1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 【大阪】レーシックでおすすめの人気眼科クリニックまとめ >
  4. 【大阪】レーシックでおすすめの人気眼科クリニックまとめの18番目の画像

【大阪】レーシックでおすすめの人気眼科クリニックまとめ の18番目の画像

デメリット
  • 合併症や後遺症のリスクがある
  • 正確な眼圧が計れなくなる
  • 老眼を感じやすくなる
  • 角膜が薄くなりすぎると、コンタクトレンズの使用や再手術ができない

レーシック手術にはあらゆるリスクがあるため、手術を受けることをためらっている人も多いでしょう。

レーシック手術を受けるとドライアイ、ハログレアなどの後遺症が出ることがあります。
これは大半は術後3ヶ月〜半年でなくなると言われていますが、個人の目の状態によっては治らない人も存在します。

後遺症が治らなかったり、近視戻りといった視力の低下が起こった場合は、再手術を受ける必要もでてきます。

また、角膜が削られて薄くなるので、眼圧を正しく測定できなくなります。
これは眼圧を測定して診断する緑内障などの病気にかかった時、発見が遅れる可能性があります。

https://eyecure.jp/2150

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

【大阪】レーシックでおすすめの人気眼科クリニックまとめ
【大阪】レーシックでおすすめの人気眼科クリニックまとめ

レーシック手術を行う眼科が増えましたが、その分どこが良いのか病院選びに困ってしまうこともありますよね。この記事では病院選びの5つのポイントと、大阪府内で評...

2017-02-03

新宿近視クリニック