1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックで使用するレーザーの種類とは?仕組みも紹介

レーシックで使用するレーザーの種類とは?仕組みも紹介

レーシックは、今では多くの人が受けている近視乱視遠視の矯正術です。レーシック手術ではレーザーで角膜を削ることで視力を矯正しますが、レーシックで使われるレーザーってどんなものかご存知ですか?今日はレーザーにスポットを当てて解説します!

レーシック手術に使う2種類のレーザーとは

レーシック手術に使う2種類のレーザーとは

レーシックのレーザーといっても、1種類のレーザーを使用しているわけではありません。
複数のレーザーを組み合わせて、視力の回復を行っています。

レーシックの仕組みや効果については知っている人も多いかもしれませんが、今日はレーシックで最も要になってくるレーザーについて解説します!

レーザーの事もしっかりと知った上で、レーシックを行うか考えてみましょう。

フラップを作るフェムトセカンドレーザー

フラップを作るフェムトセカンドレーザー

レーシック手術の仕上がりで重要になるポイントが、フラップを作る作業です。

レーシック手術では、まず角膜の表面をスライスして、フラップと呼ばれるふたのようなものを作成します。
そのあとにフラップをめくり、その下の角膜にレーザーを当てて屈折率を調整します。

フラップは手術後の痛みを軽減したり、細菌やゴミの侵入を防いだりして感染症のリスクを低くする役割がありますが、このフラップを作る際に使われるのがフェムトセカンドレーザーです。

以前は、マイクロケラトームといって手術用のカンナのような機械を用いて、医師が手動でフラップを作っていたのですが、今はフェムトセカンドレーザーというコンピューターで制御された機械でフラップを作る術式が主流となっています。

その理由としては、マイクロケラトームよりもフェムトセカンドレーザーの方が多くのメリットがあるためです。

フェムトセカンドレーザーのメリット

フェムトセカンドレーザーの大きなメリットは、フラップの質の高さにあります。
具体的には、以下のような点です。

  • 手術の仕上がりが医師の技術に左右されない
  • 薄く均一な厚みのフラップを作ることができる
  • 角膜を切った面が滑らか
  • フラップがずれにくい
  • 合併症のリスクが低い

医師の手で行うマイクロケラトームに比べ、フェムトセカンドレーザーは電子制御されているので、毎回均一な厚みと薄さのフラップを作ることができますし、照射した面も非常に滑らかになっています。

また、フラップの切れた面が斜めになっているので、術後フラップがしっかりと収まり、ずれる危険も少なくなります。

合併症もマイクロケラトームよりもはるかに少なくなるなど多くのメリットがあるので、今はマイクロケラトームよりもフェムトセカンドレーザーの方が主流になっているのです。

フェムトセカンドレーザーのデメリット

フェムトセカンドレーザーは多くのメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。
フェムトセカンドレーザーのデメリットは

  • マイクロケラトームを使った手術に比べ、高額になる
  • 実施している病院が少ない

ということがあります。

フェムトセカンドレーザーの機械はとても高額です。
ですので、手術代もマイクロケラトームに比べ高額になってしまいます。

レーシックの手術自体、一般的な手術に比べると高額なので、 治療費で悩んでいる人にとっては少しネックになってきますよね。

また、フェムトセカンドレーザーを取り入れている病院もまだまだ少ないのが現状です。

大手のクリニックなどではフェムトセカンドレーザーを導入している所が多くなりますが、やはり地方の病院などでは導入していない所もあります。

フェムトセカンドレーザーでレーシックを受けたい人にとっては、治療費や病院など少し検討しなければならない事がデメリットになってしまいますね。

角膜を照射するエキシマレーザー

角膜を照射するエキシマレーザー

フラップをめくって、その奥の層の角膜に照射し、屈折率を変化させるのがエキシマレーザーです。

エキシマレーザーはいわゆる弱い紫外線の一種で、にきびなどの皮膚疾患の治療にも用いられます。

眼科だけでなく多くの医療で用いられていて、安全性、精密性が高い機器なので、レーシックのどの手術でも用いられているレーザーになります。

紫外線の一種と述べましたが、エキシマレーザーの紫外線は非常に短い波長で、熱や衝撃が発生しないので、角膜以上の水晶体や網膜に影響を与えることはありません。

↑目次に戻る

レーザーで視力を回復できる仕組み

レーザーで視力を回復できる仕組み
出典:sightcure.jp

では、なぜエキシマレーザーといったレーザーで視力を回復できるのでしょうか?

人は目で物を見る時に、目に入った光を角膜や水晶体で屈折させ、網膜上の一点にピントを合わせます。

しかし、近視などの屈折異常があると網膜上にピントを合わせることができなくなり、ぼやけたり見えにくくなってしまいます。

めがねやコンタクトレンズは、外部からの矯正で屈折率を変化させて視力回復を行うものなのですが、レーシックの場合は角膜の屈折率を直接変化させることで視力回復をはかります。

メガネやコンタクトレンズでは、はずしてしまうと再び見えにくくなってしまいますが、レーシックは角膜自体の屈折率を変化させているので、裸眼の状態で見える、ということです。

↑目次に戻る

レーザーによるレーシック手術は安全?

