1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックとPRKの違いを徹底比較!おすすめのクリニックはここ!

レーシックとPRKの違いを徹底比較!おすすめのクリニックはここ!

レーシックを受けるか?PRKを受けるか?迷っている方いませんか?ここでは、それぞれのメリット・デメリットを徹底比較!チェックしてみましょう。

レーシックとPRKの違いとは?

レーシックとPRKの違いとは?

レーシックとは

手術の流れ

レーシックを受ける前には、必ず適応検査を受けます。
適応検査はレーシック手術を受けられるかどうかを調べる検査です。
視力測定や眼圧測定だけではなく、眼底検査・角膜の状態など幅広くチェックします。
そのため、2~3時間程度かかることが一般的です。

また、レーシック手術について不安なことや悩んでいること、わからないことなどについて相談することができます。
手術はリスクなどの説明を受け、同意・納得してから受けるようにしましょう。

手術時間は15分~20分程度で終了します。
手術中は、目薬の麻酔をするため特に痛みを感じることはありません。

手術内容は、フラップと呼ばれる角膜を薄く削ったフタのようなものを作り、その下部分にレーザーを照射することで視力矯正を行います。
その後、フラップを元の位置に戻して終了です。

メリット

  • PRKに比べて痛みが少ない
  • 手術は1日で終わる

レーシックではフラップによる角膜保護ができるため、PRKに比べると術後の痛みを感じる程度は少なくて済みます。

またPRKと違い、両眼同時で手術を受けることができるため手術は1日で終了します。

デメリット

  • フラップがずれることがある
  • PRKより角膜拡張症のリスクが高い

レーシックの手術後、激しい格闘技や運動を行うことによってフラップがズレてしまうことがあります。
フラップのズレると乱視が強くなったり、視力低下を起こしたりすることが考えられます。

角膜拡張症とは、円錐角膜(えんすいかくまく)とも呼ばれ、角膜が薄くなることで前の方に円錐状に角膜が突出してくる症状のことを言います。

レーシックの術後、約2500例に1例起こると言われていますが、PRKの場合はさらにその5%の確率で起こるとされているため、「PRKの方が角膜拡張症になりにくい」と言えます。

PRKとは

PRKとは

PRKの流れ

PRK手術では、ほぼレーシック手術と変わらない経過をたどりますが、最も異なる点としては「PRKではフラップを作らない」ということです。

手術の仕組みとしては、アルコールでふやかしたり(ラゼックと呼ばれる術式)、レーザーを直接照射したりして角膜を取り除きます。

両眼を同時に手術してしまうと、日常生活に支障を来してしまうため片眼ずつ手術することになります。

メリット

  • 角膜が薄い人も受けられる
  • 激しいスポーツをする人に最適
  • 強度近視でも受けられる

レーシック手術の場合は、角膜を削って視力矯正するため角膜が薄い人は受けることができません。
しかし、PRK手術ではフラップを作る必要がないため、角膜が薄い人でも受けることができます。

また、レーシック手術を受けた後は、フラップがしっかりと固定された後でも、激しい運動によってフラップがずれて、乱視など視力低下を引き起こす可能性があります。
しかしPRKはフラップを作らないため、激しいスポーツをしてもフラップがずれる心配は要りません。

最後に、PRKはかなり厚く角膜をけずることができるため、強度近視の人でも受けることができます。

デメリット

  • 紫外線対策が必要
  • ヘイズが起こりやすい
  • 角膜が再生するまで痛みがある
  • 保護用レンズがずれる可能性も
  • 視力が安定するまでに時間がかかる

PRKでは角膜上皮を削るため、目が紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
角膜上皮が再生するまで保護レンズをつけ、それに加えて紫外線対策をすることも重要です。

この保護レンズは、ずれると痛みを感じることもあります。

PRKではヘイズと呼ばれる後遺症が出やすいと言われています。
ヘイズとは角膜上皮下混濁とも呼ばれ、その名の通り角膜の表面が白く濁ることによって視力低下を起こす後遺症のことです。

PRK手術の場合、直接角膜上皮にレーザー照射を行った後、上皮細胞の分裂が均一に起こらないことによって白く濁ることがあると言われています。

視力が安定するまで時間が掛かるのも、PRK手術のデメリットのひとつです。
かなり個人差はありますが、約1~3ヶ月くらいで角膜上皮が完全に再生するため、そのころ視力が安定すると考えて良いでしょう。

どちらも定期検査は必要

手術後はそのまま自然治癒を待ちますが、フラップがないことで角膜が直接外界の刺激を受けるため、強い痛みを感じてしまいます。

そのため術後は保護用コンタクトレンズを使い、角膜を守ります。
装用する期間は、約1週間程度です。

術後、定期的にチェックします。
異常がないか?視力回復の経過・傷の治癒状態・合併症の早期発見などを確認するとともに、不安なことなどを相談できる機会になります。

↑目次に戻る

レーシックとPRKに共通する合併症・後遺症

レーシックとPRKに共通する合併症後遺症

角膜感染症

ごく稀ではありますが、レーシックやPRK手術後、角膜が細菌やウイルスに感染することがあります。

特に、手術中の衛生状態が悪化しているときに起こりやすくなります。

ステロイド緑内障

手術後の炎症を抑えるための点眼薬の中に、ステロイドが含まれているものがあります。

その副作用として、眼圧が高くなることがあり、それを「ステロイド緑内障」と呼びます。
眼圧が下がらないときには緑内障を治療する点眼薬が追加されることがあります。

ハログレア

手術後、特に夜、光を見た時にぼやけて見えたり(ハロ現象)、光が必要以上に眩しく見える(グレア現象)ようになることがあります。

↑目次に戻る

費用の相場はどれくらい?

