1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように! >
  4. レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように!の7番目の画像

レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように! の7番目の画像

運転ができるまでの期間は術式によって違う

レーシックには色々な術式があります。
代表的なレーシックから、角膜を再生させるPRKなどはどのくらいの期間が過ぎれば運転することが可能なのでしょうか?

目安としては以下のようになります。

ラゼック 約3日~1週間
PRK 約10日
エピレーシック 約1週間後
リレックススマイル 約1週間

PRKはフラップを作らず、角膜を削り取って手術を行うので、保護用のコンタクトレンズを着用します。
PRKの場合はその保護用コンタクトレンズが外れてから運転をするようにしましょう。

これらの期間はあくまで目安にされている数字です。
視力回復には個人差が大きくなりますので、運転をしたい場合には必ず医師に確認してから運転しましょう。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように!
レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように!

レーシックの手術を受けると裸眼で生活の質が一気に向上します。もちろん車やバイクの運転も然りで、裸眼で運転できるのが嬉しくなりますよね。では、レーシックの手...

2017-08-01

品川近視クリニック