1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 【どれがいいの?】レーシック手術の種類と費用、メリット・デメリットを徹底比較!

【どれがいいの?】レーシック手術の種類と費用、メリット・デメリットを徹底比較!

レーシック」と一言で言ってもその手術の種類はさまざま。ここではレーシック手術の種類、それぞれのメリット・デメリット、費用について詳しく紹介します。

レーシックの専門用語を解説!

レーシックの専門用語を解説!

レーシックについて説明を調べていると、「エキシマレーザー」「フラップ」という言葉をよく見かけることがあるでしょう。
それぞれの意味は、一体どういうものでしょうか?

エキシマレーザーとは?

角膜を削るときに使用するレーザーのことを言います。
このエキシマレーザーの質によって、レーシック手術の質が変わってきます。

いろいろなエキシマレーザーがある中、できれば眼球を追尾してくれる機能が付いているものがおすすめです。
なぜならレーザー照射の際、どうしても意図せずに眼球が動いてしまうため、この機能がないと少しずれたところを削ってしまうこともあるからです。

正しくレーザーするためには、この追尾機能「アイトラッカー」が付いているものを選びましょう。

これはレーシックの種類の違いではなく、角膜を削る際に使用する機械のことです。
病院によって設置されている機械は異なりますから、手術を受ける際はよく確認しましょう。

フラップとは?

こちらもレーシック手術ではよく聞く言葉です。

機器を使って角膜の表面を薄く削って「角膜のフタ」を作ります。
その際、全てを切り取るわけではなく、一部が繋がっている状態であり、これをフラップと呼びます。

フラップを作る目的は、レーザーを照射するためです。
他にも、フラップを作ることで手術後の痛みを和らげることができます。
さらに、術後の感染から目を守る役割もあるのです。

術後フラップは縫うことはなく、そのまま元の位置に戻して修復するのを待ちます。

↑目次に戻る

レーシック手術の種類とその方法

レーシック手術の種類とその方法

スタンダードレーシック

一般的なレーシック手術のことです。
眼球専用カンナでフラップを作成して、角膜の実質層にエキシマレーザーを照射することによって、角膜の屈折力を矯正する方法です。

レーシックのメリット

スタンダードなレーシック手術であるため、安価で受けることができます。
また、フラップがあるため、角膜の痛みが少ない手術方法です。

レーシックのデメリット

フラップがずれてしまうとシワになり、乱視になることがあります。
さらに医師の技術力の差が術後に大きく影響するため、しっかりと説明を聞くことが大切です。

また、0.01など強度の近視を持っている方は、術後に乱視になる可能性があるため、おすすめできません。

さらに、器具が直接目に触れるために、感染の危険性が高くなります。

アイレーシック

アイレーシック

通常のレーシック手術ではフラップを作る際、複数のレーザーを使用します。
ですが、アイレーシックでは1つの機械で行うことができます。
その結果、非常に正確で、安全に実施することができます。

アイレーシックのメリット

ひとりひとりの角膜の歪みを矯正することができるので、術後、綺麗に見えるようになります。

アイレーシックのデメリット

取り扱っている眼科が少ないため、自宅や会社の近くで受けることが難しいかもしれません。

エピレーシック

一般的なレーシック手術に比べ、それよりも薄いフラップを作ることができます。

エピレーシックのメリット

強い近視の方や角膜の薄い人でも手術可能です。
また、術後すぐにスポーツを始めたい人でも手術を受けることができます。

エピレーシックのデメリット

クリニックから痛み止めなど処方されますが、術後の痛みが一般的なレーシック手術よりも強く感じられます。

また、術後しばらくの間、外の刺激から目を守るためにコンタクトレンズなどを着用する必要性があります。

イントラレーシック

イントラレーシックでは、コンピュータでひとりひとりの角膜を細かく計算することで、滑らかなフラップを作ることができます。
そのため、それまでの技術では受けることが出来なかった強度の近視の方や、角膜が薄い方でも手術することができます。

イントラレーシックのメリット

このレーシック手術はコンピュータ制御で行われるため、綺麗なフラップを作ることができ、成功率がアップします。
さらに中度・強度の近視の方でも、以前と比べ安全に手術を受けることができるようになりました。

またフラップが滑らかであるため、治療後の見え方はクリアになります。

イントラレーシックのデメリット

フラップを作成した後めくりにくいという難点があり、少々時間がかかることがあります。
また、コンピュータを使用するため、手術の費用が高くなります。

この手術でも、角膜層間炎症が起こることがあります。

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック

レーシック手術を行っても、その後に不正乱視が起こってしまうことがありました。
しかし、このウェーブフロントレーシックの場合は、コンピュータで全て管理され、角膜の解析から手術まで行われます。

結果、誤差をかなり抑えることができるようになりました。

ウェーブフロントレーシックのメリット

強度の近視の方や角膜の薄い方、不正乱視でも手術可能です。

また、コンピュータでひとりひとりの目の状態によって手術されるために、見え方がさらに良くなります。

また手術前に、手術後にどのように見えるのかを確認することができます。

ウェーブフロントレーシックのデメリット

手術中に眼球が動いてレーザー照射がずれ、それによって角膜が再生する際のずれなどによって、術後の見え方とは違うこともあります。

また、コンピュータの使用により、費用がアップします。

トポリンクレーシック

角膜の形状から角膜の歪みを計算して、角膜だけにレーザーを照射することで角膜本来の形へと矯正することができます。
その結果、夜間の視力低下が起こりにくいという効果があります。

