1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 受ける前に知っておこう!レーシックに潜む3つのリスク

受ける前に知っておこう!レーシックに潜む3つのリスク

最近では費用も手頃になったレーシック。手軽に視力を回復できることから、その人気も高まっています。そんなレーシックですが、メリットばかりではありません。レーシックを検討している人は、そうしたリスクについての理解を深めた上で手術を受けることが大切です。

レーシックのリスクは2種類

大きく分けて、レーシックには2種類のリスクがあります。
人為的ミスによるリスクと、合併症などレーシックによって起こり得る症状のリスクです。

過去に問題となった「レーシック手術集団感染事件」は、前者の人為的ミスによるものです。

レーシックを受ける前に、病院や医師のレーシックにおける実績を確認するようにしましょう。
このような事前の確認によって、人為的ミスのリスクを軽減することができます。

合併症などによるリスクは、さらに3つのリスクに分類されます。

↑目次に戻る

ドライアイ

ドライアイ

レーシックでは角膜にレーザーを照射することで、角膜の表面を薄くカットします。
その際に、角膜にある神経も切断してしまい、涙の分泌をうまく調整できなくなることがあります。

角膜の切断面が修復されるにつれて切断された神経も回復しますので、通常は3か月程度でドライアイの症状も改善します。

一方で、まれに1年近くドライアイの症状が続くこともあります。

↑目次に戻る

ハロ・グレア

ハログレア

レーシックを受けると、光りを眩しく感じたり、夜間の視力が低下したりという症状が出ることもあります。

ボヤっとにじんだような見え方を表す「ハロ」と、ギラついた眩しい見え方を表す「グレア」という表現から、
この現象は「ハロ・グレア」と呼ばれます。

一般的には1か月から3か月程度で、気にならない程度に改善しますが、一方で、長期に渡って改善しない事例も報告されています。

↑目次に戻る

過矯正

過矯正

必要以上に視力を矯正してしまった状態が過矯正です。
一般的に1.0から1.5程度が、日常生活を送るのに適正な視力とされています。

それを超えて矯正すると「遠視」の状態になってしまいます。
そうなると、近くのものを見る際のピントの調節がうまくいかず、眼精疲労の原因になることも。

普段どのような生活をしていてどのくらいの視力が必要なのか、医師とのカウンセリングで過矯正は防ぐことができます。

↑目次に戻る

最後に

効果的な視力回復の手段として用いられるレーシックですが、それに伴うリスクはゼロではありません。

上記のリスクをゼロにすることは難しいにしても、術後の適切な処置によって改善することは可能です。
レーシック手術を受ける際の判断材料として、手術後のサポートもきちんと保障されている点も大変重要になります。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。