1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 近視 >
  4. 近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説! >
  5. 近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説!の1番目の画像

近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説! の1番目の画像

私たちがものを見るとき、その情報は光として入ってきます。
入ってきた光は角膜と水晶体によって屈折し、後方にある光を感じる組織である網膜に焦点が合うことによって、ものを見ています。

屈折させている組織のうち、角膜は屈折率を変えることができませんが、水晶体は毛様体筋の働きで厚みを変化させることで屈折率を変えることができます。
厚みを変えることで遠くのものや近くのものにピントを合わせているのです。

正常な目では水晶体が最も薄い状態(厚みを変化させていない状態)で、遠くから入ってきた光(平行に入ってきた光)の焦点が網膜にぴったり合うように出来ており、これを正視眼といいます。

近くのものを見るときは、その対象から放射状に出た光が懐中電灯の光のように広がりながら目に入ってくるため、同様の屈折率では焦点が網膜よりも後方にズレてしまいます。
そこで水晶体を厚くすることによって屈折率を上げ、網膜に焦点を合わせています。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説!
近視・遠視・乱視・老眼の違いを解りやすく解説!

何となく理解しているつもりでも、改めて考えてみるとよく解っていないことってありますよね! 今回は近視・遠視・乱視・老眼の違いについて解りやすく解説しなが...

2016-07-12

品川近視クリニック