1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. エピレーシックってどんな手術なの?レーシックとの違いとは

エピレーシックってどんな手術なの?レーシックとの違いとは

視力を回復させる方法として、メジャーになりつつあるレーシックですが、今は多くの種類があります。その中でも、最先端なレーシックがエピレーシックになります。エピレーシックとは、どのような手術になるのでしょうか?今日はエピレーシックの手術について紹介します!

エピレーシックとは

医療は日進月歩で発展し、今は多くの種類のレーシックが確立されています。
イントラレーシックやアイレーシックなど、新しい機器や技術がどんどん登場していますが、エピレーシックもその1つのレーシックになります。

エピレーシックは、エピケラトームという機械を使用して施術を行います。
では、エピレーシックの効果とはどのようなものでしょうか?

フラップがとにかく薄く作成できる

フラップがとにかく薄く作成できる
出典:www.optnet.org

エピレーシックの最大の特徴は、レーシックの手術時に作成するフラップが薄いということです。

フラップは、術後の痛みを軽減したり細菌から目を守ったりするために作成するのですが、通常のレーシックでは角膜上皮層とボーマン膜を切り開きます。

これに対して、エピレーシックでは角膜上皮層のみエピケラトームで切り開きますので、とても薄いフラップを作成することが出来ます。
ですから、近視が強い人や元々角膜が薄くレーシックを受けることが出来なかった人も施術可能になった画期的な方法になります!

また、このフラップは角膜上皮層のみ切り開くので、術後時間が経つとフラップは自然と剥がれ落ちてしまい、新しい角膜上皮層が出来上がります。

新しい角膜上皮層ということはフラップは完全になくなってしまうので、目をこすってしまうことでフラップがずれてしまったり、取れてしまったりするということがありません。

強度近視の人も矯正が可能

強度近視の人も矯正が可能

レーシックを行う際に角膜の厚みが大切になるのは、フラップを作るための厚みと、矯正するための角膜が必要になるためです。

ですが、中には元々角膜が薄かったり、近視乱視遠視が強くてレーシックを行うことが出来ない人がいます。
その場合、フラップが出来る限り薄いと、今までレーシックを受けたくても受けることが出来なかった人でも、レーシック手術が受けられる可能性が高くなります。

つまり、エピレーシックは角膜が薄くても、近視、乱視、遠視がきつくてもレーシックを受けることが出来る手術方法になるのです!

↑目次に戻る

視力が安定する期間はどのくらい?

視力が安定する期間はどのくらい?

エピレーシックを行うと、早ければ翌日にはある程度の視力に回復してくるレーシックよりも、もう少しゆっくりの回復になります。

目安として、術後1週間で車の運転が出来るくらいになり、視力が希望の数値に達するのは、角膜上皮層が完全に再生する術後1~2ヶ月になります。

しかし、術後1~2ヶ月が過ぎても、視力が上がったり下がったりを繰り返すことがあり、完全に安定するのは約半年かかることがあります。
術後半年間は、視力に差があることがありますので、その間は目を酷使したり負担がかかったりするようなことは、極力しないようにしましょう。

視力の回復具合には個人差が非常に大きくなります。

術後の定期検査でも視力がどの程度回復するかを測定しますが、すぐに視力が回復する人や、中々回復しない人もいますので、気になる方は手術を受けたクリニックに連絡をしてみると良いでしょう。

↑目次に戻る

エピレーシックとレーシックの違い

エピレーシックとレーシックの違い

レーシックの中でも、大きなメリットがあるエピレーシック。
では、従来のレーシックとエピレーシックは何が異なるのでしょうか?

矯正可能な範囲

矯正可能な範囲
レーシック  -6Dまで
エピレーシック -10Dまで

エピレーシックとレーシックでは、視力の矯正することが出来る範囲が異なります。
レーシックは中等度の近視までしか矯正することが出来ませんが、エピレーシックは強度近視まで矯正することが出来ます。

近視が強くなると、その分削らなければならない角膜が増えてくるので、近視が強い人などはレーシックを受けることが出来ない場合があります。

しかし、エピレーシックだとフラップが薄いので、強度近視の人も手術を行うことが可能で、視力を回復することが出来ます!

