1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術後に視力低下することはあるの?原因と予防法まとめ >
  4. レーシック手術後に視力低下することはあるの?原因と予防法まとめの5番目の画像

レーシック手術後に視力低下することはあるの?原因と予防法まとめ の5番目の画像

遺伝

視力の悪さは遺伝する、といった話を聞いたことがありませんか?

これはある程度事実と言えます。

本来小さい子どもは遠視傾向であり、成長して眼球が大きくなるにつれて段々と焦点が前へずれ、網膜に正しく焦点を結ぶようになっています。

しかし、小さいときに遠視傾向が無ければ眼球が大きくなるに連れて焦点は前へ移動し、近視(網膜よりも手前で対象物が写ってしまう状態)になってしまいます。

この眼球の大きくなる程度や、元からの屈折の度合いについては体質が関係しているため、親からの遺伝が多少は関係しているとされているのです。

また、親子の場合生活習慣や趣味が似ていることもあるので、そういった意味でも同じように視力低下が起きてしまうこともあります。

しかし必ずしも遺伝があるから近視になるという訳ではなく、親子であっても人それぞれ個人差があるので、100%遺伝するということはありません。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

レーシック手術後に視力低下することはあるの?原因と予防法まとめ
レーシック手術後に視力低下することはあるの?原因と予防法まとめ

角膜を削ることで視力を矯正するレーシックですが、絶対に視力が維持できるというわけではありません。残念ながら、レーシックを受けたとしても視力が低下してしまう...

2017-02-06

品川近視クリニック