1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 老眼 >
  4. レーシック(LESIK)をすると老眼になりやすいって本当?

レーシック(LESIK)をすると老眼になりやすいって本当?

レーシックを受けると老眼になりやすいと聞いたことはありませんか? 実際は老眼になりやすいわけではなく、老眼がはやく自覚されやすくなるのです。 ここではその理由をご紹介します。

レーシックとは?

老眼 レーシックとは?
出典:photo-ac.com

レーシックとは、主に近視や乱視を矯正するレーザー手術です。

マイクロケラトームという精密な器具で角膜を薄くスライスしてめくり、角膜の内部にレーザーをあててその形状を調整し、めくった角膜を元に戻すという方法です。

このレーシックのおかげで、今まで眼鏡やコンタクトレンズを使わないと遠くのものがはっきり見えなかった人が、道具を使わなくても裸眼で遠くのものが見えるようになるのです。

↑目次に戻る

レーシック手術の対象となる近視とは?

レーシック手術をうける人の多くが近視という目の屈折状態です。

近視とは、簡単に説明すると遠くのものは眼鏡やコンタクトレンズを使用しなければ見えないけれど、近くのものは裸眼でも見える状態です。

近視の度数によって距離は違いますが、近視の人は近い距離で必ず焦点の合うところがあるのです。

近視の度数が強ければ強いほど、裸眼で見える焦点距離がより近くになります。

↑目次に戻る

老眼って本当のところなに?

老眼とは、目の調節力の低下のことです。

簡単に説明すると、年齢とともに目のピントを合わせる毛様体筋が衰えてくるのです。
だいたい40代くらいから調節力の低下が自覚されはじめ、60代になるころにはほとんど調節力が失われると言われています。

40代くらいになると老眼鏡をかけはじめるのは、この調節力の低下で近くの文字に焦点を合わせることができなくなるためです。

↑目次に戻る

レーシックをした人は老眼になりやすいわけではない

ではなぜレーシックをした人が老眼になりやすいとおもわれているのでしょうか?

レーシックをした人は近視が治り、遠くのものがはっきりと見えるようになります。
もともとは近視で近くのものが遠くのものより見えていたのに、レーシックによって近くよりも遠くのものがよく見えるようになるのです。
そのため、もともとあった老眼の症状を自覚しやすくなります。

20代くらいの若い人にはあまり近くを見ることへの不自由はないですが、40代や50代でレーシックをうけると、遠くは見やすくなるが近くが見えづらく感じ、老眼になったと思ってしまいます。

老眼 レーシックをした人は老眼になりやすいわけではない
出典:photo-ac.com

↑目次に戻る

まとめ

レーシックを受けることで老眼にはやくなることはありません。
しかし、レーシックを受けても目の調節力は変わらないため、老眼をはやく感じやすくなります。

20代くらいであればあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、40代50代でレーシックを考えている人は、近くが見えにくくなったと感じることを知った上で検討した方が良いですね。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。