます。

もしもフェイキックIOLの手術を検討する場合には、待たなければいけない期間をしっかりと考えた上で手術や検査を申し込みましょう。

緑内障や白内障のリスクがあがる

フェイキックIOL 緑内障や白内障のリスクがあがる
出典:futaba-ac.com

とても少ない例ですが、フェイキックIOLを挿入すると水晶体が干渉してしまい白内障緑内障を誘発してしまうことがあります。

緑内障の場合は、目の中に挿入したレンズが眼圧を上げてしまい緑内障を発症してしまったり、悪化させてしまうことがあります。

もしも、白内障や緑内障を発症してしまうと一度レンズを取り出して、先に白内障などの治療を先にする必要があります。

特に後房型ICLの場合には、眼圧が上がりやすいので虹彩を切開しますが、今は眼圧をあげないための穴あきICLを導入しているクリニックもあります。

合併症がおきることがある

先ほど合併症や後遺症は少ないと述べましたが、全く起きないというわけではありません。

フェイキックIOLの場合だと、細菌に感染してしまうことから発症する感染症や、レンズにタンパク質などが付着して角膜混濁を起こす可能性はあります。

多くの場合には、しっかりと術後の定期検査を受けていれば早期発見できますが、感染症や混濁状態を放置していると失明のリスクがあります。

きちんと検査を受けて感染症などの治療を受けている限りは、まず失明することはありませんし、日本だけでなく世界中でフェイキックIOLが原因で失明したということはありませんので安心してくださいね。

また、眼圧が上がることで発症する緑内障ですが、術後はレンズの影響で一時的に眼圧が上がりやすくなります。

時間の経過とともに落ち着いてくることが多いですが、もしも違和感があったり、眼圧が高い状態が続くと緑内障の可能性も出てきますので、気になる人は定期検査を待たずに医師の診察を受けるようにしてくださいね。

↑目次に戻る

術後の過ごし方

フェイキックIOL 術後の過ごし方
洗顔、洗髪 約3〜4日後から
入浴 翌日から
メイク 約1週間後
スポーツ 約1週間〜約1ヶ月後から
カラコン 約3ヶ月後から

術後の過ごし方は、少し規制が入ってしまいます。
特に目の細菌感染を防ぐために、入浴自体は翌日から大丈夫でも洗顔や洗髪は数日間禁止されることが多くなります。

刺激物が目に誤って入ってしまったり、雑菌が入る可能性があるために直接目に触れることがある洗髪、洗顔、メイクは一定期間禁止されていることがありますので、予め医師に確認しておくようにしましょう。

また、スポーツは種類によって禁止する期間が異なり、ウォーキングやヨガなどの比較的ゆっくりなスポーツは1週間程度から可能となりますが、球技や水泳など激しいスポーツは1ヶ月間は控えるようにしましょう。

カラコンも術後3ヶ月が経過し、定期検査も問題なくクリアしてからにしましょう。
少し「面倒だな…」と思うかもしれませんが、術後は目の負担が大きくなりますし、せっかく治療を行った大切な目を守るためですので、しっかりと医師の指示に従いましょうね。

↑目次に戻る

フェイキックIOLの費用

フェイキックIOL フェイキックIOLの費用

フェイキックIOLの費用の相場は、レーシックと比べて割高です。
レーシックは約10〜20万円で治療を受けることが出来るのに対し、フェイキックIOLだと約40万円〜80万円かかります。

保険は適用外ですが、任意保険をかけられている場合だと手術給付金の対象になることがあり還元金を受け取ることが出来る可能性があります。
また、高額医療になるので医療費控除を受けることが出来るケースが多いので、治療の領収書等は捨てないようにしましょう。

医療費控除は、最寄りの税務署で確定申告時に源泉徴収票と領収書、他の必要な書類を前もって税務署に問い合わせておいて、申請に行きましょう。
自治体によっては、医療費控除にならない場合もあるので予め税務署に問い合わせてください。

↑目次に戻る

フェイキックIOLに適応しやすい人とは

フェイキックIOL フェイキックIOLに適応しやすい人とは
年齢 21歳~45歳まで推奨
矯正範囲 近視 -15D以上は慎重適応
乱視 2.5D以下が推奨
角膜内皮細胞数 最低2200以上(年齢により差あり)

