1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 【口コミあり】南青山アイクリニックの費用や評判、治療の徹底まとめ

【口コミあり】南青山アイクリニックの費用や評判、治療の徹底まとめ

視力回復については19年の実績をもつ南青山アイクリニック。実際はどうなのでしょうか?取り扱っている治療法やその費用、また評判などまとめてみました。

南青山アイクリニックの特徴


南青山アイクリニックの特徴


高い満足度と安心の治療・手術成績

南青山アイクリニックの視力回復の手術後アンケ―トによる満足度は、大変満足と満足を合わせて93%と高値を示しています。

レーシック

利用患者さんの満足度の高さは、19年の治療実績と徹底した安全管理を行っているから。
また、レーシックを行う施設が共に連携し、互いに情報共有や技術向上を目指して患者さんの生涯の目の健康と向き合っていく「安心レーシックネットワーク」に加盟しているため、安心して治療を受けることができます。

フェイキックIOL

フェイキックIOLとは、強度の近視や乱視の方に視力矯正の効果が期待できる治療法です。

南青山アイクリニックでは、1999年からフェイキックIOLの治療を取り入れ、今では1500例以上の実績をあげています。

近視予防外来で予防医療もしっかり


近視予防外来で予防医療もしっかり


現在最先端の治療法である「近視の進行を抑える治療」の研究が進んでいます。
つまりこの治療を受けると、近視の進行スピードを遅らせることが期待できるのです。

今、南青山アイクリニックでは、研究に参加される方を募集中!
対象となるのは、近視で困っていて、決められた検査日に来院・検査できる方。
研究期間は2年間で、参加料約50,000円が必要となります。

もし興味のある方は一度連絡してみましょう。

ドライアイなど一般眼科での診療あり

レーシックなど、保険診療外のものだけを取り扱っているのではなく、ドライアイやアレルギー性結膜炎を始め、白内障や角膜疾患などの治療や、コンタクトレンズ・メガネの処方なども行っています。

手術前に眼の病気が発見されても、その治療をすぐに始めることができるので忙しい方にはうれしいシステムです。

↑目次に戻る

南青山アイクリニックで受けられる治療とその方法 


南青山アイクリニックで受けられる治療とその方法 


南青山アイクリニックでは、いろいろな治療を受けることができます。

治療開始前には必ず適応検査と、異なる専門性を持った医療者が患者さんにとってどんな治療法が最善なのかを検討するために話し合う「コンサルテーション」を経て手術となります。

また、手術前もしくは当日に最終検査という徹底したチェックを行ってくれることで安全に、安心して手術を受けることができます。

レーシック 


レーシックによる治療は、まずフラップを作る所から始まります。
フラップとは角膜を薄くカットし、船の帆のようにめくりあげたもの。
その後、エキシマレーザーという機械を使って角膜の屈折力を調整します。

南青山アイクリニックでは、通常のレーシックと共に「カスタムレーシック」と呼ばれる手術も受けることができます。

カスタムレーシックとは、いわゆるオーダーメイドのレーシックのこと。
人にはそれぞれ角膜や水晶体にごくわずかな「ゆがみ」などがあり、それを矯正することで視力回復を促します。

カスタムレーシックには、角膜のゆがみを矯正してくれる「トポリンク」と、眼球全体のゆがみを矯正してくれる「ウェーブフロント」という2つの種類の治療法があります。

レーシックで起こりうる後遺症 :ドライアイ

レーシック手術後の後遺症は5%程度発症すると言われています。
レーシックを受けた後の後遺症や合併症についてはいろいろありますが、メジャーなものとしては、「ドライアイ」「ハロ・グレア現象」「夜間の視力低下」などがあげられるのではないでしょうか。

レーシック手術の際、レーザーを照射して角膜を削ります。
正常な角膜には、目の乾燥を感知して涙を促す機能がありますが、レーザーで角膜を削ることでその機能がいくらか失われ、涙が少なくなるのです。

術後、ドライアイに悩まされることがあるかもしれませんが、角膜は回復(約3~6ヶ月)しますので、ほとんどの方は問題なく過ごすことができるでしょう。

しかし、まれに長期にわたりドライアイになることもあるため、気になる方はクリニックに相談してみましょう。

レーシックで起こりうる後遺症:ハロ・グレア現象

レーシックで起こりうる後遺症:ハログレア現象

特に夜間車を運転しているときや、夜景を見ているときなどに生じる現象のこと。
光がぼやけて見えたり、ライトの光などがとても強い光に感じたりするようになります。

レーシック手術においては、フラップのカット面の治癒過程、もしくは治癒後のずれ、暗所瞳孔径のサイズが大きいと生じることがあります。

レーシックで起こりうる後遺症:夜間の視力低下

こちらも、暗所瞳孔径のサイズが大きい人に起こりやすい症状です。
レーシックにおいて矯正されたところ以上に瞳孔が開いてしまうと、上手く光を取り入れることが難しくなって、目が見えにくくなってしまうというもの。

自分自身が手術後、後遺症や合併症が起きたらどうしようと考えて、治療に踏み出せない方もいるでしょう。
正しく後遺症や合併症を理解し、納得してから治療を受けるようにしましょう。

