1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 老眼 >
  4. 【老眼の年齢別割合をご紹介!】老眼に悩むのはあなただけじゃない!

【老眼の年齢別割合をご紹介!】老眼に悩むのはあなただけじゃない!

老眼は年齢を重ねてくれば多くの方が悩むものです。 ではいったい何歳くらいから老眼になるのでしょうか。老眼=高齢とはかぎりません。 今回は、老眼がみられる方々の割合を年齢別に調査してまとめました。

どうして老眼になってしまうのか

老眼 どうして老眼になってしまうのか
出典:togetter.com

目の老化は意外に早い年齢ではじまる

「若いときは目がよくて、本を読むのもパソコンを操作するのもまったく不便を感じなかった」。
そんな方でも「最近は近くのものがみえづらい」などいわゆる「老眼」に悩む方もいるのではないでしょうか。

老眼というと高齢の人がなるイメージがあるかもしれません。
しかし実際にはそうともいえないのです。
私たちの目の老化は30代くらいからはじまるといわれています。

老眼は目のレンズの弾力性が原因

老眼がおこるのは、目の水晶体(すいしょうたい)といわれる場所が弾力性を失うことによります。
水晶体はカメラでいえばレンズの役割をもっています。
しかもオートフォーカスです。

水晶体のまわりには筋肉がついていて、みたいものに合わせて自動的に水晶体の厚みを調節することができます。
しかし年齢を重ねてくると水晶体そのものが弾力性を失ってかたくなります。

そのため、オートフォーカスの機能が衰え、ピントを合わせることができなくなってしまうのです。
一般に40代以降で「近くのものがみづらい」という自覚症状があらわれて、60代を過ぎたころには、オートフォーカスの機能はほとんどなくなってしまうといわれています。

43歳前後で手元が見にくいと自覚し始める方が多く、60歳を過ぎた頃には調節力はほぼなくなります。

引用元: www.lasik.jp

↑目次に戻る

老眼の年齢別の割合

老眼 老眼の年齢別の割合
出典:jp.pinterest.com

今回のメインテーマは「老眼と年齢の関係」です。
「まわりの人より老眼になるのが早い気がする…。
」そんな疑問を抱いている方もいるでしょう。
実際のところ、老眼は何才くらいからふえはじめるのでしょうか。
少し詳しくみていきましょう。

30代以降でも老眼になる人はゼロではない

「若い方は老眼にならない」とは限りません。
たしかに規模としては少ないですが、30代以前の若い世代であっても老眼になる可能性はあります。
眼鏡DB(データベース)という眼鏡業界の調査報告書によれば、10代〜40代前半のおよそ2%の方々が老眼鏡などのツールを必要としているとされています。

40代の後半になると約4割に急増

40代の後半になってくると老眼対策が必要となる方は、視力対策をしている方全体のおよそ4割にもおよびます。
40代以降より本格的に老眼対策が必要になるといわれます。
40代以降が老眼対策を必要とする年齢とそうでない年齢のボーダーラインだということができそうです。

50代〜60代は年齢とともに増加傾向

50代以降はどうでしょうか。
この年齢になると基本的に年齢を重ねるとともに老眼対策が必要な方が増えていく傾向にあります。
50代後半〜60代前半までの6割以上の方が、そして65歳以上の7割以上の方々が老眼対策を必要とするようになるとされます。

↑目次に戻る

老眼対策のポイント

少しでも症状があればはやめの受診を

老眼になってもそうと気づかない、あるいは放置しているのはとてもストレスがたまります。
今まで難なく読めていたものが読めなくなったりすることで精神的な負担になることも少なくありません。
見えづらさなどの違和感を感じたら早めに対策をするようにしましょう。

レンズ選びはしっかり自分にあったものを

老眼用のメガネにしても、コンタクトにしてもしっかり自分にあったものを検討することが大切です。
とくに老眼鏡などは既製品のものもありますが、基本は自分専用のものをつくるのがポイントです。

不適切なものを使用していると、かえって読みにくかったり、目やからだの不調につながる場合もあります。
専門家とじっくり相談して、自分にあったレンズを選ぶようにしましょう。

↑目次に戻る

まとめ

老眼 まとめ
出典:jp.pinterest.com

老眼に悩む方々の割合を年代別にみてみました。
一般にもいわれているように、40代以降がボーダーラインです。

もしこの年齢に差し掛かっている方で、最近めの不調を感じている方がおられるならば、一度専門家にみていただいてはいかがでしょうか。

参考文献

*名古屋アイクリニック・老眼
http://www.lasik.jp/menu/presbyopia.html 

*アイケア研究所レポート・Vol. 1・2015年5月版
http://www.meganesuper.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/meganesuper_eyecarelabo_news_vol1.pdf 

最終更新日: 2016-12-24

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
新宿近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。