1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術にかかる時間はどのくらい?当日の流れと所要時間とは

レーシック手術にかかる時間はどのくらい?当日の流れと所要時間とは

視力矯正方法でメジャーになりつつあるのが、レーシックです。値段も以前に比べて低価格になってきた上に、裸眼で過ごすことが出来るので、多くの人が手術を受けています。レーシックは手術時間が短いことで有名ですが、レーシックの手術時間とはどの程度でしょうか?

レーシックの手術時間はどのくらい?

レーシックの手術時間はどのくらい?

レーシックは、1回の手術で視力が回復する事が可能で、視力が悪くてメガネやコンタクトレンズを使用していた人からすると、画期的な矯正方法になります。

方法ですが、角膜を削り取り屈折率を正すことで、視力を矯正します。
レーシックは手術になりますが、実はその手術時間はとても短く約10分~20分で、多くのクリニックは日帰りで行うことが出来ます。

また、新宿近視クリニックや品川近視クリニックでは、日帰りレーシックや1日レーシックというものがあり、適応検査から手術まで1日で終えることが出来るというものになります。

仕事が忙しくて数日休むのは難しかったり、小さなお子さまがいたりする人で数日開ける事が難しい場合、1日で全て終えることが出来るというのは、大きなメリットです!

↑目次に戻る

当日の流れ

当日の流れ

レーシックは、検査から帰るまで1日で終えることが出来るほど、短時間で行うことが出来る手術になりました。

事前検査の時には、コンタクトレンズをしていると適応検査を受けることが出来なかったり、適応検査を受けても正確な検査結果をえることができなかったりする場合がありますので、よく注意して確認しましょう。

では、レーシックを受ける際の所要時間を解説します。

①術前検査

①術前検査

レーシックを受ける時に大切になるのが、事前に行う適応検査になります。
適応検査は、角膜の厚みがレーシックをする時に足りるかどうか、目の病気になっていないか、視力はどの程度あるのかを検査し、総合的に判断した結果レーシックを行うことが出来るかを診断します。

適応検査では、

  • 角膜曲率半径速的検査(近視、乱視、遠視の度合い、角膜のカーブの程度の検査)
  • 視力測定検査
  • 眼圧測定検査(非接触型眼圧計で眼圧を測り緑内障がないかを調べる)
  • 角膜形状測定検査(円錐角膜などがないかの検査)
  • 角膜内皮細胞計測検査(角膜の1番奥の層である内皮細胞の数を調べる)
  • 暗所瞳孔径測定検査(レーザーの照射範囲を決定するための検査)
  • 視野検査(視野障害があると判断された場合のみ行う)
  • 散瞳後屈折力測定検査(自己調節できないように点眼を行った上での屈折力を調べる)
  • 波面収差測定検査(ウェーブフロントレーシックを希望する場合のみ行う検査)
  • 角膜厚眼軸長測定検査(角膜切開の範囲を決定したり、角膜の厚みを調べる)
  • 前眼部・中間透光体検査(目の病気が潜んでいないかの検査)
  • 眼底検査(網膜剥離などの病気がないかを調べる検査)

という検査を行い、所要時間は約1時間~3時間程度になります。

「時間かかるなぁ…」と思うかもしれませんが、病気が隠れていたり、数ミリ違うだけで合併症や後遺症などのリスクが上がったりします。

レーザーの照射範囲を決定するためにも、しっかりとした検査を行う必要があります。

ですから、もしも事前検査を適当に短時間で終わらせるなど、しっかりと検査をしてくれないクリニックだと信頼することができないので、注意しましょう!

②手術

②手術

事前検査を終えて、レーシックを受けることが出来るとなったら、次は手術になります。

1日レーシックの場合だと、午前に事前の適応検査を行い、午後からレーシックの手術になりますが、多くの場合は適応検査の次の日に手術を行います。
手術の所要時間は約10分~20分ほどになり、長くても30分までになるので、とても早い時間で手術を終えることが出来ます。

事前検査は少し長い時間がかかりますが、手術自体はあっという間に終わります。
術式によりますが、痛みなども比較的少ない手術になりますので、安心してくださいね。

③回復室で安静にする

③回復室で安静にする

手術を終えると、そのまま回復室と言われる少し暗い部屋で安静にします。

部屋が暗くなっているのは、手術後は非常に少しの光でも眩しく感じてしまうので、それを防ぐためです。
加えて、手術を行い負担がかかった目を休めるために、ゆっくりと目を休める必要があります。

