1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 白内障 >
  4. レーシック後に白内障手術はできない?気になるレーシックと白内障手術の関係まとめ

レーシック後に白内障手術はできない?気になるレーシックと白内障手術の関係まとめ

安全で実績のがある、今人気のレーシック手術。レーシック手術をした後でも白内障の手術ができるのか、その場合は何が必要なのか、レーシック手術と白内障手術について、まとめてみました!

レーシック後に白内障手術はできる?

白内障 レーシック後に白内障手術はできる?

不可能ではない

レーシック手術をした後でも、白内障手術をすることは不可能ではありません。
ただし、それにはいくつか条件がありますので紹介します。

同じ医療機関が手術する

白内障の手術では眼内レンズを使います。
眼内レンズの度数は、レーシック手術を行っていない目を想定した計算式で決めます。

そのため、レーシック手術後に白内障の手術をすると、眼内レンズの度数がズレることがあります。

将来白内障の手術をしようと考えている場合は、レーシック手術の前に白内障手術に必要な目のデータを取っておく必要があります。

自分のレーシック手術の前のデータを持っている医療機関の方が、白内障手術の眼内レンズの度数のズレを防ぐことが出来ますし、術後のケアもスムーズに進みます。

レーシック以前の目の検査データ、カルテを持っている

レーシック手術以前の目の検査データを持っていれば、そのデータを計算式に当てはめて眼内レンズの度数を決めることが出来ます。
また、カルテがあればその時の目の状態が分かるので、より一層と目の状態考慮して手術を行うことができます。

別の医療機関で白内障術を行うときは、必ずレーシック手術をした医療機関と相談をして情報提供書を書いてもらい、レーシック手術以前の目の検査データを添付してもらいましょう。

不可能な場合も・・・

白内障 不可能な場合も

場合によっては白内障手術することが出来ないことがあります。

医療機関によっては嫌がられたり、断られたりする

レーシック手術を行った医療機関から手術前のデータを貰って、他の医療機関で白内障手術を希望しても、断られる事があります。
持っているデータが古かったり、フォーマットが違ったりする場合は参考になりませんので、新しく検査をする必要があります。

また、医療機関によっては検査する機器が違うと、計算結果が違ったり、取り扱っている眼内レンズが違うために、眼内レンズの度数がズレたりすることがあります。
度数がズレた場合は再手術になりますが、この再手術をすることに同意出来ない場合は断られることがあります。

他には、目の状態が良くない場合にも手術は出来ません。
レーシック手術や他の病気で角膜内皮細胞が減少している場合は、白内障手術が出来ません。

↑目次に戻る

レーシック手術と白内障手術の違い

レーシック手術と白内障手術は、手術する部位や手術の理由が大きく異なります。

レーシック手術は屈折矯正手術であり、病気ではないので保険診療にはなりません。

自由診療になるので、医療施設によって金額が異なります。

白内障手術は、白内障という病気に対して行う手術なので、保険適用になります。
白内障になっていない場合でも、白内障手術をして眼内レンズを挿入することは可能ですが、こちらは保険診療の適応になりません。

レーシック手術について

白内障 レーシック手術について

レーシック手術は、眼球の表面にある角膜にレーザーを当てる屈折矯正手術です。

フラップを作るのに使うフェムトセカンドレーザーと、角膜矯正に使うエキシマレーザーの2種類のレーザーを使います。

フェムトセカンドレーザーは、1000分の1秒間隔でパルスエネルギーを発生させ、それを一点に集中照射できるレーザーです。
エキシマレーザは、希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いて、レーザー光を発生させるものです。
フラップを作る時にフェムトセカンドレーザーの変わりに使うこともあります。

レーシック手術では、角膜の表面にフェムトセカンドレーザーを使って、フラップと呼ばれるフタを作ります。
その後フラップをめくり、角膜内部の実質層にエキシマレーザーを当てて屈折矯正をします。
最後にフラップを元に戻して手術が終了になります。

白内障手術について

白内障 白内障手術について
出典:www.jscr.net

白内障は眼球の奥にある水晶体が、濁って見えにくくなる病気です。
白内障には種類があり、加齢が原因で起こる加齢性白内障と、ステロイドの長期使用や打撲や怪我で起こる若年性白内障があります。
一般的には前者が大半です。

白内障手術は、超音波乳化吸引術と呼ばれる術式で行うことが多いです。
この濁った水晶体を超音波の出る器械で乳化させて砕きます。
そして、砕かれた水晶体を吸い取り、無くなった水晶体の変わりに眼内レンズを置き換えます。

