1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックの治療にかかる期間はどのくらい?

レーシックの治療にかかる期間はどのくらい?

レーシックの治療を受けてみたいけれど、検査から視力が安定するまで、期間がどれくらいかかるのかは気になりますよね。レーシックの治療や適応検査にかかる時間、術後の回復速度などを、費用やおすすめのクリニックと共にご紹介します。

レーシックの治療にはどのくらい期間がかかる?

適応検査にかかる時間

適応検査にかかる時間

レーシックの治療を受ける前には、適応検査を受ける必要があります。
適応検査にかかる時間は2時間程度です。

適応検査では、角膜の屈折力や厚み、形状など、約10種類の詳細な検査を行い、眼の状態がレーシックに適しているかどうかを判断します。

適応検査で注意すること

  • コンタクトレンズの装用
    コンタクトレンズを使用している場合は、レンズの影響が眼に残っていると正確な検査結果が得られない恐れがあるため、ソフトコンタクトレンズの場合は検査の3日以上前から、ハードコンタクトレンズは検査の2週間以上前から装用を注視する必要があります。

  • 車の運転
    眼底検査や、調整力を取り除いた状態での近視乱視遠視の度数測定のために、散瞳剤(強制的に瞳孔を大きく広げる薬)を点眼する必要があります。
    散瞳剤を点眼した後は一時的に視界がぼやけるなどの症状が現れるため、車の運転は控えるようにしましょう。

  • 化粧
    適応検査当日は様々な機器を使って眼の状態を調べます。
    眼に異物が入ったり、検査をスムーズに進めるためにも、つけまつげなどのアイメイクはできるだけ避けた方が良いでしょう。

一連の検査を受けた後、医師や視能訓練士、レーシックカウンセラーなどによるカウンセリングが行われます。
カウンセリングでは手術の詳しい説明や、合併症・後遺症のリスク、手術に際しての注意事項などが説明されます。
疑問や不安などがある場合は、しっかりと確認しておきましょう。

また、特殊なコンタクトレンズを装用して視力を矯正するオルソケラトロジーでも適応検査は行われます。
適応検査にパスすると、レーシックの場合は手術へ、オルソケラトロジーの場合はトライアルレンズの装用へと進みます。

手術当日にかかる時間

手術当日にかかる時間

レーシックの手術時間は約10分、病院に着いてから帰るまでにかかる時間は1~2時間程度です。

基本的に入院の必要はなく、日帰りで手術を受けることができます。
手術当日は視力や見え方が不安定な状態のため、車の運転は控えるようにしましょう。

適応検査から手術は3ヶ月以内に

適応検査の有効期限は3ヶ月とされています。
適応検査から手術までの期間が3ヶ月以上空いてしまうと、再度検査を受け直さなければならなくなるので注意が必要です。

1日でできるレーシックもある

クリニックによっては、検査と手術が1日でできるプランを提供しているところもあります。

1日レーシックの場合、午前中に適応検査を、午後に手術を行うという流れになります。
忙しくてなかなか時間が取れないという人にはとても便利なプランです。

定期検査

定期検査

レーシックの治療は、手術を受けたらそこで終了というわけではありません。
再手術などのトラブルを予防するためにも、術後の定期検査で眼の状態をしっかりチェックする必要があります。

ほとんどの病院やクリニックでは、手術の翌日、1週間後、3ヶ月後に定期検査を行っています。
定期検査では視力の確認、フラップの状態、炎症の有無、眼圧検査などを行います。

↑目次に戻る

視力が回復・安定するまでにかかる期間は?

レーシックの治療後、視力が回復・安定するまでにかかる期間をご紹介します。

手術の種類によって異なる

手術の種類によって異なる

視力が回復・安定するまでにかかる期間は、個人差のほか、フラップの有無など手術の種類によっても異なります。
いずれの術式も、すぐに視力や見え方が安定するわけではありません。

状態が充分に回復・安定するまでは、事故を未然に防ぐためにも、長距離や夜間の車の運転はできるだけ控えた方が良いでしょう。

レーシック

レーシックの治療を受けた後、日常生活が違和感なく送れるようになるまでには、1週間~1ヶ月程度の期間が必要とされます。
ただし、近視の度合いが強い人は3ヶ月~半年程度かかる場合もあります。