フェイキックIOL 


フェイキックIOLは小さな柔らかいレンズを眼内に挿入することで、近視や乱視を矯正する治療のことです。
レーシックの場合は、角膜を削ったり溶かしたりしますが、この治療ではその必要がないため角膜が薄い方でも受けることができます。

南青山アイクリニックでは、フェイキックIOLに「ホールICL EVO+」を導入しています。
これは、光学径がより大きく見え方の質が向上したレンズのこと。
そのため、瞳孔が大きい方や強度の近視や乱視の方におすすめです。

リレックススマイル

リレックススマイルの特徴は、従来のレーシック手術と比べると角膜の切開幅がとても小さいため、ドライアイ症状が起こりにくいということ。

そもそもフラップを作るのではなく、精度の高いフェムトセカンドレーザーという機械を使い、角膜を切り出すことによって矯正します。

終了後は特に縫合の必要もなく、そのまま自然回復します。

オルソケラトロジー

大きな特徴は、手術しなくても視力回復できるということ。

南青山アイクリニックでは、1200例以上の実績と角膜専門医がいる安心・安全な環境で治療を受けることができます。

また、クリニックによってはその日のみの装着体験というところもありますが、南青山アイクリニックでは、1週間の装用体験が可能

そのため、視力回復の実感はもちろん、実際の日常生活でどのようなところが困るのか?など具体的に把握することができます。

さらにその結果を医療者へ相談することで、購入後の不安を事前に解決することができます。

白内障/老眼治療

歳を重ねると、どうしても目の機能が衰えることで白内障や老眼になってしまうもの。
南青山アイクリニックでは、最先端の「マルチフォーカルIOL」という遠近両用眼内レンズを取り扱っています。
これで日常生活ではメガネを使わず快適に過ごすことができるようになります。

ただし遠くの景色を見る時や細かいものを見る時などには、メガネが必要になることもあります。

白内障は水晶体が濁ることによって、視界が白く、もやがかかっているように見える症状です。
白内障手術では濁った水晶体を取り出し、眼内レンズを入れることによって綺麗に見えるようになります。

↑目次に戻る

それぞれの治療プランの費用 


それぞれの治療プランの費用 


南青山アイクリニックにおける、治療プラン別の費用を紹介します。

レーシック

レーシックの中には「PRK」と呼ばれる手術があります。
それは、レーザーで角膜を蒸散させて照射を行う方法のこと。

この場合、レーシック特有のフラップを作る必要がなくなるため、角膜回復後のフラップのずれなどの問題がなくなります。

レーシックの種類 片眼の費用(税込)   両眼の費用(税込)       
イントラレーシック, レーシック, PRK 20万円           38万円
イントラカスタムレーシック、カスタムPRK 25万円 48万円
坪田一男医師執刀イントラレーシック、イントラカスタムレーシック 25万円  48万円

ただし、他のクリニックで手術した方がレーシックやPRK手術を受ける場合には、手術費用が異なります。

フェイキックIOL 


フェイキックIOL(ホールICL)の手術は通常、両眼99万円(税込)ですが、期間限定により両眼78万円(税込)で受けることができます。

リレックススマイル

リレックススマイルは、ただいま20周年記念価格で実施されています。

リレックススマイルの対象 片眼の費用(税込) 両眼の費用(税込) 
一般の方 20万円 38万円
学生の方           17万円 33万円

オルソケラトロジー 


オルソケラトロジーは、メディカルローンを組むことができます。

オルソケラトロジーの種類 片眼の費用(税込) 両眼の費用(税込)       
オルソケラトロジー           15万円            19万円

白内障/老眼治療

特注でレンズを使用するときには、下記の費用に片眼10万円ずつプラス料金となります。

手術の種類 片眼の費用(税込) 両眼の費用(税込)       
白内障手術(単焦点眼内レンズ) 約4.5万円(保険適用3割負担の場合) 約9万円
白内障手術(マルチフォーカルIOL:2焦点眼内レンズ)【先進医療】 約39.8万円 約79.6万円
白内障手術(マルチフォーカルIOL:2焦点眼内レンズ) 約49.8万円 約99.6万円
FINE VISION(3焦点眼内レンズ) 60万円 120万円       
Add-on眼内レンズ(白内障手術後の遠近両用レンズ) 45万円  90万円

↑目次に戻る

南青山アイクリニックのアフターケア 


南青山アイクリニックのアフターケア 


定期検査

手術後の定期検査は、長く視力回復を維持するために必要な検査。

南青山アイクリニックでは、手術の翌日、1週間後、1・3・6か月後、さらに1・2・3・5・10年後と受けることができます。

追加の再手術は無料 


レーシックの手術を受けた方のうち、その約5%は近視や遠視、乱視がもとに戻ってしまうことがあります。

そのような状態になったときには、追加で手術を行う必要があります。
その際、南青山アイクリニックでは、期限に関わらず、両眼1回ずつ無料で再手術を受けることができます。

