1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. ものもらい(麦粒腫) >
  4. 「ものもらい」でコンタクト禁止?つけたまま使える目薬ってあるの?

「ものもらい」でコンタクト禁止?つけたまま使える目薬ってあるの?

ものもらいになったらコンタクトの装着を中止して、目薬を点さなければなりませんが、それでもコンタクトは使いたいという人は少なくないはずです。コンタクトの装着を中止するのが最善ですが、注意点さえきちんと守れば、場合によってはコンタクトの装着は可能です。 ものもらいになってしまったけど、コンタクトを装着したい人は必見です。

ものもらいとは

ものもらい(麦粒腫) ものもらいとは

「ものもらい」とは、めいぼ、めばちこ、とも呼ばれるもので、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことです。

ものもらいは大きく2つの種類に分けられ、症状も原因も異なります。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

まぶたの細菌感染により膿が溜まってしまう状態で、はじめは痒く、だんだんまぶたが赤くはれて痛むようになるのが特徴です。

原因のほとんどが黄色ブドウ球菌感染です。
感染経路としては、マイボーム腺(まぶたの縁にある皮脂腺)とまつ毛の根元の脂腺の2つのルートがあります。

①内麦粒腫は、マイボーム腺に菌が感染し、炎症を起こします。
②外麦粒腫は、マイボーム腺以外の分泌腺に菌が感染し、炎症を起こします。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

マイボーム腺に脂が溜まってしまう状態で、目に硬いしこりができます。
なかなか治らない場合は霰粒腫の可能性があります。
化膿を伴う場合は麦粒腫と症状が似ているため正しい判断が必要です。
感染症ではないので目薬の効果はありません。
まぶたに溜まった脂は自然に破裂し吸収することが多いです。

↑目次に戻る

なぜものもらいになったらコンタクトをしてはいけないのか

ものもらい(麦粒腫) なぜものもらいになったらコンタクトをしてはいけないのか
出典:trendstyle96.net

一般的には、化膿している、痛みがある、異物感、腫れがひどい、炎症がある場合はコンタクトの使用は控えた方がいいとされていますし、そもそもコンタクトの装着自体難しいでしょう。

ものもらいは症状が軽度の場合であればコンタクトの装着は可能ですが、症状を長引かせないためにも中止した方がいいでしょう。

コンタクトは細菌感染の温床に?

ものもらいの主な原因である「黄色ブドウ球菌」は、私たちの周りに常に存在している常在菌の一つです。
黄色ブドウ球菌は皮脂を食べて生存しています。
つまり、ものもらいになって黄色ブドウ球菌が存在しているところに装着するということはそこが細菌感染の温床になる可能性が高いということなのです。
そのため治りが遅くなります。

コンタクトは、取り扱いに問題があると殺菌感染する危険があります。
コンタクトの取り扱いには十分に注意しなければいけません。

ソフトレンズの怖い話

ものもらい(麦粒腫) ソフトレンズの怖い話

ソフトレンズはほぼ水分で作られていて、スポンジのように細菌を繁殖しやすい環境をつくります。

ものもらい用の抗菌目薬にはサルファ剤(スルファメトキサゾールナトリウム)という成分が含まれていて、ソフトレンズを変形させる恐れがあるのです。
そのまま使用すると視界不良、乾燥、角膜が傷つくことにもなりかねません。

目薬がレンズに長くとどまると薬の成分によっては、薬効が強すぎて副作用が出ることも考えられます。

このような理由でソフトレンズの装着中は目薬の使用は禁止です。

↑目次に戻る

ものもらいになった時の目薬の種類は?

麦粒腫が原因のものもらいは、細菌感染なので「抗菌作用」の目薬が効果的です。
防腐剤の入っていない「使い切りタイプ」を選ぶようにしてください。

霰粒腫の場合は細菌性ではないので目薬で治療は行いませんが、麦粒腫を併発しないために抗生剤やステロイド剤の目薬を使うこともあります。

↑目次に戻る

コンタクトを装着するための目薬のタイミング

ものもらい(麦粒腫) コンタクトを装着するための目薬のタイミング
出典:lifenote.biz

点眼後15分後であればコンタクトの装着は可能であるとされていますが、よく注意してください。

ハードレンズであれば装着したまま点眼できる目薬も販売されていますが、添付文書をよく読み、コンタクトをしたまま点眼可能か必ず確認するようにしてください。

どうしてもコンタクトを装着したいのであれば、「ハードレンズ」か「使い捨てのワンデーレンズ」を使うことをオススメします。
なぜなら、ハードレンズは水分が浸透しないので問題ないです。
ワンデーであれば新しい清潔なレンズなので、装着中にレンズに細菌が繁殖し始めても最小限にとどめることができるからです。

ものもらいになったらできればコンタクトの装着は控えた方がいいですが、どうしても装着する場合は注意点をよく守るようにしましょう。

最終更新日: 2016-12-24

タグ:
ものもらい(麦粒腫)

記事に関するお問い合わせ

「ものもらい(麦粒腫)」に関する記事

ものもらい(麦粒腫)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

プールは禁止?子供の霰粒腫(ものもらい)、目薬から手術まで治療法を紹介!
プールは禁止?子供の霰粒腫(ものもらい)、目薬から手術まで治療法を紹介!
ものもらいの原因は!?疲れやストレスも?まぶたのどこにできる?
ものもらいの原因は!?疲れやストレスも?まぶたのどこにできる?
気になる!妊娠中にものもらいができたら目薬使ってもいいの?
気になる!妊娠中にものもらいができたら目薬使ってもいいの?
簡単で早く効く!ものもらいの治し方4選
簡単で早く効く!ものもらいの治し方4選
ものもらいはうつるの?その症状と早く治す方法
ものもらいはうつるの?その症状と早く治す方法

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。