費用の相場はどれくらい?

レーシックとPRKの費用の違い

レーシック 両眼7〜40万
PRK 両眼16.5万〜40万

保険でカバーできる?

レーシックもPRKも自費診療ですので、健康保険を使用することはできません。
しかし、自分自身で生命保険や医療保険に加入されている場合、契約内容によって手術代金の一部が支払われることがあります。

これから手術を受けようと考えている方は、ぜひご自身の保険内容を見直してみましょう。

↑目次に戻る

レーシック&PRKどちらも受けることができるおすすめクリニック

レーシックとPRKどちらにしようか迷っている方は、どちらを決定しても良いように、できればどちらの手術も行われている所がおすすめです。
適応検査などしっかりとチェックしてくれるクリニックを紹介します。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度

公式ホームページ

《東京・新宿》

アクセス 東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩2分
診療時間 平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00
休診日 毎週火曜日、年末年始

《大阪・梅田》

アクセス JR大阪駅から徒歩7分
診療時間 平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00
休診日 毎週水曜日、年末年始

《福岡・天神》(岡眼科天神クリニック)

アクセス 地下鉄空港線天神駅3番出口から徒歩1分
診療時間 AM10:00~PM6:00
休診日 毎週水曜日、木曜日、年末年始

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
具体的なレーシック手術の方法や費用、気になる再手術率や手術中の見え方などを詳細に聞いてきました。
ぜひ併せてご覧ください。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中

公式ホームページ

福岡

         
住所 福岡県福岡市中央区天神2-7-21 天神プライム4F※1階に三井住友銀行 天神町支店があります。
  
電話          0120-412-049※10時~20時       
診療時間(休業日)        10時~20時          
交通アクセス      地下鉄2番出口よりお越しください。
博多駅~天神までは地下鉄やバスなどの交通アクセスも豊富です。
  

東京

       
住所          東京都千代田区有楽町2-7-1有楽町イトシアオフィスタワー13F 
診療時間     10時~20時          
交通アクセス          JR有楽町「銀座口」・「中央口」より徒歩1分・東京メトロ 丸の内線/日比谷線/銀座線の「銀座駅」より連絡通路あり

札幌

       
住所         北海道札幌市中央区北4条西5-1アスティ45ビル2F   
電話    0120-412-049※10時~20時            
診療時間        10時~20時          
交通アクセス  JR札幌駅南口出口より西の方角に向かって徒歩5分地下鉄さっぽろ駅より徒歩3分          

名古屋

                     
住所         愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30ORE名駅東ビル3F※1階にセブンイレブンが入ってるビルの3階です。
           
電話    0120-412-049※10時~20時             
診療時間        10時~20時          
交通アクセス  JR名古屋駅「桜通り口」より徒歩7分地下鉄桜通線国際センター駅「3番出口」より徒歩1分

梅田

                     
住所         大阪府大阪市北区梅田2-6-20パシフィックマークス西梅田3F         
電話    0120-412-049※10時~20時             
診療時間        10時~20時        
交通アクセス  JR 大阪環状線 福島駅より 徒歩5分/JR 大阪駅(桜橋口)より 徒歩12分/阪神本線 梅田駅より 徒歩10分/地下鉄四つ橋線 西梅田駅より 徒歩7分/ガーデンアベニュー(地下歩行者道路)をハービスOSAKA方面へ            
電話    0120-412-049※10時~20時      

品川近視クリニックへ取材に行ってきました!
人気の治療法や最新の技術を駆使したレーシック手術の機械など、徹底的に分かりやすくまとめています。
気になる方はぜひご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実

無料相談する
                     
住所         東京都 新宿区 歌舞伎町2-46-3西武新宿駅前ビル7F 
電話    0120-66-0149          
診療時間        10時~19時    

新宿近視クリニックにも、編集部が突撃取材してきました!
合併症のリスクが少ない手術法や、クリニックの強みなどを聞いてきました。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

↑目次に戻る

まとめ

まとめ
レーシック        PRK      
術前:角膜が薄い人強度近視 手術は難しい     手術可能
手術時間    15~20分            5~10分
両眼手術は1日で終わる 〇            
視力回復までにかかる時間   数週間~3か月   1~3か月
費用   両眼7万~40万円   両眼16.5万~40万円 
術後激しいいスポーツ   難しい           できる
術後の痛み         ほぼなし      多少あり
保護用レンズの装用 必要なし      必要あり
ハログレアになる可能性 あり         あり     
ヘイズになる可能性      なりにくい       可能性あり
角膜拡張症になる可能性 可能性あり        なりにくい  

最終更新日: 2018-02-16

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。