フェイキックIOLは、強度近視や乱視に対応していますが、一定以上の近視や乱視には慎重に対応しなければなりません。
強度近視のなかでも最強度近視といわれる-15D辺りになると、しっかりと検査を行った上で治療をする必要があります。

また、年齢も45歳以上になると白内障などの病気が現れてきたり老眼になってくる事がありますので、遠近両用のフェイキック出ない場合には45歳以上はあまり適していないとされています。

また、格闘技など目に衝撃が加わりやすいスポーツをしている人はレンズがずれてしまう危険がありますので、フェイキックIOLでの視力矯正は避けたほうが無難となります。

逆に、レーシックなど角膜を削りたくなかったり角膜が薄い人などには、フェイキックIOLはおすすめの治療法になります。

↑目次に戻る

フェイキックIOLの評判は?口コミや体験談を紹介 


フェイキックIOL フェイキックIOLの評判は?口コミや体験談を紹介 


思い切って受けてよかった

数年前、レーシックの適応検査を受けたところ、角膜形状異常のためレーシックは不適応とのことで、フェイキックIOL(前房型)を勧められました。

・・・中略・・・

日をあけて片目ずつ手術をする必要がある事、術後・術中に痛みが伴っていたようである事等を考えるとためらわれ、コンタクトの生活でもとりあえず充分、と判断して私自身はフェイキックIOLを受けることを断念しました。

しかし、後房型ICLが日本でも認可がおりたことを知り、前房型IOLに比べ切開幅も少なく、両目同時にできると聞き、手術に踏み切ることにしました。

︙虹彩切開によって起こる、目に入る光にも慣れて朝のコンタクトをつけるわずらわしさ、夜、乾燥してくるコンタクトレンズの不快感から解放され「見える生活」が当たり前になりました。

・・・中略・・・

コンタクトでも十分な視力はえていましたが、先日の満月の十五夜では裸眼でにじむこともなく、幼い頃、視力の良かった頃にはよく見えていた”月のうさぎ”までくっきり見え、感動しました。

手術前は、今後もっと良い術式が出るのではないか、とかこれから迎える老眼や、白内障等を考えて、それまではコンタクトの生活でいいか、とかなどと考えましたが、今では思い切って手術を受けたことに満足しています。

身軽でいられる楽しさ

手術後はたくさんの点眼薬を渡され、数時間ごとに目薬をするよう言われ、言いつけを守りながら翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、と定期検査をしています。
現在、大変順調です。


・・・中略・・・

迷う気持ちはとても分かりますが、一体何が怖いのかをはっきりさせてみると、意外とたんなる言い訳だったりします。
料金の高さであれば、コンタクトの維持費と比べるとそう変わりありません。

なんとなく怖いと思うのは、週刊誌やインターネットの情報しか見ていないからであったりするもので、怖いと思う理由を直接クリニックに聞きに行ってやろうという気持ちで足を運んでもいいと思います。

私は、自己投資の一つだと思って、手術に踏み切りました。
これから旅行をすることになっても、コンタクトもメガネも持ち歩かなくて済むのです。
こんな身軽でいられる楽しみは、ありません。

引用元: www.otokukouza.com

↑目次に戻る

フェイキックIOL行っている眼科クリニック

フェイキックIOL フェイキックIOL行っている眼科クリニック

フェイキックIOLを取り扱っているクリニックはまだまだ少ないですが、病院選びの目安として、症例数の多い病院がオススメです。

その点大手のクリニックでは患者の母数が多いので、安心です。

大手のクリニックでは無料のカウンセリングや適応検査を行っているところが多いので、いくつか話を聞きに行ってみるのもいいでしょう。

品川近視クリニック 


品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査を実施中
公式ホームページ
住所 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00〜20:00
アクセス JR有楽町「銀座口、中央口」から徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線の「銀座駅」から連絡通路あり
費用 フェイキックIOL(ICL) 46万円〜64.5万円

レーシック大手の品川近視クリニックですが、もちろんフェイキックIOLの治療も受けることが出来ます。

品川近視クリニックではフェイキックIOLが素材によって値段が変わっており、ポリメチルメタクリレートという素材のアルチザンが55.2万円、シリコンで出来たアルチフレックスが46万円になります。

