1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 老眼 >
  4. 老眼鏡をかける前に!老眼の最新治療4選

老眼鏡をかける前に!老眼の最新治療4選

加齢とともに避けることの出来ない老眼。 かつては治療法が確立していなかったので、老眼鏡が主流でした。 しかし現在では老眼にもさまざまな治療法が出てきました。 今日は最新の老眼治療法を4つ紹介したいと思います。 そしてそれぞれのメリットとデメリットもお話するので、是非とも参考にしてみてくださいね。

そもそも老眼って?

老眼 そもそも老眼って?

老化による調節異常

老眼は40代前後から始まる、加齢による目の老化が原因です。
水晶体の弾力性が落ちることで調節力が低下した結果、近い所が見えにくくなります。

老眼を放置していると肩こりや目の疲れ、頭痛といった症状を併発しやすくなります。

 

遠視と老眼の違い

遠視とよく間違われますが、遠視は網膜の後方でピントが合う屈折異常が原因です。
遠くを見る時には調節することができますが、近くを見る時には調節力が足りず、見えにくくなります。

老眼は加齢と共になりますが、遠視は子どもでもある可能性があります。

↑目次に戻る

老眼の最新治療法

老眼 老眼の最新治療法

避けられない老眼、分かっていてもつらいですよね。
治療で緩和させるといっても一体どのような治療法があるのでしょうか?

モノビジョンレーシック

片方の目を遠く、もう片方を近くが見えやすくなるように視力を調節して、両目で見た時に遠くも近くもしっかりと見えるようにすることをモノビジョンと言います。

モノビジョンレーシックはいわゆる老眼のレーシック手術です。
視力は左右に差が出るため、視力が良い方では遠くが見え、悪い方では近くを見えるように施術します。

手術後は左右の見え方に違和感を感じることもあるかもしれませんが、次第に自然に見えるようになっていきます。

メリット

眼鏡がなくても遠くも近くもある程度はしっかりと見ることができるようになります。

デメリット

・モノビジョンでの見え方に慣れるまでに、1ヶ月~3ヶ月かかる場合がある
・長時間細かい作業をする方には不向き
・ドライアイになる場合がある
・眼鏡などに比べると見える質は劣る

レインドロップ

レインドロップとはアメリカのReVision Optics社が開発した老眼治療用のレンズのことです。

77%が水分のレンズで、直径が2mm、厚さはわずか0.03mmというとても小さく薄い無色のレンズです。
角膜内に入れると僅かに角膜の形状が変わり、屈折率が変化し本来の見え方のようにピントをあわせるようになるので、近くが見えやすくなります。

メリット

・老眼鏡がなくても新聞やメニュー等の近くの文字が見えるようになる
・無色透明のため、周りからは見た目に変化がない

デメリット

・見え方が安定するまでに数ヶ月かかる
・小さすぎる文字を見る場合には、老眼鏡が必要になる
・視力が安定しない場合には、日によって見え方が異なってしまい危険を伴うことから、レインドロップを取り出さないといけなくなる場合がある

アキュフォーカスリング

アキュフォーカスリングはアメリカのAcuFocus社が開発した老眼治療用のリングです。

炭を入れて黒く染めた弗化ポリビニリデン製の3.8mmのレンズで、角膜の栄養や老廃物の運搬を妨げないように小さな穴が開いているのが特徴です。

アキュフォーカスリングを角膜内に入れると、ピンホール現象により焦点深度が深くなるため、近くの物が見えやすくなります。

基本的には手術は片目のみに行います。
これは、両目入れてしまうと少し視界が暗く感じて危険が伴うためです。

ピンホール現象とは

老眼 ピンホール現象とは

私たちは物を見るときに、水晶体という厚みを調節して光の束を屈折させ網膜にあつめて見ます。
それが何らかの原因で手前に結ぶのを「近視」、遠くに結ぶのを「遠視」といいます。
 
ピンホール現象とは、光の束を水晶体で調節して集めるのではなく、予め針穴のような小さな穴を通して細い光として集めてみることを言います。
水晶体があえて光を集める必要が無いので、どの位置でも焦点が合いやすくなり、見えやすくなります。

メリット

・老眼鏡がなくても新聞などが裸眼で見ることができるようになる

デメリット

・見え方が安定するまでに3ヶ月~6ヶ月かかる
・小さい文字などを見る時には老眼鏡が必要な場合がある
・長時間の読書やパソコンには老眼鏡が必要になる
・ドライアイの症状が出やすい
・視力が安定しない場合には、日によって見え方が異なってしまい危険を伴うことから、アキュフォーカスリングを再び取り出すことがある

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、遠近両用メガネや遠近両用コンタクトと同じで、複数の焦点を当てることが出来るレンズになります。
ピントを合わせるの能力が低下した水晶体の代わりになるレンズです。

メリット

・老眼鏡がなくてもしっかりと文字が読めるようになる

デメリット

・慣れるまでに2週間~3ヶ月かかることがある
・夜にライトなどが滲んで見えることがある
・見え方が不鮮明にうつることがある
・視力が安定しない場合には、日によって見え方が異なってしまい危険を伴うことから、一度多焦点眼内レンズを取り出す場合がある

↑目次に戻る

まとめ

老眼 まとめ
出典:keirou1.com

可能なことならいつまでも裸眼で過ごしたいですよね。
もちろん老眼鏡にもメリットは有ります。
手術をしなくても視力を矯正できますし、何よりも施術によるリスクも減らすことが出来ます。
 
しかし、もしも老眼鏡に抵抗がある方などは、最新の治療法も考えに入れてみてはいかがでしょうか?
すっきりした視界で楽しい毎日を送れますよう、色々な治療法を考えてみてくださいね。

最終更新日: 2016-12-24

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。