フラップの厚みと使用機器

フラップの厚みと使用機器
出典:www.google.co.jp
フラップの厚み 使用機器
レーシック 約110μm~120μm イントラレーザー、マイクロケラトーム(フラップ)、エキシマレーザー(屈折率矯正)
エピレーシック 約50~60μm エピケラトーム(フラップ)、エキシマレーザー(屈折率矯正)

通常のレーシックは、角膜上皮層とボーマン膜まで使って作成するために厚みも多くなってしまいます。

手術を受ける際に必要なフラップの厚みは、レーシックは約110μm程度なのに対して、エピレーシックは半分以下の約50μmになります。
また使用する機械も、エピレーシックで使用するエピケラトームは角膜上皮層だけしか削り取らないので、非常に薄いフラップを作ることが出来ます。

術後の過ごし方

術後の過ごし方
レーシック 目をこすらず安静にしていればいつも通りでOK
エピレーシック 1週間は保護用コンタクトレンズ、半年はサングラスを着用する

エピレーシックの場合にはフラップがとても薄いために、フラップが外れないように保護用コンタクトレンズを着用しなければなりません。

保護用コンタクトレンズは約1週間着用することが多いですが、こちらも病院によっては期間がバラバラになりますので、病院の指示に従ってくださいね。

また、サングラスも通常のレーシックに比べ長い期間着用する必要があります。
フラップが薄い分、紫外線の刺激も強くなりますので、外出時は出来る限りサングラスを着用するようにしましょう。

仕事の復帰時期

仕事はそれぞれ注意事項を守っていれば、仕事には翌日から復帰しても大丈夫です。

仕事が忙しいから当日に仕事場に戻りたい!という気持ちはわかりますが、レーシックはあくまで手術です。
目にはとても大きな負担がかかっていますし、術後は目がぼやけたり異常に眩しく見えたりしていつも通りの見え方ではありません。

また、デスクワークだと目が疲れやすくなりますし、運送業の方やスポーツ選手は動き回ってフラップがずれてしまうリスクがありますので、手術を行った当日は、病院から直接帰宅して安静にしましょう。

翌日からは基本的には仕事をしても大丈夫ですが、見え方も異なりますし、負担をかけずあまり無理をせずに慎重に仕事をするようにしましょう。

↑目次に戻る

エピレーシックの費用はどのくらい?

エピレーシックの費用はどのくらい?

レーシックはもちろん、エピレーシックも自由診療になりますので、保険は適用になりません。
なので、値段は高額になりがちです。

通常のレーシックは10万円程度になりますが、エピレーシックは少し高めの約12万円~20万円ほどになります。
大手のクリニックだと、レーシックとあまり変わらない値段で手術を受けることが出来ることがありますので、一度相談してみましょう。
また、手術以外のアフターケアや、術前の適応検査などの費用などもしっかりと考慮して、手術を選択する必要があります。

保険適用にはならないと述べましたが、健康保険は適応にならないだけで、任意保険の場合はいくらか返ってくる可能性もあります。

自分で保険をかけている方は、手術の前に一度電話で聞いてみると良いですね!

↑目次に戻る

エピレーシックのメリット・デメリット

エピレーシックのメリットデメリット

ここまでエピレーシックのメリットや費用などを述べてきましたが、もちろんエピレーシックにもデメリットは存在します。
エピレーシックのメリット、デメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

メリット

メリット

エピレーシックは、通常のレーシックの問題点を大きく改善されているために、多くのメリットがあります。
角膜の薄い人や強度近視の人も手術を受けられることはお話しましたが、それ以外でのメリットを紹介します。

