1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 老眼 >
  4. 【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは

【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは

老眼鏡が主流だった老眼治療ですが、今やたくさんの治療法があります。その中でも最先端の老眼治療になるのが遠近両用レーシックのプレスビーマックスです。あまり聞き慣れない治療法かもしれませんが、今日はプレスビーマックスについて紹介します。

遠近両用レーシック「プレスビーマックス」とは

老眼 遠近両用レーシック「プレスビーマックス」とは

レーシック手術が発展し、多くの治療法が確率されたおかげで、近視や乱視、遠視の大体が手術で治せるようになりました。

しかし近視や遠視といった屈折異常と異なり、老眼は水晶体の弾力が年齢を重ねる度に失われるため、レーシックでの治療は不可能とされてきました。

しかし最新の老眼治療では、レーシックで老眼を治すことができるようになりました。
老眼治療で行うレーシックは遠近両用レーシックで、リーディングアイのようにリングを入れずとも視力を回復することが出来ます。

最先端の遠近両用レーシック、プレスビーマックスで老眼を治す方法について詳しく解説します!

レーシックと同じ方法で矯正する

老眼 レーシックと同じ方法で矯正する

プレスビーマックスは、レーシックと同じようにフラップを作成し、そのフラップを開いてエキシマレーザーで角膜の形状を変化させます。

角膜を遠近両用のコンタクトレンズのような形に削ることで、近くと遠くをはっきりと見えるようにします。

角膜はとても薄いので、遠近両用コンタクトレンズの様に変化させるには、とても精密な動きをする機器が必要です。

品川近視クリニックでは、プレスビーマックスの時に使用する機器はジュインド社のアマリスで1秒間に1050回という速さで目の動きを認識するので、正確なレーザー照射を行えます。

遠距離、近距離だけでなく中距離も矯正可能

老眼 遠距離、近距離だけでなく中距離も矯正可能

通常の老眼治療では、遠くと近くの見え方を改善することしかできませんでしたが、プレスビーマックスでは遠距離、近距離だけでなく、中距離の視力も回復することができます。

↑目次に戻る

プレスビーマックスのメリット、デメリット

老眼 プレスビーマックスのメリット、デメリット

最先端の老眼治療であるプレスビーマックスですが、メリットとデメリットはあるのでしょうか?
老眼を治したいという人にとっては、気になりますよね。
プレスビーマックスのメリット、デメリットを紹介します。

メリット

  • 老眼鏡なしで文字が読める
  • 中距離も見ることができるので、自然な見え方になる
  • 1度手術すると効果が持続する
  • 目にリングなど入れることなく視力を改善できる

プレスビーマックスの大きな特徴は、中距離を見ることができるようになったことです。
今までの老眼治療にはない自然な見え方なので、生活の質も向上します。

目は生活をする上で大きな働きを担っています。
視力が改善されることで、生活も大きく改善されるので、そういった意味でも老眼治療を検討する時にプレスビーマックスも一度考えてみて下さいね。

デメリット

  • コントラストが大きく低下する恐れがある
  • 一度手術すると角膜を元に戻すことは出来ない
  • 症例数が少ないので、今後何があるかは確信が持てない
  • 通常のレーシックを行ったことがある人は受けられない

プレスビーマックスは症例数がまだまだ少なく、今後どのような後遺症やデメリットが出てくるかはわかりません。

また、プレスビーマックスを行うと特に夜間のコントラストが低下してしまう事がありますので、夜間に運転をする配送業者やタクシー、パイロットなどは手術ができない可能性があります。

また、レーシックと同じで角膜を削る手術なので、1度手術を受けると角膜を元の状態に戻すことはできません。

そのため、将来的に角膜の治療をしなければならなくなった時に治療を受けられない可能性も0ではありません。

↑目次に戻る

プレスビーマックスの手術の流れ

老眼 プレスビーマックスの手術の流れ

プレスビーマックスの治療の流れですが、まずクリニックで行われている適応検査を受け、適応検査で許可が出たら手術をする、という流れです。
手術方法としてはレーシックと同じ流れで、

