1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように! >
  4. レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように!の4番目の画像

レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように! の4番目の画像

1週間が過ぎても運転できないこともある 


先程述べたように、術後1週間が目安として運転することができるとされていますが、術後の回復には個人差があり、1週間を過ぎても運転できない人もいます。

特に見え方が不安定だったり、ハロ・グレアやドライアイといった後遺症がある人は、車やバイクの運転することはできません。

後遺症は長い人だと半年近く続くことがありますので、トラックやタクシードライバー等の仕事に就いている場合には、レーシックを受ける前に会社に相談して確認が取れてから手術を受けるようにしましょう。

ハロ・グレアについては以下の記事に詳しく紹介されていますので、参考にしてみて下さいね!
https://eyecure.jp/2160

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように!
レーシックの手術後、運転はいつからできる?免許の書き換えは忘れないように!

レーシックの手術を受けると裸眼で生活の質が一気に向上します。もちろん車やバイクの運転も然りで、裸眼で運転できるのが嬉しくなりますよね。では、レーシックの手...

2017-08-01

品川近視クリニック