レーザーによるレーシック手術は安全?

レーザーでのレーシックの原理を紹介しましたが、角膜を削ったりフラップを作ったり、レーザーによるレーシックは安全なのか心配ですよね。

レーシックはあくまで手術ですので、やはり慎重に検討しなければなりません。

しかし今では精度が高い術式が出てきたりして、安全性の高い手術になっているんですよ!

その理由を紹介します。

フラップ異常のリスクが軽減!

今までのレーシック対して、デメリットであったりレーシック難民といった言葉も聞いたことがあるかと思います。

しかし、これらはマイクロケラトームによるものが多く、フェムトセカンドレーザーが主流になってからはリスクが少なくなっているのが現状です。

フェムトセカンドレーザーを使って手術を行うことで、大きな進歩があったのはフラップの異常がとても少なくなったということです。

レーザーは電子制御されているので、均一にとても薄いフラップを作成することができますが、マイクロケラトームによる手動でフラップを作っていると医師の技術によっては均一でなかったり、厚みがバラバラであったりとフラップそのものの質がよくないことがありました。

しかし、レーザーでフラップを作るとそれらのデメリットは解消され、フラップがずれやすかったりシワができてしまうといったことはとても少なくなっています。

また、綺麗なフラップを作ることができるようになり、術後の見え方の質も非常に高くなりました。

レーザーでレーシックを行うことは、大きなメリットと安全に繋がっています。

こういった事情があるので、大手のクリニックでは最安のマイクロケラトームを利用した術式でなく、レーザーでフラップを作成する術式をオススメされることが多いようです。

手術の後遺症について

手術の後遺症について

レーザーを導入することで、レーシックの安全性や精密性は上がったものの、後遺症がゼロになったわけではありません。

レーザーでフラップを作成するレーシックの後遺症としては以下のようなものがあります。

  • ドライアイ
  • 近視もどり
  • ハログレア
  • 過矯正
  • 充血

レーシックによる副作用や後遺症についてはこちらの記事に詳しく書かれているので、是非参考にしてみて下さいね。

↑目次に戻る

大手のレーシックのクリニックで使用している機械の比較

大手のレーシックのクリニックで使用している機械の比較

レーザーにはとても多くの種類があり、それぞれに特徴があります。
大手のクリニックであると、高額なレーザーが導入されており、質の高い治療を受けることができます。

今日はレーシック専門のクリニックの中で、品川近視クリニック、新宿近視クリニック、神奈川アイクリニックのレーザーの機器について調べてみました。

それぞれにメリットが多くありますので、レーシックの検討に役立ててもらえればと思います。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 症例数120万症例以上の実績
  • 満足度98.6%
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査、無料相談実施中

公式ホームページ

■フラップを作成するレーザー

フェムトLDVクリスタルライン 切断面が綺麗に仕上がり、患者の眼球の動きをしっかり把握することができる
フェムトLDV 照射のエネルギーがイントラレーザーよりも小さいくなり、術後の眩しさが発生する確率が少ない 術後の炎症が少なくなる
イントラレースiFS 乱視に対応しており楕円の薄いフラップを作ることができる
イントラレースFS60 マイクロケラトームよりも綺麗なフラップを作ることができ、見え方の質が向上する

■屈折率を変化させるレーザー

アマリス750s レーザーの照射時間が約3秒と非常に短いので、体や目への不安が少ない 1秒間に1,050回もの動きを認識するので、正確に照射できる
アレグレッドEyeQ400 従来のレーザーに比べ照射時間が短く体への負担が軽減されている

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 症例数10万症例以上
  • 感染症0%の実績
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
  • 無料適応検査実施中

公式ホームページ

■フラップを作成するレーザー

イントラレースiFs 誤差を見逃さない小誤差アジャストシステムを採用している フラップが薄く滑らかにできる
Visu Max フェムトセカンドレーザー ハイスピードの照射で、切除の精度が非常に高い 低侵襲の照射になっている

■屈折率を変化させるレーザー

アレグレットEX500 乱視の矯正に適している 照射スピードが早く、精度が非常に高い

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度

公式ホームページ

◼︎フラップを作成するレーザー

iFsフェムトセカンドレーザー オーダーメイドで患者の目の状態に合わせて作成できる フラップの作成時間が少なく体への負担が少ない

◼︎屈折率を変化させるレーザー

ビジック・スターS4 IR 3次元で目の動きを追尾し正確にレーザーを照射することができる 眼球が大きく動いた場合にはセーフティ機能により自動で停止する

こちらの記事では、神戸神奈川アイクリニックの理事長先生に取材させて頂いています!↓手術中に医師はどんな操作をしているかなど、レーザーについても少しお話しして頂いているので、合わせてご確認下さい。

最終更新日: 2017-11-04

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
レーシック手術で動体視力は向上するの?スポーツ・運動への影響を徹底解説
レーシック手術で動体視力は向上するの?スポーツ・運動への影響を徹底解説
円錐角膜でもフェイキックIOLは受けられる?フェイキックと円錐角膜の関係まとめ
円錐角膜でもフェイキックIOLは受けられる?フェイキックと円錐角膜の関係まとめ

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。