目の状態が弱い場合や白内障が進行している場合は、水晶体を砕かずに直接取り出す嚢外摘出術や嚢内摘出術をする場合もあります。

白内障と一緒に近視も治る

白内障 白内障と一緒に近視も治る

白内障手術では、眼内レンズを目の中に入れます。
この眼内レンズの度数を調節すれば、近視や老眼を治すことが出来ます。

眼内レンズには近視用、遠視用、老眼用というレンズはありません。
眼内レンズの度数を決める際に、正視にするか近視や遠視よりにするかでを決めます。
その人の見え方の希望や生活スタイルによって、眼内レンズの度数が変わります。

しかし、遠くを見るのに度数を合わせ過ぎると近くが見えにくくなるので、かえって老眼になることもあります。
逆にあまり遠くを見ない人や、遠くを見るときは眼鏡を使う場合は、近くに度数を合わせると老眼対策になります。
乱視用の眼内レンズもあるので、乱視の度数が強い人にも有効です。

ただし、白内障の好発年齢は50歳以上なので、白内障が発症していない若い方には適しません。

↑目次に戻る

レーシック後に白内障手術をする場合どうなるの?

角膜と水晶体はの役割はとても似ていますが、全く別の場所にあります。

眼内レンズの度数がズレる事がある

白内障 眼内レンズの度数がズレる事がある

前述したように、眼内レンズの度数はレーシックをしていない目を想定して作られた計算式を元に決定します。
そのため、レーシックをしていない目では特に問題がないのですが、レーシックをした目でこの計算式に当てはめると数値がズレてしまい、眼内レンズの度数が変わってしまいます。

オートレフケラトメータで測る度数と眼内レンズの度数は違う

オートレフケラトメーターで測ることが出来る度数は、目の屈折の度数です。
屈折には角膜や水晶体が関わってきます。
人には調節作用があり、無意識的に屈折を変えることがあるので、オートレフケラトメーターで測る目の度数は100%正確ではありません。

白内障の手術は水晶体を取って眼内レンズを入れる手術なので、今の目の度数を測っても意味がありません。

計算式を使って眼内レンズの度数を決める

眼内レンズの度数を決める際には、角膜の頂点から網膜の長さである眼軸長などを測る検査を行い、特殊な計算式に当てはめて眼内レンズの度数を決めます。
この計算式はいくつかあり、白内障手術で必要なデータを検査する器械によって異なったり、眼内レンズの種類で変わったりすることもあります。

度数がズレたらどうするの?

再手術

ズレた度数を参考にして、再度目標の度数に合わせて眼内レンズの度数を設定します。

その後、もう一度手術をして、前に入れた眼内レンズを取り出し、新しく再調整した眼内レンズを入れ直します。

↑目次に戻る

レーシックと同時に白内障手術はできるの?

同時に手術をする事は出来ない

白内障 同時に手術をする事は出来ない

レーシック手術と白内障手術は、手術の方法がまるっきり違うので、同時に行うことが出来ません。

手術後に目の状態が落ち着いたら、次の手術が可能です。

落ち着くまでには個人差があるので、定期検査が必要です。

そもそも手術する部位が違う

角膜は眼球の一番手前の表面にある黒目の部分です。
水晶体はさらにその奥の眼球内部にあります。
レーシック手術は手前側、白内障手術はその奥の手術になります。

角膜と水晶体は別物

角膜と水晶体の役割は似ていますが、少し異なります。
角膜人体で唯一透明な組織で、目から入ってくる光を網膜上に収束させ、屈折させることが働きです。

一方、水晶体は水晶体自身の厚みを変えて、ピントの調節をします。
近くを見るときはこの水晶体が厚くなり、逆に遠くを見るときは水晶体が薄くなります。

時期をズラせば可能

白内障 時期をズラせば可能

一方の手術が終わって、目の状態が落ち着いているのならば次の手術が可能です。

眼の状態が落ち着くまでに一定の日数が掛かります。
個人差が非常に大きいので、医師による定期検査が必要です。

白内障手術をしてからレーシックが理想

白内障がある場合は、先に白内障手術をしてからレーシック手術をすると、眼内レンズの度数がズレることがありません。
眼内レンズの度数を決める計算式は、レーシック手術をしていないことを前提に作られた計算式なので、先に白内障手術をしてしまえば度数がズレることはありません。

↑目次に戻る

レーシックと白内障手術を行っているクリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中

公式ホームページ

●白内障手術の料金と術式

施術名 料金(片眼・税抜)
白内障手術(保険適応の単焦点レンズ) 6万円(3割負担の場合)
白内障手術 55.6万円(3年保障)

●レーシックの料金と術式

術式 費用(両眼・税抜)
スタンダードレーシック 7万円(1年保障)
スタンダードイントラレーシック 8.6万円(3年保障)
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円(5年保障)
スタンダードZレーシック 20.4万円(8年保証)

世界トップクラスのレーシック症例数を誇る、高い支持を得ている品川近視クリニックへ取材してきました。
白内障のリスクが少ない術式・ICLについての解説をしていただきましたので、気になる方はぜひご覧ください!