ICLについては64.5万円になります。
乱視用になると、値段は変わりますので直接クリニックに問い合わせくださいね。

今回紹介するクリニックの中で、フェイキックの費用は一番安いです。
他にも、レーシック手術は業界最安値の7万円から受けられるなど、魅力的な品川近視クリニック。
その魅力や秘密が知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

新宿近視クリニック 


新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
  • 診療時間AM10:00~PM7:00
  • 無料適応検査を実施中
無料相談する
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-46-3西武新宿駅前ビル7F
電話番号 0120-66-0149
診療時間 10:00~19:00
アクセス 西武新宿線 新宿駅北口 徒歩すぐ
費用 ICL 49.8万円〜63.8万円、IOL 40.77万円〜53.56万円(乱視用+10.8万円)

新宿にしか開院していないながらも、症例数は10万例以上に達します。
フェイキックIOLに力を入れており、おすすめの手術方法として紹介しています。

料金も細かく設定されており、アルチザンでは40.77万円、アルチフレックスは53.56万円、ICLについては近視度数が-7.5D以下は49.8万円、-7.5D〜-10Dまでは59.8万円、-10D以上になると63.8万円になります。

乱視用になると、この料金に10.8万円の追加になります。
片眼からも受けることが出来ますので、一度新宿近視クリニックに問い合わせてみてくださいね。

ICL以外にはどんな手術方法があるのかを知りたい!医師から提案してもらいたい!という方は、新宿近視クリニックがおすすめです。
強みやウリが気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 無料相談実施
  • 全国5都市に開院
  • 満足度96.8%!
  • 世界トップクラスの140万症例の実績
  • 遠方、紹介、現金一括割引あり
  • 無料適応検査を実施中
公式ホームページ
住所 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
診療時間 10:00〜19:00(毎週火曜日、年末年始 休診)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 直結徒歩2分
費用 フェイキックICL(穴あき)68万円〜78万円

神戸神奈川アイクリニックも全国に開院しているレーシックの大手クリニックです。
フェイキックについてはICLのみで、前房型は取り扱っていません。
フェイキックICLは、白内障のリスクが少ない穴あきのレンズを取り扱っています。

費用は68万円で乱視用になると10万円プラスの78万円になります。
神戸神奈川アイクリニックは、フェイキックの症例数は日本トップクラスになりますので、安心して治療を受けることが出来ます。

こちらの記事では、神戸神奈川アイクリニックの澤井先生に取材させて頂いています。
↓ICLについてもいろいろと教えて頂いているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

最終更新日: 2018-02-13

タグ:
乱視 近視 フェイキックIOL 遠視

記事に関するお問い合わせ

PR
新宿近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「フェイキックIOL」に関する記事

フェイキックIOLについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

レーシックせずに視力回復!レーシック以外の視力矯正方法まとめ
レーシックせずに視力回復!レーシック以外の視力矯正方法まとめ
【レーシックの歴史】過去から最新の方法、レーシック難民まで総まとめ
【レーシックの歴史】過去から最新の方法、レーシック難民まで総まとめ

「コンタクトレンズ」に関する記事

コンタクトレンズの記事は他にも多数!

緑内障でもオルソケラトロジーはできる?緑内障とオルソケラトロジーの関係を徹底解説
緑内障でもオルソケラトロジーはできる?緑内障とオルソケラトロジーの関係を徹底解説
【オルソケラトロジー評判】参考になる2chのオルソケラトロジー良スレ3選
【オルソケラトロジー評判】参考になる2chのオルソケラトロジー良スレ3選
【体験談あり】オルソケラトロジーは子供の視力治療に有効!メリット・注意点まとめ
【体験談あり】オルソケラトロジーは子供の視力治療に有効!メリット・注意点まとめ
【高知・愛媛・徳島・香川】オルソケラトロジーが評判の人気おすすめ眼科8選
【高知・愛媛・徳島・香川】オルソケラトロジーが評判の人気おすすめ眼科8選
【千葉版】オルソケラトロジーが評判のおすすめ人気クリニック8選
【千葉版】オルソケラトロジーが評判のおすすめ人気クリニック8選
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。