1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは? >
  4. レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは?の4番目の画像

レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは? の4番目の画像

50代後半~60代 出典:photo-ac.com

レーシックは50代や60代でもうけることは可能ですが、高齢になってくると老眼や白内障の可能性があがります。

白内障の場合、レーシックとは別の方法で視力をあげる手術が有効です。
それは、白内障の手術は濁った水晶体を取り出して人工のレンズを挿入する手術です。

この人工のレンズの度数を調節することによって、レーシックと同じように近視を治してあげることができます。
この場合は白内障の治療になりますので、保険が適応されます。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは?
レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは?

レーシックは近視や乱視を矯正するレーザー手術です。 レーシックをうけることにより、今まで眼鏡やコンタクトレンズを使用しなければ見えなかったものを見ることが...

2016-05-29

新宿近視クリニック