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 検査は準備なしの当日OK
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実

公式ホームページ

●白内障手術の料金と術式

施術名 手術料金(片目・税込)
多焦点レンズ 38万円〜
アドオンレンズ 25万円〜
レーザー白内障手術 78万円
レーザー白内障手術コンフォートプラン 49.8万円(保証期間半年)
2焦点眼内レンズ 68万円
レンティスMプラス 78万円
レンティスオーダーメイド 85万円
プレミアム3焦点レンズ 95万円

保証期間は、「レーザー白内障手術コンフォートプラン」以外は1年間です。

●レーシックの料金と術式

術式 費用(両眼・税込)
iFSイントラレーシック 19.8万円(1年保障)
iFSイントラレーシックオプティマイズ 23.8万円(1年保障)
Custom Fit イントラレーシック 27.8万円(2年保障)
Vario Design レーシック 32.9万円(3年保証)
Max Vario design レーシック 39.8万円(3年保証)
SBKレーシック 9.4万円

99%の高い患者満足度を誇る、新宿近視クリニックへ直接取材してきました!
白内障手術はもちろん、老眼治療もしてくれるので、総合的に眼についての相談ができます。
新宿に1院しかないのに人気の秘密を解説していますので、気になる方はぜひご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度

公式ホームページ

●白内障の手術メニューと料金

施術名 料金(両眼・税込)
遠近両用白内障手術ファインビジョン(乱視なし) 108万
遠近両用白内障手術ファインビジョン(乱視あり) +10万円
遠近両用白内障手術テクニカルマルチフォーカル(乱視なし) 88万円
遠近両用白内障手術SBL-3(乱視なし) 78万円
アドオンレンズ単焦点 40万円
アドオンレンズ多焦点 60万円
モノビジョンレーシック プレミアムアイデザインレーシック 40万円(TOTAL Care 15年間)
モノビジョンレーシック プレミアムアイレーシック 37万円(TOTAL Care 15年間)

●レーシックの手術メニューと料金

術式メニュー 料金(両眼・税込)
スタンダードレーシック 15万円(保証期間3年)
iFSイントラレーシック 25万円(保証期間3年)
プレミアムアイレーシック(3年保証プラン) 30万円(保証期間3年)
プレミアムアイレーシック 37万円(15年のトータルケア)
プレミアムアイデザインレーシック 40万円(15年のトータルケア)

レーシック手術について詳細に知るべく、神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
白内障手術については質問していませんが、レーシック手術の気になるアレコレを徹底的に聞いてきました。
レーシックについて知りたい方は、こちらも併せてご覧ください。

↑目次に戻る

まとめ

白内障 まとめ

レーシック手術は、視力を改善させるのにとても有効な屈折矯正手術です。
手術の時間も短く体への負担も少ないので、簡便に行うことが出来ます。

レーシックの手術が行われてから25年以上経ち、外科手術としては確立された手術方法であります。
近年では医療器械が発達し、とても安全に行うことが出来ます。
レーシック手術が原因で失明して例は国内外で1件もなく、外科手術では特に安全な手術です。

レーシック手術を受けた後に白内障になった場合、必ずしも白内障手術ができないわけではありません。

レーシック手術をしている医療機関が、白内障手術をしているかが大きなポイントです。
白内障手術を考えている場合は、よく医師と相談して、レーシック手術前にしっかりと白内障手術に必要なデータを検査することが望ましいです。

最終更新日: 2018-02-13

タグ:
白内障

記事に関するお問い合わせ

「白内障」に関する記事

白内障についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

白内障術後の目はこんな状態。サングラスは必須?コンタクトはどうする?
白内障術後の目はこんな状態。サングラスは必須?コンタクトはどうする?
白内障手術で使われるレンズと費用は?
白内障手術で使われるレンズと費用は?
白内障手術で入れるレンズの2選
白内障手術で入れるレンズの2選
最新の白内障手術とは?治療の最前線を探る!
最新の白内障手術とは?治療の最前線を探る!
知っておきたい!白内障手術の失敗やトラブルで起こる合併症、後遺症
知っておきたい!白内障手術の失敗やトラブルで起こる合併症、後遺症

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。