1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 老眼 >
  4. 老眼鏡はどうやって選ぶ?自分にあった選び方

老眼鏡はどうやって選ぶ?自分にあった選び方

初めて老眼鏡を選ぶとき、どんなものを選んだら良いか迷いますよね。ここでは、レンズやフレームの選び方などを中心に解説していきます。

そもそも老眼とは?

老眼 そもそも老眼とは?

老眼とは、年齢とともに眼のピント調節機能が衰えることによって、新聞や雑誌など近くの文字やものが見えづらくなることを言います。
正常な視力の方ですと、45歳を過ぎた辺りから30センチ以内の文字や物が鮮明に見えづらくなります。

老眼になると、仕事や家事などで近くのものを見ようとする時に、老眼鏡が必要となります。
無理をして老眼鏡を使わずにいると、眼精疲労により目や頭が重い、頭痛、肩こり、食欲がなくなるといった症状が出てきます。

これは眼の後ろに脳があり、目から入る光の刺激で脳まで痛みが達することと、眼の筋肉が過度に緊張することで、眼の血流が悪くなるためです。

↑目次に戻る

老眼鏡は眼科の処方箋が必要?

老眼 老眼鏡は眼科の処方箋が必要?

初めて老眼鏡を作るとき、眼科に行くべきか、眼鏡屋で直接作ってもらうか、迷いますよね。

しかし、自分では老眼かなと思っていても、もしかしたら他の病気による視力低下が起きているかもしれませんので、一度眼科で目の検査を受けることが大切となります。

そして医師から処方箋を作ってもらい、眼鏡屋に持っていくことでより自分にあった老眼鏡ができます。

一度は目の検査を受けることが大切

老眼 一度は目の検査を受けることが大切

特に老眼のはじまる40歳代になりますと、体の老化現象が始まる年齢で、老眼の検査の時に目の成人病と呼ばれる白内障や緑内障などといった病気が発見されることが多いです。

老眼鏡を使っていて、度数が合わなくなったと感じたら、眼科で目の検査を受けることをおすすめします。

↑目次に戻る

100円の老眼鏡を選んでも大丈夫?

老眼 100円の老眼鏡を選んでも大丈夫?

雑貨店や100円均一ショップなどで見かける「老眼鏡」と書かれた眼鏡ですが、これはあくまでも近くのものを一時的に大きくして見えるようにする、虫めがねのようなものです。

例えば眼科に行く時間がないので一時的に使う、万が一の予備でとっておくなどで使う分でしたら便利かもしれませんが、あまり長く使うものではありません。

一人ひとり目の状態にあった老眼鏡でないと、無理によく見ようとして眼を酷使してしまうことになり、眼精疲労から頭痛、肩こりなどの体調不良を引き起こしてしまいます。

↑目次に戻る

老眼鏡を選ぶ時のポイント

老眼 老眼鏡を選ぶ時のポイント

眼科で検診を受け、眼鏡屋でいよいよ老眼鏡を選ぶという時に、いくつかのポイントをおさえておきましょう。

・1日にどれぐらい使う回数があるか
・仕事で使うのか、それとも読書など趣味の時間に使うのか
・室内で使うことが多いか、屋外で使うことが多いか
など

例えば、パソコンを使う時にだけ老眼鏡が必要なことがあります。
長時間使うこともあればほんの短い間かもしれません。
自分がどういった時に老眼鏡を使うかということを考えながら、老眼鏡を選ぶことが大切になります。

レンズについて

老眼 レンズについて

レンズの種類ですが、室内向け中近レンズのほかに、パソコンや書類作業などのデスクワークに向いている近々両用、本や書き物に適した近用のほか、外出用の遠近両用などがあります。
それぞれのレンズの特徴は以下のとおりになります。

・遠近両用レンズ・・・遠くから近くまで見ることができ、1枚のレンズの中に遠くから近くまでピントが合うよう設計されていますが、どうしてもゆがみの部分があります。
・中近レンズ・・・遠近両用と比べると度数変化が少なく、近いところが広く見えるようになっています。
遠くを見ると焦点があわないので、屋外の使用には向きません。
・近々両用レンズ・・・近用ワイドビジョンレンズともいわれ、新聞全面を机の上に広げた状態で焦点をあわせることができます。
手元からパソコン画面まで広く見ることができます。
室内のテレビなどは焦点が合わないので見えづらいです。
・近用レンズ・・・いわゆる老眼メガネと呼ばれているもので、一定の距離のみ度数を合わせているものになります。

デスクワークで使う機会が多いのか、外出する時に使う機会が多いのかによって、レンズの選び方が変わってきます。
デスクワーク用と外出用、読書用などで複数の老眼鏡を使い分けるという方法も好ましいと言えます。

フレーム・デザインについて

老眼 フレームデザインについて

本来、メガネは視力矯正するための医療機器ですが、近年では伊達めがねと呼ばれるレンズの入っていない眼鏡が、ファッションアイテムの一つとして取り入れられています。
もちろん、老眼鏡でも同じ様にファッショナブルでありたいと思う方もいらっしゃると思います。

色やデザインにこだわることもいいのですが、フレーム・デザインを選ぶ時、ポイントをおさえていきましょう。

・フレームはしっかりと自分の顔にフィットしているか
・こめかみや耳がきつく感じないか
・長い時間使っても疲れにくいか
・しばらく掛けてみて、ずれ落ちたりすることはないか
・かけてみて全体がきちんと見えるか
など

人間の顔の形や大きさはそれぞれ個人差があります。
お店で気に入ったフレームがありましたら、まずは試着することが必要です。

もし、眼鏡を掛けた時に少しでも圧迫感がありましたら、調整が可能かどうか店員さんに尋ねましょう。
圧迫感があったまま無理に使うと、耳たぶの裏がこすれ出血することがあります。

当然、仕事やフォーマルな場面などTPOにふさわしいフレームであることも大切です。

また実際に掛けてみて顔全体の雰囲気にあっているか、視野がちゃんと確保されるか、長時間使っても疲れにくいか、フィッティングを行うことが重要です。

最終更新日: 2016-12-24

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。