1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 老眼 >
  4. 【老眼を改善させるメガネ】見えないイライラ解消術

【老眼を改善させるメガネ】見えないイライラ解消術

老眼かもしれない」と感じながらも対策に戸惑っていませんか?今回は、老眼の改善に役立つメガネについてご紹介します。どうして老眼対策にメガネがいいのか、どんなメガネを選べばいいのか。そんな疑問を抱いているなら、ぜひ参考にしてみてください。

老眼はこうしておこる

老眼 老眼はこうしておこる
出典:jp.pinterest.com

まずは老眼がおこるメカニズムについて簡単にみておきたいと思います。
老眼の原因は大きく以下の2つあるといわれます。

*レンズが硬くなる

*目の筋肉がよわくなる

*光の量の調節がうまくできなくなる

加齢にともなう水晶体と目の筋肉の衰えが原因です。
目には、近くの物を見るときはレンズの役割を果たす水晶体を厚くし、遠くの物を見るときは薄くするというピント調節機能が備わっています。
しかし、40歳頃から水晶体の弾力が低下し、水晶体を支える毛様体筋という筋肉も衰え、水晶体の伸縮がスムーズにできなくなっていきます。
そのため、近くの物がぼやけて見えるようになります。

調節が働き屈折力が増す時、虹彩の付け根にある毛様体筋の輪状線維が収縮し、毛様小帯(Zinn小帯)が弛緩することにより水晶体が前方に厚みを増しています。

引用元: www.taniganka.com

調節力は、年齢とともに減弱します。
これは、水晶体が加齢によって硬くなりその弾力性が低下するためとされています。
水晶体の加齢変化はすでに15才頃に始まり、65才まで続きます。

引用元: www.taniganka.com

それぞれがどんな状態なのかもう少し詳しくみていきましょう。

目のレンズが硬くなる

目には水晶体(すいしょうたい)といわれるものがあります。
カメラでいうところのレンズに相当するものです。
水晶体は、ゼリー状のコラーゲンという成分でできているので弾力があります。

近くをみるときには厚くなり、遠くをみるときには薄くなります。
健康な目はレンズの厚みを調節することで、しっかりとピントを合わせることができるのです。
ですが加齢や紫外線などによってレンズの弾力性が失われると、ピント調節がうまくできなくなります。

目の筋肉がよわくなる

水晶体は厚みを変えることでピントの調節をしているということでした。
ですが、水晶体が自ら厚みを調節しているのではありません。
水晶体の厚みを調節しているのは、まわりにある筋肉です。

この筋肉は毛様筋(もうようきん)とよばれています。
毛様筋が収縮をすることでレンズの厚みが変わるということです。
からだの筋肉が年齢とともに衰えるように、目の筋肉だって衰えてきます。
毛様筋が衰えれば水晶体は厚みを調節できなくなってしまいます。

目に入る光の量の調節ができなくなる

目には入ってくる光の量を調節するはたらきがあります。
これをおこなっているのが虹彩(こうさい)というものです。
虹彩は筋肉からなります。
白目と黒目の間にあるやや茶色い部分です。

ここがはたらくことで目にはいってくる光の量が調整されています。
カメラでいうところの「絞り」になる部分です。
年齢を重ねてくると虹彩のはたらきも衰えてしまい、色の識別なども難しくなってきます。

↑目次に戻る

老眼対策にメガネがすすめられるワケ

老眼=高齢者というイメージがあるからでしょうか、老眼鏡にたいして抵抗を持つ方は少なくないといわれます。
しかし老眼は放置すると疲れ目、肩こり、頭痛などの体調不良につながるといわれます。
放置するのは望ましいとはいえません。

老眼対策といえば老眼用のメガネ(老眼鏡)やコンタクトなどがあります。
老眼対策としてはメガネが選ばれる傾向にあります。
なぜでしょうか。
その理由をみていきます。

目のトラブルが少ない

年齢を重ねると私たちの目はドライアイになりやすいといわれます。
目の潤いもねれいとともに失われやすいということです。
ドライアイの状態でコンタクトをつけていると、目の表面をきずつけたり、あるいはコンタクトと一緒に粘膜がはがれてしまうといった思わぬトラブルになることもあるとされます。

そのため、コンタクトを使用しているときには専用の目薬などの使用が必要になることが多いのです。
その点、そういったリスクが少なく気軽につかえるというのがメガネの良さでもあります。

コンタクトは便利なようでわずらわしさも

コンタクトはメンテが必要です。
外した後は洗浄液できちんと洗って、専用の容器につけておかなければなりません。
そのまま寝ねることをつづけると目の不快感や目のトラブルにつながります。
その点メガネであればかけはずしだけでお手軽そのものです。

メガネはリーズナブル

老眼用のメガネは比較的リーズナブルな価格のものが多いです。
最近では100円ショップなどで気軽に購入できます。
コンタクトは基本は1種類あれば多用できるのでメガネほど本数を用意する必要もないので、その点では便利です。

気軽さ、リーズナブルな面でもメガネを支持する方が多いようです。

↑目次に戻る

老眼対策にぴったりのメガネの選び方

老眼 老眼対策にぴったりのメガネの選び方
出典:jp.pinterest

やっぱり基本はオーダーメイド

老眼用のメガネは既製品もたくさん出回っています。
よくお店のレジなどでも「自由につかえるもの」として置かれていることもあります。
しかしこれは一時的に目をとおすために使うものと考えるのがよいです。

普段使うものとしてメガネを検討するのであればオーダーメイドにはかないません。
目の疲労や不快感は、肩こりなどからだ全身の体調にも影響があるといわれます。
専門のメガネ店で自分に合ったものをつくるのがよいです。

シーンに合わせたレンズを選ぶこと

老眼用のメガネはいくつかの種類があります。
一般的なのは近くと遠くの両方がみえる遠近両用のレンズを使用したタイプとされます。
ほかにも普段家のなかなどで使う駐禁レンズ、手元を重視した近々レンズなどもあります。

デスクワークなどに使う近々レンズとお出かけ用に遠くがみえる遠近両用レンズを併用するといったパターンが一般的です。
このように老眼用メガネは、複数のメガネを使うことが理想的ともいわれます。
レンズはシーンに合わせて用意しておくと安心です。

フレームの装着感も大事

メガネはレンズが大切です。
ですが同じようにフレームも重要になってきます。
ファッション性を重視するというのもポイントですが、やはり装着感にこだわりたいところです。
「かけ心地」、「ズレたりしないか」、「重さはどうか」、「顔の輪郭とマッチしているか」といったフレームの装着感も大切です。
使いやすいものは、長く愛用できます。

↑目次に戻る

まとめ

老眼 まとめ
出典:jp.pinterest.com

老眼は年齢を重ねるとどうしても悩むものです。
そんなとき、できるだけ早く対策をとるのがよいといわれます。
老眼鏡と聞くとなんだか老けた感じがして抵抗があるかもしれませんが、最近はファッション性に優れたもののたくさんあります。

なんとなく躊躇している方はぜひ店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか。
お気にいりのメガネに出会えるかもしれません。

参考文献

*日本眼科学会・老視
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_roshi.jsp 

*アイケア研究所レポートVol.2・特集1:老眼の正しい知識と対策
http://www.meganesuper.co.jp/news-letter/1506-feat1/

*TANI EYE CLINIC・調節と老眼
http://www.taniganka.com/shikumi/rougan/index.html 

*市川なかじま眼科・老眼
http://ichikawa-nakajima-ganka.com/medical/presbyopia.html 

最終更新日: 2016-12-24

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
新宿近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。