1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 老眼 >
  4. 【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ >
  5. 【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめの3番目の画像

【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ の3番目の画像

レーシック手術は、レーザーで角膜を削ることで光の屈折率を調節し、視力を改善させる屈折矯正手術です。

一般的なレーシック手術では、まず角膜の表面をスライスしてフラップと呼ばれるフタを作ります。

フラップを作る際には、フェムトセカンドレーザーといって1000分の1秒間隔でパルスエネルギーを発生させるレーザーを使います。

次にフラップをめくり、角膜内部の実質層にエキシマレーザーを当てて角膜を削って屈折矯正をします。

最後にフラップを元に戻して手術は終了です。
フラップは術後の痛みを軽減したり、細菌やゴミが入るのを防ぐ役割があります。

ここまでの所用時間は15分程度です。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ

かつてはレーシックで老眼を治すことはできませんでしたが、今はレーシックと同じ技術を使って老眼を治す方法がいくつかあります。そのなかでも、ここではものビジョ...

2017-06-20

品川近視クリニック