1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 病院・クリニック >
  4. 【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは >
  5. 【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とはの6番目の画像

【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは の6番目の画像

病院クリニック 治療中の様子について 出典:

オペレーターのドクターが1人、臨床工学士が2人、看護師が2人です。

レーシックはフラップの作成とレーザー照射の2種類の機械を使うので、それぞれに1人ずつ臨床工学士がつきます。

あと看護師ですが、1人がドクターについて器具を出したりする役割をして、もう1人が患者さんの退出の誘導などを行っています。
看護師は緊張している患者さんがいらっしゃったりすると手を握ったりしますね。

目の手術は怖いので、看護師さんに手を握ってもらって落ち着いた、という口コミはよく見かけますよね。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは

レーシックやICL、オルソケラトロジーといった屈折矯正の専門眼科クリニック、品川近視クリニックの東京院へ取材に行ってきました!屈折矯正を行っている最大手の...

2017-12-19

新宿近視クリニック