1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術ってどうするの?レーシック手術のメリット・デメリット

レーシック手術ってどうするの?レーシック手術のメリット・デメリット

レーシック手術は視力回復に良い!と話題になっていますが、実際にはどのように行われるのでしょうか?ここでは、レーシック手術の仕組みとそのメリット・デメリットを紹介していきます。これを読めばレーシックが良く理解できますよ!

レーシック手術とは?

レーシック手術とは?

レーシック手術とは、角膜にレーザーを細かく照射して角膜の屈折率を変えることにより近視・遠視・乱視を矯正する外科手術です。

具体的な手術の方法については、まず目玉焼きを想像してください。

目玉焼の表面の白い膜を黄身の形に合わせて剥がします。

剥がした後、黄身の上にレーザーで小さい穴を無数に開けます。
先ほど剥がした白い膜をまた黄身の上に戻し自然に黄身と膜がくっつくまで待ちます。

これで終了です。

黄身の表面(角膜)に穴をあける際、薄く削るため黄身の表面自体が薄くなり横から見ると少しへこんだ状態になります。

このへこんだ状態がレンズによる光の屈折を変化させます。

そのため、屈折率の異常で上手く目の焦点が合わず近視や遠視になっていた人は正常に戻るという仕組みになっています。

↑目次に戻る

レーシック手術のメリット

レーシック手術のメリット

レーシック手術の目的は「裸眼で生活する」という事です。
レーシック手術をした後は今までしていたメガネやコンタクトレンズが必要ではなくなります。

メガネが合わないために片頭痛になっていたり、皮膚が弱くメガネと接触する部分が敏感になってしまった人などにはレーシック手術は画期的な手術です。

同様に、コンタクトレンズを装着していた人は、目に異物が入ったり乾燥しやすいなどのトラブルから解放されるため毎日が快適に送れるようになります。

↑目次に戻る

レーシック手術のデメリット

レーシック手術は最先端の手術です。
したがって、過去の症例を合わせてもまだまだ改善の余地がある治療法と言えます。

ここでは大きく問題になっているデメリットを3つ紹介していきます。

しかし、いずれも眼科医師と十分な相談をして治療を行えば、デメリットも改善できます。

また全ての人に必ず起こるわけではなく、「起こりうる可能性がある」と紹介しているのであまり不安がらずにいてください。

1.夜になると視力が低下しやすい

1.夜になると視力が低下しやすい

レーシック手術では角膜を少し削り取ります。

削り取った部分とそのままの部分では光の屈折率が異なります。
そのバランスが上手く行かず、夜になると周りの光がやけに眩しく感じたり、景色がにじむような現象が起こる場合があります。

雨が降っている時の窓ガラスに映る外の景色のように、にじんだように見えたり、ぼんやりしか見えなくなる場合もあります。

けれども殆どの人は脳が徐々にその状態を認識し慣れてくるため、治まると共になくなっていきます。

2.ドライアイになる

2.ドライアイになる

目の表面の膜を剥がす際、角膜の神経まで切断しなくてはならないために起こる現象です(イメージは、目玉焼きの黄身を覆っている表面の膜を一旦切り取るイメージです)。

コンタクトレンズをしていても起こる現象なので、点眼薬を定期的に挿すなどして乾燥を予防すると解消されます。

3.術後の感染症

3.術後の感染症

術後はできるかぎり安静にしているのが好ましいですが、安静にしていても体調が思わしくない人もいます。
そのような人は感染症にかかりやすいです。

感染症というのは気を付けていてもかかってしまうものなので、かかってしまったら早めに眼科医師に相談し抗生物質などの点眼薬や飲み薬などの治療を行ってください。

↑目次に戻る

怖がらずに眼科医に相談してみてください!

デメリットばかりが大きく伝えられるレーシック手術ですが、レーシック手術によって長年の夢だった裸眼や今までは受験できなかった資格試験が受けられた人もたくさんいます。

また、術後ケアやデメリットに対するケアに対する眼科の技術進歩も目覚ましいです。

デメリットに怖がるばかりでなく興味が湧いた人は眼科医に相談してみるのをおすすめします。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。