1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. ブルーベリーサプリ >
  4. ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて

ブルーベリーサプリメントは、栄養を豊富に含んだサプリメントです。 しかし飲み合わせを考えて服用しないと、相性が悪いものも中には存在します。 飲み合わせを中心に、ブルーベリーサプリの効果やオススメのブルーベリーサプリも紹介していきます!

ブルーベリーサプリメントとは

ブルーベリーサプリ ブルーベリーサプリメントとは

ブルーベリーサプリメントは名前の通り、ブルーベリーエキスを主に含んだサプリメントのことです。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良いということはとても有名ですが、1日に推奨されているアントシアニンの量を満たそうとすると、アントシアニンの含有量にもよりますが、60g〜300gほどのブルーベリーを食べなくてはいけないという計算になります。

そんなブルーベリーを気軽に摂取できるのが、ブルーベリーサプリメントの特徴です。

ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」は、身体に蓄積されにくい成分で、体に吸収されてから24時間ほどで排出されてしまうので、ブルーベリーサプリメントでコンスタントに摂取ととても効果的です。

そもそも「アントシアニン」とは、ブルーベリーの色素で、ポリフェノールの一種です。
アントシアニンには視細胞の「ロドプシン」の合成を助ける効果があり、この効果が視力の低下を防いでいると言われています。

またアントシアニンは、抗酸化作用も持っているので、活性酸素を取り除き、老化を防いでくれる働きもあります。

アントシアニンが最も多く含まれると言われている「ビルベリー」は、ヨーロッパでは医薬品として商品化されているほど、ブルーベリーの効果は認められています。

ブルーベリーサプリは、視力の低下を未然に防ぐだけではなく、効果的に摂取できることも期待できるのです!

↑目次に戻る

ブルーベリーと相性の悪い飲み合わせ

ブルーベリーサプリ ブルーベリーと相性の悪い飲み合わせ

ブルーベリーサプリはいろいろな会社から出されている上、スーパーや薬局で手軽に買えますが、相性の悪い薬が存在するため、日頃薬を飲んでいる人は注意しなければいけません。

どういうものがあるのか、事前に確認しておきましょう!

薬は飲み合わせが悪いものが多い 

ブルーベリーと飲み合わせが多いものには、薬が多いです。

持病があって薬を摂取している方などは、特に注意してブルーベリーを摂取するようにしましょう。

身体に悪いどころか、命の危険にも関わる状況にもなりかねませんので、周りの家族の方も注意しておきましょう。

糖尿病薬 

糖尿病薬は、血糖値を低下させる効果がある薬です。
しかし、ブルーベリーのアントシアニンにも、血糖値を低下させる効果が含まれています。

これらを併用することによって、血糖値が下がりすぎてしまう可能性があるのです。

血糖値が低下しすぎると、動悸や冷や汗、手足の震えなどの症状が出てしまう可能性があります。

高齢の方などは、放っておくと意識障害や昏睡状態に陥ってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

ブルーベリーは血糖値を下げる効果があるので、単体では糖尿病に効果的と言われています。

しかし、すでに糖尿病の薬を飲んでいるという方は、服用を避けるようにしましょう。

血液凝固剤 

血栓や高血圧、動脈硬化などの成人病治療に使われているのが、血液凝固剤です。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、血液の凝固を抑制して血流を良くします。
その働きによって、毛細血管を強化してくれると言われています。

しかし、血液凝固剤には血液を固める働きがあるので、ブルーベリーとは真逆の効果を持っています。

併用すると血液凝固剤の機能が薄れ、出血しやすくなる可能性があります。

また、血液凝固剤は市販の風邪薬や痛み止めなどにも含まれている可能性があります。
迂闊に服用してしまわないように、成分をしっかり確認してから服用するようにしてください。

ヨーグルト(乳製品)

ブルーベリーサプリ ヨーグルト(乳製品)

食品で言うと、ヨーグルトはあまり良い組み合わせとは言えません。

乳製品に含まれている「ガゼイン」がブルーベリーに含まれるポリフェノールと結合すると、ポリフェノールの効果が薄れてしまうと言われています。

ブルーベリーの成分を効果的に摂取したいのであれば、ヨーグルトなどの乳製品とは一緒に摂らないようにしましょう。

朝食後にブルーベリーを摂取するとき、もしヨーグルトや牛乳を摂取した後であれば、1時間以上経ってから摂取するようにしましょう。

ブルーベリーとヨーグルトは良く合うし、一緒に食べている方も多いと思うので、意外ですよね。

しかしブルーベリーヨーグルト以外にも、味の相性が良くても、成分的に相殺してしまうメニューは存在します。
カテキンの豊富なお茶と、ミルクを組み合わせた「抹茶ラテ」もその1つだそうです。