術後は、約30分~1時間ほど回復室で休むことになります。

術後の定期検査は忘れず行こう

術後の定期検査は忘れず行こう

術後大切になるのが定期検査です。
定期検査はどのクリニックも行っていて、視力が回復しているか、何かトラブルがないかなどを調べます。
多くのクリニックは、手術の翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後といったように検査を行います。

レーシックにはリスクがあり、合併症や後遺症などの症状が出てきたり、メイクの許可の判断をしてもらったりするためにも、定期検査は大切になります。
また、クリニックによっては定期検査をきちんと受けないと、無料のアフターケアを受けることが出来ない場合もあります。

レーシックは目に負担がかかる上にリスクもありますので、しっかりと検査に行き、目の状態を確認するようにしましょう!

↑目次に戻る

術後どのくらいで視力は回復するの?

術後どのくらいで視力は回復するの?

レーシックは治療を行ってから、比較的短期間で視力を回復することが出来る治療方法になりますが、いったいどのくらいの期間で回復するのか気になりますよね。
視力を回復するのは一体どれくらいからなのでしょうか?

早ければ翌日にも視力が回復する

早ければ翌日にも視力が回復する

レーシックの手術後、いつから視力が回復するのかですが、早い人だと翌日には視力の回復を実感することが出来ます。

正確には手術後はすでに視力は回復しているのですが、薬の影響でぼやけて見えていたり眩しく感じたりしてしまうので見えづらくなり、視力が上がっていないと感じます。

しかし、翌日には薬は消えますので、視界がはっきりとしてきます。
視力の回復には個人差がありますが、翌日に視力の回復を実感出来る可能性があるのは、レーシックの大きなメリットですね。

視力が完全に安定するには約3ヶ月かかる

視力が完全に安定するには約3ヶ月かかる

先程述べたように、視力の回復には個人差が大きくなります。
翌日にははっきりと視界を手に入れることができる人がいる一方で、中には数ヶ月安定しない人もいます。

特に術後3ヶ月までは、角膜が再生する加減で視力が安定しずらく、回復したと思ったら少し低下したように感じるなど、視力にばらつきが生じることがあります。

また、ドライアイや夜間異常に眩しく感じてしまうハロ・グレアなどの合併症も、視力が安定するまでは発生しやすくなります。

はっきりと視力が回復し安定するのは約3ヶ月かかりますので、その意味でも定期検査をしっかりと受けておく必要があります。

3ヶ月後に適応検査があるのは、その期間を目安にして視力を回復しているかどうかを判断するためですので、忘れずきちんと検査を受けましょう。

↑目次に戻る

レーシックの術後の注意点

レーシックの術後の注意点

レーシックは安全性が高い手術になりますが、あくまでも手術ですので、目に大きな負担がかかってしまいます。

レーザーで角膜を切り開いているので、術後は目を安静にしておく必要があります。
術後の期間によって注意点が異なりますので、気をつけるようにしましょう。

帰宅するまで

帰宅するまで

術後の安静にしてから帰宅するまでからの注意点のまとめです。

  • 目を強くこすらないようにする
  • 帰宅までは人混みを避けるようにする
  • 当日の化粧、入浴、洗顔は翌日から
  • スポーツや車の運転をしない
  • テレビやパソコンなどの目を酷使することはしない

特に、目を強くこすることは絶対にしないようにしましょう。
麻酔が切れてくると軽い痛みを伴ってくるので、目をこすりたくなったり押さえたくなったりします。
ですが、目をこするとせっかく作ったフラップがずれてしまうことがあり、細菌が入ったり視力が低下したりする危険性を招くことがあります。

また、人混みの中を帰ると、視力が安定していないので人にぶつかってしまう恐れがあります。
危ないですから、ラッシュ時を避けて帰宅することがベストです。

手術当日は、目はかなり負担がかかっていますので、テレビやスマホを見たい気持ちはわかりますが、目を休めて回復を早めてあげるようにしましょう。

術後1週間

視力が回復して安定してくる術後1週間ですが、まだまだ角膜は安定していません。
そのために注意すべきことはまだまだあります。
術後1週間で気をつけなければならないこと

  • アイメイクはできるだけ控える
  • 美容院は1週間をすぎてから
  • 激しい運動をしないようにする

アイメイクは女性にとっては控えることが難しいかもしれませんが、アイメイクの成分が目に入ると目をこすったり、感染症のリスクも上がったりしてしまいますので、控えるようにしましょうね。
視力は回復してきても、術後1週間ではフラップは安定していませんので、まだまだ目に負荷を掛けることはしないようにしましょう。