レーシックの保障制度

レーシック手術の後に追加手術が必要な場合の注意点ですが、2013年6月1日以降に適応検査を受けた方は無料になります。

しかし、2013年5月31日以前に受けた方の場合の保障期間は、手術日から3年以内になります。
したがって、それ以前の方では3年を過ぎると再手術料金がかかります。

↑目次に戻る

実際の治療の流れ

実際の治療の流れ

まずはお問い合わせ&予約

初めに、電話連絡もしくはお問い合わせリンクから不安なことや聞きたいこと、資料ダウンロード希望などについて連絡してみましょう。
納得できたら、検査の予約を入れて受診へと進みます。

検査

手術に適応するのかどうか?問診を含め、慎重に検査していきます。
手術前にしっかりと検査を受けることで、術中・術後のトラブルを回避することができ、安心して治療にのぞむことができます。

検査前には必ずコンタクトレンズの使用を中止しなければならない期間があります。
事前にクリニックに確認して、守るようにしましょう。

治療・手術

手術の当日も、最終確認検査が行われます。
時間に余裕をもって出かけるようにしましょう。

定期検査

手術した後は帰宅可能ですが、翌日・1週間後、1・3・6か月後、1・2・3・5・10年後に定期検査を受けることができます。
もしも、手術後の不具合などトラブルなどあったらこの時にしっかりと相談するようにしましょう。

↑目次に戻る

口コミ&体験談をチェック!評判はどう? 


口コミ&体験談をチェック!評判はどう? 


良い口コミ&体験談


すごくよかったです!!!
ドライアイが元々ひどいこともあって、あまり自分に合うコンタクトがなくて、メガネもあまり好きではなかったので、思い切ってレーシックを受けました。

10年経ったのですが、術後と同じ視力を保つことが出来ていて、こんなによくなると思ってもいなかったので驚いています!!
直接人体に関わることなので、多少値が張るのは仕方ないことなのですが、やっぱり値段がすごい高いな…と思ったのは事実です(^_^;)

引用元: minhyo.jp

目に手術を施すので、手術の日とても緊張していました。

私は生まれてこのかた、手術をしたことがなかったので、余計に心配でした。
ここの病院で手術しようと決めたのは、同僚がここの病院でレーシックをしたからです。

引用元: minhyo.jp

ちょっと不満な口コミ&体験談

先生の対応も丁寧で、説明も分かりやすかったし、院内もきれいだったしめっちゃ満足でした♪でもあとで、いろいろ調べてて、ここが高いっていうことを知って、もったいなかったなって思ってる部分もあります(笑)もうちょっと安いとこもあったのにな~。

視力も思ったより回復したし、後遺症もないから良しとしますけど、もう少し安くならないのかな・・・?

引用元: minhyo.jp

手術直後はよく見えていましたが、1年も経たないうちに右目の視力が大幅に落ちました。
何が原因かわかりませんが、落ちるのがあまりにも早いかなと思います。
左目のほうも、その日の調子によってよく見えたり見えなかったりムラが多いので、あまりいい結果が出ないこともあること、理解していたほうがいいかなと思います。

引用元: minhyo.jp

どんな手術もそうですが、後遺症や合併症は起こるもの。
そのリスクも十分に理解して手術されることをおすすめします。

南青山アイクリニックでは、術後の視力低下に関して手術が必要な場合は無料となりますので、何か気になることがあったらまず相談してみましょう。

南青山アイクリニックでレーシックを受けた芸能人

元AKB48の 前田 敦子さん

ブログでレーシックの手術後、視界が明るくなったと発表。
実際に手術を受けた南青山アイクリニックの名前も記載されています。

↑目次に戻る

気になったら相談してみよう! 


気になったら相談してみよう! 


説明会料金は無料 


説明会は定期的に開催されており、無料で受けることができます。
ホームページから参加予約をすることができます。

院内見学もできる 


院内見学を臨時で開催しているため、もし手術を受けるとなった時には少し知った環境に安心して治療することができるでしょう。

適応検査費用は無料

レーシック・ReLEx SMILE・ フェイキックIOLの適応検査は無料です。

ただし、オルソケラトロジーの適応検査は期間限定で無料ですが、1週間装用体験にはプラス3,000円かかります。

↑目次に戻る

南青山アイクリニックへのアクセス

南青山アイクリニックへのアクセス
出典:www.hospita.jp

診療時間、スケジュール

土日も診療していますが、火曜日休診です。
診療受付時間は9:30~12:00、14:00~17:30

予約優先となりますので、必ず事前に予約を入れておきましょう。

電話03-5772-1451(電話受付時間9:30~18:00*12:30~13:30は電話受付を停止しています)
E-mail:info@minamiaoyama.or.jp

アクセス方法

バスでご来院される場合は、渋谷駅からハチ公バス にて神宮の杜ルート 『南青山三丁目交差点』バス停が最寄です。

銀座線をご利用される方は外苑前駅から徒歩4分、半蔵門線・千代田線・銀座線をご利用の方は、表参道駅から徒歩4分程度かかります。

南青山アイクリニック

南青山アイクリニック

0円

  • 19年の医療技術と実績
  • レーシックは、片眼20万円、両眼38万円から
  • 無料適応検査実施中
無料相談する

最終更新日: 2017-12-01

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。