1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 乱視 >
  4. 乱視は自宅で矯正も可能!手軽なトレーニング方法とは? >
  5. 乱視は自宅で矯正も可能!手軽なトレーニング方法とは?の6番目の画像

乱視は自宅で矯正も可能!手軽なトレーニング方法とは? の6番目の画像

乱視 フェイキックIOL 出典:www.lasik.jp

フェイキックIOLとは、眼内にレンズを挿入する手術法です。

角膜に影響は与えず、もしもの場合はレンズを取り出して元に戻すことも可能です。

レーシックで矯正のできない強度の近視・遠視・乱視や、角膜が薄い方も受けることができます。

また、レーシックの後遺症で起こることがあるドライアイの心配もありません。

メリット

  • 角膜の厚みや視力の程度に関わらず手術できる
  • レンズを取り出して元の状態に戻すことができる

デメリット

  • 角膜内皮細胞が減少してしまうことがある
  • 白内障を誘発する場合がある

向いている人

  • 角膜を削るのに抵抗がある人
  • 強度の近視・遠視・乱視などでレーシックが受けられない人

https://eyecure.jp/2198

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

乱視は自宅で矯正も可能!手軽なトレーニング方法とは?
乱視は自宅で矯正も可能!手軽なトレーニング方法とは?

乱視をレーシック手術などをせずに改善できる方法があるというのをご存知でしょうか。自宅で毎日簡単なトレーニングを続けるだけで、乱視の矯正につながるという方法...

2016-06-14

新宿近視クリニック