トポリンクレーシックは、角膜の形が非対称性でゆがみが大きい方におすすめです。

トポリンクレーシックのメリット

角膜を削ることなく、歪みを矯正するだけで見え方が良くなります。

トポリンクレーシックのデメリット

場合によっては、角膜を削る量が多くなってしまうことがあります。

カスタムビューレーシック

カスタムビューレーシック

実は、トロポリンレーシックはカスタムビューレーシックの一種。
しかし、トロポリンレーシックが角膜のみに照射されることに対して、目全体にレーザー照射するウェーブフロントレーシックという方法があります。

どちらもその人個人の目の状態に合わせてオーダーメイドの手術内容を計算してくれます。

カスタムビューレーシックのメリット

夜間の視力低下や光の乱反射などが少ないというメリットがあります。

また、再び視力低下する確率が低くなっています。

カスタムビューレーシックのデメリット

手術時間は、約2時間程度とかなり長い時間を必要とします。
また、角膜を削る量が多くなってしまいます。
そのため、角膜の薄い方の手術はできないことがあります。

Zレーシック

角膜への負担を最小限(1回の照射量を少なく、細胞への負荷を減らす)にするようにするために開発されました。
照射時間はイントラレーシックとほぼ同じ程度です。

Zレーシックのメリット

術後の視力回復が早く、視力が長期的に安定(夜間のにじみがない)し、術後の痛みも少ないというメリットがあります。

また、コンピュータ制御でレーザー治療を行うため安全性が高いです。

Zレーシックのデメリット

角膜が薄い方は受けることが難しい場合があります。

また、細かな検査が必要になるため、時間がレーシックよりも長くかかることがあります。

ラゼック(LASEK)

ラゼック(LASEK)

ラゼック(レ―ゼックやラセックとも呼ばれている)の場合、トレパンという機械を使って角膜に切り込みを入れた後、アルコールを浸すことでその表面を柔らかくします。
その後、その表面を持ち上げることでフラップを作成します。

ラゼックのメリット

角膜が薄い方でも受けることができます。
また、フラップがずれることはないため、激しい運動をされる方などにおすすめです。

ラゼックのデメリット

クリニックから痛み止めなど処方されますが、痛みを感じる期間が1週間程度続きます。

PRK

PRKは、レーザーで角膜を蒸散させてしまう方法です。
この場合、フラップを作る必要がなくなるため、手術後のズレなどの問題がなくなります。

PRKのメリット

角膜が少し薄い方でも手術可能です。

また、フラップを作らないために、術後運動をすぐに始めたい方にもおすすめです。

PRKのデメリット

蒸散した角膜は自然治癒で回復させる必要があるために、術後痛みを多少感じます。

また、視力自体が安定するには2週間近くかかるため、生活が困難な場合は保護用のコンタクトレンズを使用する必要があります。

フェイキックIOL

フェイキックIOL

レーシック手術のように角膜を削るわけではなく、眼球の水晶体と角膜の間に眼内レンズを入れることで視力を矯正する方法のこと。

フェイキックIOLのメリット

強度の近視の方や角膜が薄い方でレーシック手術を受けることができなかった方でも、この方法なら手術を受けることができます。

またレーシックの場合、強い光が見えにくくなるグレア現象など、後遺症が起こることはありません。
レンズを取り出してケアする必要はありませんが、もし何かしらの問題が発生したときにも手術によってレンズは取り出すことができます。

フェイキックIOLのデメリット

手術は片眼ずつ行われるため、時間がかかります。

また、手術件数が多くないため、長期的にどのような影響が起こるのか、現在はっきりとわかっていません。

↑目次に戻る

レーシック手術費用の比較

レーシック手術費用の比較
レーシックの種類   費用(両眼)
スタンダードレーシック 7.5万~40万円  
アイレーシック         15万~40万円  
エピレーシック        18万~35万円  
イントラレーシック 12万~40万円  
ウェーブフロントレーシック   15万~45万円
トロポリンレーシック   25万~40万円
カスタムビューレーシック 15万~40万円 
ラゼック             18万~40万円
Zレーシック         20万円~   
PRK         50万円~     
フェイキックIOL    40万円~    

↑目次に戻る

【総括】結局どれがいいの?

【総括】結局どれがいいの?
最もリーズナブル スタンダードレーシック
角膜にゆがみ、瞳孔が大きい イントラレーシック、カスタムビューレーシック、トポリンクレーシック
術後の炎症や見え方の症状が気になる Zレーシック
強度の近視、角膜が非常に薄い、術後に激しい運動を行う ラゼック、PRK、フェイキックIOL

実際に手術を受ける時には、自分の角膜を検査したりコスト面を考えたり、クリニックと相談して保証内容などをしっかりと確認してから、万全を期して手術を受けるようにしましょう。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。