ブルーベリーと豆乳の組み合わせは問題はありません。
朝食でも摂りやすい食品だと思うので、1度試してみてください。

↑目次に戻る

ブルーベリーサプリと相性の良い組み合わせ

ブルーベリーサプリ ブルーベリーサプリと相性の良い組み合わせ

では、ブルーベリーサプリと相性の良い組み合わせには、どんなものがあるのでしょうか?

ブルーベリーとの成分と組み合わせることで、相乗効果が期待できる成分について紹介していきます。

ビタミンC

ビタミンCは、ブルーベリーに含まれるアントシアニンと非常に相性が良い成分です。

ビタミンCには抗酸化作用がありますが、水溶性のため細胞に取り込まれにくく、吸収されてから数時間で使われないものは、尿と一緒に排出されてしまいます。

一方アントシアニンは、脂質性である細胞にも抗酸化作用を発揮してくれるため、ビタミンCの弱点を助けてくれる成分と言えます。

さらに、アントシアニンの発色を助ける役割としてフラボノール類が含まれている場合、ビタミンCが加わると相乗効果を発揮します。

レモンやイチゴを始め、アセロラ、キウイ、レモンなど、ビタミンCはフルーツに多く含まれている成分です。

アスタキサンチン

ブルーベリーサプリ アスタキサンチン

アスタキサンチンはヒトの体内では作られないカロテノイドという色素の一種で、高い抗酸化作用を持っています。

「海のカロテノイド」とも言われていて、過熱すると赤くなるカニやエビ、サケ、イクラなどに含まれています。
ブルーベリーサプリに含まれるアスタキサンチンも、エビやカニ由来のことが多いです。

アスタキサンチンは栄養が届きにくい脳や眼などの細部にも届くことが特徴で、眼精疲労の緩和効果や、眼疾患の予防効果があるという研究結果が出ています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、血液の凝固を抑制して血流を良くする作用がありますが、アスタキサンチンは毛様血管の疲れを取り除く効果があるため、アントシアニンとアスタキサンチンを同時に摂取することで相乗効果が期待できます。

ルテイン

ルテインはもともとヒトの眼の中に存在するカロテノイド色素の一種で、紫外線を遮断し、目を保護してくれる働きがあります。

食事から補給することも大事で、不足するとパソコンやスマートフォンから放たれるブルーライトの影響も受けやすくなります。

つまり、ルテインが不足すると目が受けるダメージが大きくなり、疲れやすくなるということです。

かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているので、食事では緑黄色野菜と摂ることを心がけ、足りない分はブルーベリーサプリで補うようにすると効果的です。

↑目次に戻る

ブルーベリーサプリに副作用はある?

過剰摂取には注意が必要

ブルーベリーサプリには、アントシアニンやルテインの他にビタミンが含まれていることが多くあります。

アントシアニンやアスタキサンチンは体内に蓄積しない性質を持っていますが、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンE、ビタミンDなどは体内に蓄積し、摂取しすぎると体に様々な症状が出ることがあります。

そのため、過剰摂取を防ぐためにも決められた分量は守り、1日飲み忘れたからと言って翌日二日分飲む、というような飲み方はやめましょう。

正しいブルーベリーサプリの飲み方

ブルーベリーサプリ 正しいブルーベリーサプリの飲み方

ブルーベリーサプリはどこでも買うことができて、手軽に飲めるサプリメントですが、決められた量を守って飲むことは重要です。

また、アントシアニンは体内に吸収されてから24時間で尿と一緒に体外に排出されてしまうということがわかっています。
そのため、たくさん飲むことより毎日継続的に飲むほうが効果的です。

袋に記載されている分量を、コップ1杯の水かぬるま湯で飲みましょう。

食後は吸収が良くなるため、もっとも効果的なのは食後30分以内に飲むことです。

さらに、もっとも効果を感じやすいのは眼を使う作業を始める3時間〜4時間前です。

詳しい飲み方や効果的なタイミングに関しては、こちらの記事も参考にしてみて下さい!