ドライアイになりにくい

レーシックの術後多く現れるのがドライアイです。
角膜には神経が通っていて、フラップを作る際に神経ごと切断してしまいます。
そうなると神経にダメージが大きく涙が少なく分泌されず、ドライアイになってしまうことがあります。

エピレーシックは、フラップが薄くて角膜の神経へのダメージも少なくなりますので、手術後も涙の分泌量をしっかり保つことが出来ます。
そのため、通常のレーシックよりもドライアイになる可能性が低くなります。

再手術を受けやすい

再手術を受けやすい

エピレーシックはフラップがとても薄く作成しますので、もしも近視戻りがあって視力が低下してしまったとしても再手術を受けやすくなります。

一度削られた角膜は戻ることがないので、元あった角膜より術後は減ってしまいます。
残った角膜で再手術をしなければなりませんので、再手術がないに越したことはないですが、より多くの角膜が残っていると再手術をしやすくなります。

スポーツをする人におすすめ

エピレーシックでは、角膜上皮層のみを使用してフラップを作成するので、作られたフラップは時間が経過すると剥がれ落ちてしまいます。

角膜上皮層は再生して新しい角膜が出来上がりますので、ボクシングなどの激しい格闘技をする人でも、目に当たった衝撃でフラップがずれてしまったりはずれたりする心配はいりません。

また、ドライアイが少ないことも、スポーツをする人などにはメリットが多くあります。

デメリット

デメリット

エピレーシックは今あるレーシック技術の中では最高峰と言われていますが、残念ながらメリットばかりではありません。
もちろん、デメリットも存在します。

では、エピレーシックのデメリットとはどのようなものでしょうか?

術後痛みがある

エピレーシックは角膜上皮層のみでフラップを作成します。

角膜上皮層には痛みを感じる三叉神経が通っているので、術後麻酔が切れるとフラップを作ったところが痛みを感じてしまいます。

異物感が強く出たり、目がしみて痛いと感じたりすることが多くあり、中には痛くて目を開けていられなかったという人もいます。
痛みは個人差がかなり大きくなるので、痛いのが苦手な人は予め医師にしっかりと相談するようにしましょう。

ちなみに通常のレーシックだと、フラップの厚みがあるので痛みは感じにくくなります。

サングラスを着用しなければならない

こちらは先程述べたことと同じになりますが、エピレーシックはフラップが薄いので紫外線などの刺激が強くなってしまいます。
そのために、外出時はサングラスを着用することは必須となってきます。

永久的にサングラスを着用するわけではなく、視力が安定してくる術後半年くらいにはサングラスをせずとも外に出ても大丈夫になることが多いです。
しかし、それぞれ回復具合には個人差がありますので、医師の指示に従ってくださいね。

後遺症の危険性がある

エピレーシックの手術が失敗していなくても、後遺症が出ることがあります。
代表的なものとして、夜間異常に眩しく感じるハロ・グレアや、角膜上皮層が思った以上に再生してしまい、近視が再び戻ってしまうリグレッションがあります。

また、ヘイズと言われる角膜混濁も起きやすくなっています。
角膜混濁とは、酸素が少なくなることで角膜内皮の細胞が死んでしまい、角膜が白く濁ってしまう症状です。
なぜ角膜混濁が起きるかはハッキリとはわかっておらず、ハロ・グレアやリグレッションと同様に術後半年ほどで改善されますが、半年経っても改善されない場合には医師に診断してもらうようにしましょう。

混濁など心配な場合や、いつもと目の様子が違う場合には、迷わずすぐに病院を受診しましょう!

