1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 近視 >
  4. 近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説! >
  5. 近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説!の3番目の画像

近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説! の3番目の画像

遠視の目では水晶体が最も薄い状態で、遠くから入ってきた光の焦点が網膜の後方で合ってるため、網膜に焦点を合わせるために水晶体を厚くすることで調節しています。

そして近くのものを見るときは、その対象から放射状に出た光が懐中電灯の光のように広がりながら目に入ってくるため、この焦点がさらに後方に移動し網膜に合わせるためにさらに水晶体を厚くしなければならず、この限界を超えてしまうと見えにくくなってしまいます。

よく「遠視は近視の反対で、近くは見えにくいけど遠くはよく見える」と勘違いされがちですが、実は遠くのものを見ているときも毛様体筋と水晶体の働きで焦点が合わせられている状態なので、楽によく見えているとは言えないのです。

毛様体筋と水晶体の調整力が強い小児期や軽度の遠視の場合には、これらの調整力のおかげで遠くも近くもよく見えてしまうため、視力に異常がない場合も少なくなく見落とされがちですが、常に調整力を働かせてものを見ているために目が疲れやすく、肩こりや頭痛の原因になることもあります。

遠視は角膜と網膜の距離が近い場合や、角膜と水晶体の屈折率が低い場合に起こるので、屈折率を上げて焦点を前方に移動させる凸レンズで矯正します。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説!
近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説!

何となく理解しているつもりでも、改めて考えてみるとよく解っていないことってありますよね! 今回は近視・遠視・乱視・老眼の違いについて解りやすく解説しなが...

2016-07-12

品川近視クリニック