また、術後1週間すると車の運転することは可能ですが、夜間の運転は控えることが望ましいです。
3ヶ月まではハロ・グレアの症状が現れることがありますので、運転をすることは非常に危険があります。

出来る限り他の人に運転してもらうか、公共交通機関を利用するようにしましょう。

術後3ヶ月

術後3ヶ月

術後3ヶ月すると視力はほとんどの人が安定してきます。
なので、多くかかっていた制限もだいぶと少なくなってきますが、それでもいくつかの制限はあります。
術後3ヶ月の注意点は

  • 目の酷使をしないようにする
  • 格闘技などは控えるようにする

となってきます。
術後の3ヶ月検査は一区切りともいえますので、この検査を何もなく終えるとレーシックの手術としては一段落となります。

しかし、目の酷使などは術後3ヶ月といわず、レーシックを受けてからずっと気をつけるようにしましょう。
目に長時間負荷をかけていると、再び角膜はカーブしてきてしまい、視力の低下につながってしまいます。
レーシック後は術前よりも一層目をいたわり、健康であるように務めるようにしましょう。

↑目次に戻る

レーシックで人気のクリニック

レーシックを行っているクリニックは多く存在します。

レーシックは近くの眼科や大学病院などでも行うことが出来ますが、大手のクリニックだと術式も多く、症例数が多いために質の良い手術を受けることができる場合もあります。

また、費用も大手のクリニックだと競合になるために安価で受けることが出来ますので、レーシックを受ける際にはいくつかのクリニックに相談してみましょう。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費(※表示料金はスタンダードレーシック手術費)
  • 無料適応検査実施中
  • 安心の長期保証制度
公式ホームページ
住所 東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00〜20:00
アクセス JR有楽町「銀座口、中央口」から徒歩1分/東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線の「銀座駅」から連絡通路あり
費用 スタンダードレーシック 7万円、イントラレーシック 8.6万円、Zレーシック 20.4万円、ラゼック 16.5万円

レーシックといえば品川近視クリニック、と想像する人が多いくらい代表的なレーシックの大手クリニックになります。
症例数も120万件を超えており、アフターケアもしっかりしてくれるので信頼出来るクリニックです。
大手クリニックの中でも、費用が安く設定されているのも魅力です。

そんな品川近視クリニックに直接取材してきました!
当クリニックでは、検査から手術までを丸1日で行えるプランもあり、通いやすく魅力的ですね。
他にもドクターの雰囲気や人気の手術法まで徹底的にまとめましたので、ぜひ併せてご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
公式ホームページ
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-46-3西武新宿駅前ビル7F
電話番号 0120-66-0149
診療時間 10:00〜19:00
アクセス 西武新宿線 新宿駅北口 徒歩すぐ
費用 イントラレーシック 19.8万円、カスタムフィットレーシック 27.8万円、

新宿近視クリニックも大手クリニックとして有名で、多くの著名人がレーシックの手術を受けています。
また、レーシックの本場のアメリカに留学している医師も在籍しているので、安心してレーシックを受けることも出来ます。
経験豊富な眼科医が多く在籍しているクリニックになります。

当サイトの編集部員が、新宿近視クリニックへ突撃取材をしてきました!
最新の術式ICLや合併症のリスクなど、レーシック手術を受けるか迷っている人にぜひ読んでいただきたい内容となっています。
気になる方は併せてご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度
公式ホームページ
住所 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
電話番号 0120-049-035
診療時間 10:00〜19:00(毎週火曜日、年末年始 休診)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 直結徒歩2分
費用 スタンダードレーシック 15万円、イントラレーシック 25万円、アイレーシック 37万円

神戸神奈川アイクリニックは大手のレーシックのクリニックで、全国に5ヶ所ほど開院されています。
96.8%の満足度を誇り、20年以上のキャリアがある眼科医が多く在籍しているために、安心して手術を受けることが出来ます。

神戸神奈川アイクリニックへ突撃取材をしてきました。

医師自身がレーシック手術を受けているため、患者に親身になって執刀してくれます。

ですから、ベルトコンベア式な診療はせず、安心して治療できます。
その様子がよく分かる取材となっていますので、ぜひ併せてご覧ください。

最終更新日: 2018-02-16

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。