↑目次に戻る

エピレーシックを手術した人の口コミや体験談

エピレーシックを手術した人の口コミや体験談

痛みはウソのようになく、光もソコまでまぶしくなく、病院を後にしました。
駅につく頃からちょっとスーっとした感じ(ヒリヒリまでは行きません)はあったような気はします。

夜まで痛みはさほどなく、たまにチクチクするくらい。

日常生活に支障はまったくありませんでした。

痛み止めを点眼することもありませんでした。

痛みは人によって違い、翌日がピークだの、2日後がピークだの言われています。

いやぁなドキドキ感と、いつ見えるようになるかなぁという期待が同居しています。

とにかく痛くはないものの、目に負担をかけるのはよくないと思うので、この日はテレビ等は控え、早く就寝しました。

手術当日、聞いていた通り、手術そのものはあっという間でした。

術後は、全体に曇ったかんじの視界で、麻酔が効いているせいか、
それほど痛みは感じませんでした。

痛み止めの目薬と飲み薬を処方されて、帰宅しました。

さきにも書いたとおり、痛みは、上皮が再生をする過程で起きるようで、
その日の晩から既にかなりの痛みを感じました。

痛み止めの目薬は時間をおいてささなければいけないと言われていたので
手元に時計をおいておき、数時間おきにさし、なんとか一晩を過ごしました。

あとから考えれば、素直に飲み薬も飲めばよかったのでしょうが、
痛み止めの飲み薬は使いたくなかったので、目薬だけでやり過ごしました。

翌日も、目をあけると涙がひっきりなしに出てきます。

たまねぎを切ったときのしみる感じが数倍ひどい感じですが、
我慢できないというほどではありません。

痛みはこの頃がピークで、徐々におさまっていき、
手術から3日目には、少し異物感を感じる程度にまでなっていました。

エピレーシックの場合、通常のレーシックとは異なり、
角膜の再生をうながすために、自分の血液からとった成分で作った
目薬を一日数回点眼します。

これは約半年分クリニックから処方され、家の冷蔵庫で冷凍保存してあり、
必要に応じて解凍して使用します。

血液から作るといっても、赤いわけではなく、薄褐色をしています。

術後1週間ほどで、快適な裸眼生活が始まりました。

まず、寝るときにコンタクトをはず手間がいらない!
これは大いに嬉しいことでした。

そして忙しい朝も、コンタクトを入れたり、予備を用意したりといった
必要もなく、そのまま出勤することができます。

視力も左右1.2出て、術後約2ヶ月たった今は、
本当にエピレーシックを受けてよかったと思っています。

引用元: www.openhearttv.com

↑目次に戻る

エピレーシックを受けられる人気クリニック

エピレーシックを受けられる人気クリニック

エピレーシックは、エピケラトームという機材が導入されている施設でしか手術を受けることが出来ません。
そのため、まだまだ受けることが出来るクリニックは少なくなります。

大手のクリニックでも、神戸神奈川アイクリニックと品川近視クリニックに2つになります。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査を実施中

公式ホームページ
住所 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00~20:00
アクセス JR有楽町「銀座口、中央口」から徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線の「銀座駅」から連絡通路あり
費用 エピレーシック 16.5万円

レーシックのクリニック最大手の品川近視クリニックですが、託児所が完備されているなど細部まで気配りのされた施設です。
また、エピレーシックも他のクリニックよりも安く受けることが出来ますし、事前検査も無料になっています。

提携ホテルも多いので、遠方からも来院しやすいクリニックになります。
症例数は120万症例を誇り、トップクラスの治療を受けることが出来ます。

レーシックの症例数がNo.1である品川近視クリニックに、直接お話を聞いてきました。
副院長に手術の経験数や術式などについて教えてもらえたので、クリニック選びの参考になるでしょう!

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度

公式ホームページ
住所 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
電話番号 0120-049-035
診療時間 10:00〜19:00(毎週火曜日、年末年始 休診)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 直結徒歩2分
費用 エピレーシック 25万円

神戸神奈川アイクリニックでは、遠方割引や現金の一括払いなら割引を受けることが出来ます。
また、術前の検査もしっかりと行ってくれるので安心ですし、症例数も多く質の良い治療を受けることが出来ます。

こちらの記事では、神戸神奈川アイクリニックの理事長、澤井先生に取材させて頂いています!↓選ばれている術式なども教えて頂いたので、ぜひご覧ください。

最終更新日: 2018-02-13

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。