①点眼麻酔を行う
②フェムトセカンドレーザーでフラップを作成する
③フラップを開きアマリスで照射し、角膜を変化させる
④フラップをもとに戻し、消毒の点眼を行う
⑤手術後15分程度休憩し、問題がなければ帰宅する

という流れになります。

手術時間は約15分程度になりますので、日帰りで手術を受けることが出来ます。

麻酔を行っていますので、もちろん手術中は痛みを感じません。
手術後は定期検査をきちんと受ける必要があります。

↑目次に戻る

プレスビーマックスの適応条件

老眼 プレスビーマックスの適応条件

プレスビーマックスの主な適応条件は、以下の通りです。

  • 40歳〜65歳までの年齢
  • レーシックを行っている人はできない
  • 白内障や緑内障を患っていない人
  • 重度の全身疾患を患っていない人

上記はあくまでも、適応するかの目安になりますが、これらに当てはまるからプレスビーマックスができるというわけではありません。

きちんとできる、できないの判断を行うには適応検査をしっかりと受けた上での判断になりますので、プレスビーマックスを検討している人は一度無料の適応検査を受けてみることをおすすめします。

↑目次に戻る

老眼治療スープラコアとリーディングアイとの違い

老眼 老眼治療スープラコアとリーディングアイとの違い

老眼治療は多く発展しており、代表的な物にリーディングアイやスープラコアがあります。

リーディングアイは片目のみにカムラインレーというリング状のレンズを入れることで、ピンホール効果により視力を回復する治療法です。

またスープラコアは、品川近視クリニック以外の遠近両用レーシックで、プレスビーマックスと同じ効果が期待できますが、機器がフェムトセカンドレーザーになります。

手術 治療する目 費用
プレスビーマックス レーシックと同じ(機器はアマリスを使用) 両眼 約34.3万円
スープラコア レーシックと同じ(機器はフェムトセカンドレーザー) 両眼 約38万円
リーディングアイ 片目のみにカムラインレーというレンズを入れる 片目 約30万円〜100万円

プレスビーマックスもリーディングアイもスープラコアも、費用に関してはあまり違いはありません。

しかし、手術内容にいたってはリーディングアイは全く別物になってしまいますので、しっかりと内容も考える必要があります。

それぞれメリット、デメリットがありますので、それらを考慮した上で検討しましょうね。

リーディングアイに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

↑目次に戻る

プレスビーマックスの治療費用

老眼 プレスビーマックスの治療費用

プレスビーマックスを受けたいと思っても、やはり財布と相談になりますよね。
では、プレスビーマックスの料金はどの程度なのでしょうか?

プレスビーマックスは1年保証がついて、通常は34.3万円です。
しかし、平日になると平日割がききますので31.5万円で手術を受けることができます。

もし平日に手術を受けることができる人は、費用を抑えることができますので是非平日に受けるのがおすすめです。

↑目次に戻る

プレスビーマックスを受けるなら品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度96.8%!
  • 症例数120万症例以上の圧倒的な実績
  • 託児所や提携ホテルも完備
  • 無料適応検査実施中

公式ホームページ

やはり、症例数が少ない手術方法になりますので、プレスビーマックスを受ける場合には少しでも症例数が多いクリニックを選ぶのがおすすめです。

そういった意味でも、品川近視クリニックはレーシックのクリニックでは圧倒的な症例数を誇りますし、満足度も高いので安心して任せることができます。

無料の相談会や、適応検査も行っていますので一度問い合わせてみて下さいね。

■基本情報

住所 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00〜20:00
アクセス JR有楽町「銀座口、中央口」から徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線の「銀座駅」から連絡通路あり

最終更新日: 2017-10-22

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
老眼鏡の度数って?倍率とは違うの?
老眼鏡の度数って?倍率とは違うの?

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。