1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックより優秀?眼内コンタクトレンズのメリット・デメリット

レーシックより優秀?眼内コンタクトレンズのメリット・デメリット

近年、近視矯正の新しい選択肢の1つとして登場したのが眼内コンタクトレンズ(フェイキック)です。 近視矯正といえば、レーシックというイメージがありますが、この眼内コンタクトレンズの登場により、レーシックとは違った方法で近視矯正することができます。 今回は眼内コンタクトレンズのメリット、デメリットについて説明していきます。

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)とは?

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)とは?

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)とは、角膜と水晶体の間に人工のレンズを挿入する新しい近視矯正手術です。

特徴としては、自分の水晶体は残して手術をするため、調節機能を残しておくことができます。

似たような手術に白内障の手術がありますが、白内障の手術は濁った水晶体を取り除いて人工のレンズを入れるため、調節機能を残しておくことができないのです。

眼内コンタクトレンズには、前房型と後房型があり、挿入する位置によって分けられます。

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)とは?
出典:gankakoga.com

↑目次に戻る

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)のメリット

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)のメリット
出典:photo-ac.com

その1 強度近視でも治すことができる

近視の度数が強すぎると、角膜を削ることのできる量に限界があるため、レーシック手術が行えない場合があります。
強い近視であればあるほど、角膜の削らなければならない量が増えるためです。

それに対して、眼内コンタクトレンズは角膜を削る必要がないため、レーシックでは矯正できないような強い近視に対しても、矯正することが可能となります。

その2 見え方の質が高い

眼内コンタクトレンズは、角膜を削らすに近視矯正を行うため、角膜を削って手術をするレーシックに比べ、見え方の質が高いです。

特にレーシック術後には、グレア、ハローといった夜間の見え方に支障をきたす状態になることがあるのに対して、角膜を削らない眼内コンタクトレンズ挿入では夜間の見え方に支障をきたすことがほとんどありません。

さらにレーシックでは角膜を削ることにより、角膜の歪みが大きくなりぼんやり見えることがありますが、眼内コンタクトレンズはクリアな視界を実現出来ます。

その3 レンズの入れ替えが可能

眼内コンタクトレンズは、人工のレンズを挿入しているだけなので、万が一見え方に不満があったり、何か調子が良くない時には取り出すこと、取り換えることが可能です。

レーシックの場合は、角膜を削るため、元の状態に戻したくても戻すことができません。

その4 角膜の状態を維持できる

レーシックの場合は、角膜を直接削るため角膜のカーブが変化します。

レーシックの手術をした人は角膜の形が大きく変化しているため、白内障の手術の際人工のレンズの度数を決めるのが難しく、度数の誤差が生じる可能性があります。

眼内コンタクトレンズであれば、角膜のカーブは変わらないため、白内障の手術でも問題なく行うことができます。

その5 近視の戻りがない

レーシックは手術後に近視が戻ってしまう場合もあります。
特に近視の強かった人がレーシックをした場合に多いです。
これは、削った角膜が治ろうとする働きによるものと、角膜の強度が下がり角膜が目の圧に押し出され変形して戻るケースがあります。
確率的には多くはないですが、そういった人には再手術が必要になったりします。

角膜を削らない眼内コンタクトレンズは近視が戻るリスクもほとんどないので、強い近視の人でも安心してうけることができます。

↑目次に戻る

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)のデメリット

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)のデメリット
出典:photo-ac.com

その1 費用が高い

眼内コンタクトレンズの費用は、施設にもよりますが、かなり高額な費用がかかります。

安くても40万円、高い施設だと60~70万円程するところもあるようです。
レーシック手術の相場は約10~25万円です。

レーシックの値段に比べてもかなり高い費用が必要になります。

その2 感染症のリスクがある

眼内に人工レンズを挿入するため、感染症の起こるリスクがあります。

ただし、眼内コンタクトレンズに限らず他の手術にも感染症のリスクはあるので、特に眼内コンタクトレンズだけが感染症のリスクがあるわけではありません。

↑目次に戻る

まとめ

まとめ
出典:photo-ac.com

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)は、高額な費用であることを除けばレーシックに比べてもかなりメリットのある近視矯正手術であるといえます。

近視矯正を考えている人は、費用に余裕があるならば眼内コンタクトレンズも考えてみてはいかがでしょうか。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。