1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは?

レーシックの適応年齢って?年齢で注意すべきことは?

レーシック近視乱視を矯正するレーザー手術です。 レーシックをうけることにより、今まで眼鏡やコンタクトレンズを使用しなければ見えなかったものを見ることができるようになります。 しかし、レーシックをうけるには年齢を考慮する必要があります。 今回はレーシックの適応年齢と注意すべき点についてお話しします。

レーシック(LESIK)とは?

レーシック(LESIK)とは?
出典:photo-ac.com

レーシックとは、主に近視や乱視を矯正するレーザー手術です。

マイクロケラトームという精密な器具で角膜を薄くスライスしてめくり、角膜の内部にレーザーをあててその形状を調整することで、近視や乱視を矯正することができます。

レーシックをうけることによって眼鏡やコンタクトレンズを使用しなくても、裸眼で過ごせるようになることを目的としています。

↑目次に戻る

レーシックをうけるのに注意すべき年齢は?

ただし、レーシックをうけるには年齢をしっかりと考慮する必要があります。
なぜ年齢を考慮する必要があるのかその理由について説明していきます。

18歳以下

18歳以下
出典:photo-ac.com

レーシックは現在ある近視や乱視を治す手術であり、将来的に起こる近視や乱視を治すことはできません。

そのため、度数の進行するといわれる18歳未満ではレーシックをうけてもまた近視や乱視がでてくる可能性があるため、レーシックをうけることはおすすめできません。
日本眼科医会も18歳未満でのレーシックは推奨していません。

ただし、競馬の騎手やパイロットなどを受験する人によってははやく手術する必要もありますので、十分に医師と相談して受けることも可能です。

レーシックは手術を行う時点での屈折異常を矯正するものであり、その後の近視の進行を止める効果はありません。
このために18歳未満ではレーシックは適応になりません。

引用元: www.gankaikai.or.jp

40歳以上

40歳以上
出典:photo-ac.com

レーシックは基本的に、裸眼で生活しやすくするために手術をうける人が多いと思います。

40歳以上になると、調節力(ピントを合わせる力)の低下が起こります。

40歳以上でレーシックをうけて遠くがよく見えるようになると、近くを見ることに不自由を感じて、老眼鏡をかける必要がでてくるのです。

つまり遠くでは眼鏡が必要なくなりますが、近くを見る時に眼鏡をつかわなければならず、裸眼で快適とはいかなくなるのです。

40代以上でレーシックをうける人は少し左右のピントの位置をかえたり(片方を少し近めに合わせる)、両眼を若干近めよりに合わせたりする方法をとる場合もあるようです。

40歳以上の方では調節力の低下、いわゆる老眼が始まりますが、レーシックで矯正することはできません。
レーシックによって遠方の視力が向上しても、近くのものの見づらさが増すことがあります。

引用元: www.gankaikai.or.jp

50代後半~60代

50代後半~60代
出典:photo-ac.com

レーシックは50代や60代でもうけることは可能ですが、高齢になってくると老眼や白内障の可能性があがります。

白内障の場合、レーシックとは別の方法で視力をあげる手術が有効です。
それは、白内障の手術は濁った水晶体を取り出して人工のレンズを挿入する手術です。

この人工のレンズの度数を調節することによって、レーシックと同じように近視を治してあげることができます。
この場合は白内障の治療になりますので、保険が適応されます。

↑目次に戻る

まとめ

まとめ
出典:photo-ac.com

いかがでしたでしょうか?

以上の理由から、一番レーシックをうけやすい年齢は20~30代くらいまでだと言えます。

その他の年齢でレーシックをお考えならば、医師としっかりと相談してからうけることがおすすめです。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。