↑目次に戻る

おすすめのブルーベリーサプリ

おすすめのブルーベリーサプリを紹介します。
含まれているベリーの種類や、成分の割合は微妙に異なりますので、自分に合っていると思うものをチョイスしてください!

めなり 

めなり

めなり

3,980円

2016年にモンドセレクションで「最高金賞」を受賞した「めなり」は、すべて業界トップクラスをテーマに掲げる商品です。

アントシアニンが非常に豊富な「ビルベリー」、さらにはルテインの効果を高めてくれる「クロセチン」も配合しています!

定期コースなら1ヶ月分がなんと907円(税抜)で購入できます!
リピート率93.9%も、信頼の証でしょう。

サイトで購入

まだ6日飲んでるだけだけど、これまで試した目のサプリより効き目があるかも?って思っています。

左目が白内障になってて手術はまだしてないけど、PCを一日中してるので、ブルーライト対策にネットで調べてこの商品にたどり着きました。

お値段も高いけど、その分効果があることを期待してますよっ・・。

一ヶ月飲んで実感すれば飲み続けたいとおもってまっすっ~!

ルックルックベリー 

ルックルックベリー

ルックルックベリー

2,028円

ベリーの王様「ビルベリー」以外にも、希少なアサイーベリーを含んでいるブルーベリーサプリが、「ルックルックベリー」です。

ブルーベリー376粒分のアントシアニンを、ルックルックベリー2粒で摂取することができます!

1袋1,000円で購入できる定期コースもオススメですよ。

サイトで購入

アイジャスト 

アイジャスト

アイジャスト

5,940円

アイジャストは、ライザップが販売しているアイケアサプリです。

眼のピント機能を調整するために、1日1粒で、主にアスタキサンチンを摂取することに特化しています。

仕事で目をよく使う方、視界がぼやけやすいという方にオススメのサプリメントだと言えるでしょう。

定期コースなら、初回価格は1箱1,980円です!

サイトで購入

最近、歳のせいか眼が霞んだり、ピントがなかなか合わなくなってきていました。

老眼だろうから仕方ないかな…って感じで半分あきらめていたのですが、そんな時に知人が教えてくれたのがアイジャストでした。

最初は、サプリで眼の調子が良くなることは無いと思って信用していなかったんですが、アイジャストを販売しているのが、あの有名なライザップだということを知り、とりあえず試してみることにしたのです。

飲み始めて半月ほどは、特に効果を感じませんでしたが、その半月を過ぎたくらいから、朝新聞を見るときにハッキリと見えているのに気づいたときは、アイジャストの効果には驚きましたね。

今、飲み始めて2ヶ月程ですが、最近では遠くを見る時も、近くを見る時もハッキリと見えるようになり、老眼鏡もメガネも必要なくなりました。

さすがライザップって感じで感謝してます。

引用元: humanlifeiob.biz

えんきん

えんきん

えんきん

1,778円

えんきんは、大手製薬会社であるファンケルが販売している、アイケアサプリです。

ルテイン、アスタキサンチン、DHAも豊富に含まれており、機能性表示食品の「アイケア市場売上」でNo.1を誇っています。

累計で800万個売り上げたという実績もあり、使用した方の93%が効果を実感しているので、チェックしておきたいサプリです。

サイトで購入

食前、食後関係なく飲めるのでいいです。
粒も小さくて飲みやすい

なんとなく疲れ目が和らいだ気がします!目の奥の痛むような感じはなくなりました!

飲まないとなんとなく目が疲れやすいので、毎日夫婦で愛用しています。

錠剤が意外と小さいので、2錠飲むのに抵抗はない。

目の疲労には多少効いているような気がする。

最終更新日: 2017-12-12

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「ブルーベリーサプリ」に関する記事

ブルーベリーサプリについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【口コミあり】ファンケルのサプリ「えんきん」の効果とは?成分・副作用・評判まとめ
【口コミあり】ファンケルのサプリ「えんきん」の効果とは?成分・副作用・評判まとめ
【成分表付き】サプリ「えんきん」の配合成分を徹底解説!効果・注意点とは
【成分表付き】サプリ「えんきん」の配合成分を徹底解説!効果・注意点とは

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。