術後1週間頃までは角膜が安定せず、視界がぼやける、物が二重に見えるなどの症状が起こりやすくなります。
また、眼にゴミや水などが入らないようにする、眼を強く擦らない、眼に衝撃を与えないなど、様々な注意を払う必要があります。

後遺症や合併症を引き起こさないためにも、術後1週間~1ヶ月程度は無理のないライフスタイルを心がけましょう。

エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームという機器を使って行う術式です。
エピレーシックでは角膜上皮だけを削ってフラップ(角膜のフタ)を作るため、角膜上皮の再生と共にフラップが自然と剥がれ落ちて治癒するのがメリットです。

しかし、言い換えれば角膜上皮の再生と共に徐々に視力が回復するため、通常のレーシックに比べて視力の回復・安定に時間がかかります。
一般的には1~2ヶ月程度で日常生活に違和感のないレベルまで回復します。

ラゼック

ラゼックとは、エピレーシックで使用するエピケラトームの代わりに、アルコールを使って角膜上皮部分のみにフラップを作成する術式です。

眼にキズのある人、眼が小さい人、角膜が薄い人、激しいスポーツや運動をする人などに適しています。
通常は1週間程度で角膜上皮が再生し、それにあわせて視力や見え方も回復・安定していきます。

角膜上皮が完全に回復・安定するまでには、エピレーシック同様1~2ヶ月程度かかるとされています。

PRK

PRKとは、フラップを作らずに、エキシマレーザーという機器を使って角膜表面にレーザーを照射する術式です。

フラップがないため、術後のフラップの剥がれやズレを気にする必要がなく、激しいスポーツや運動、特に格闘技などをする人に適しています。

また、角膜が薄く通常のレーシックが受けられない人でも、PRKであれば適応可能な場合があります。

PRKの術後は、角膜を保護するための治療用ソフトコンタクトレンズを装用します。
角膜上皮が再生し、視力や見え方が回復・安定するまでには、エピレーシックやラゼック同様1~2ヶ月程度かかります。

レーシックの効果は永久に持続するわけではない

残念ながら、レーシックの効果は永久に持続するわけではありません。

1度は視力が回復しても、元々の体質や術後のライフスタイルなど様々な原因によって再び視力低下が起こり、再手術となるケースもあります。

レーシックの治療を受けた後、再手術になる確率は3~10%程度といわれています。

↑目次に戻る

費用はどれくらいかかるの?

費用はどれくらいかかるの?

相場

一般的なレーシックの相場は15~25万円前後です。
治療を受ける病院やクリニックにもよりますが、安いものでは7万円前後から、高額なものでは50万前後まで、様々なプランが用意されています。

保険は適用される?

レーシックは自由診療のカテゴリーに分類されるため、一般的な健康保険は適用されません。
そのため、治療にかかる費用は全額自己負担となります。
ただし、民間の保険会社と契約をしている場合は手術給付金の対象となりますので、費用の一部を保険金でカバーすることが可能です。

医療費控除は受けられる?

医療費控除は受けられる?

前述のように、レーシックは自由診療のため、治療には数万円~数十万円の費用がかかります。
そんな時に助かるのが医療費控除です。

医療費控除とは、生計を一緒にする家族全員の医療費が年間で10万円を超えた場合、かかった医療費から10万円(所得が200万円以下の場合は、所得の5%)を差し引いた残りの1割が税金から還元される制度です。

医療費控除を受けるためには、会社員であれば会社への申請が、自営業であれば確定申告書の提出が必要となります。
申請が認められれば控除を受けることができます。

↑目次に戻る

レーシックでおすすめのクリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中

公式ホームページ

国内で最大級の近視矯正専門クリニックです。
121万症例以上の豊富な実績と、98.6%の顧客満足度を誇り、レーシックだけでなく、眼に関する様々な治療を受けることができます。
芸能人やスポーツ選手などの顧客も多く、公式ホームページでは実際に治療を受けた人の体験談を読むことも可能です。
無料で治療が受けられるモニター制度、家族や友人を招待すると割引サービスが受けられる招待制度、無料託児所、遠方からの交通費補助制度など、各種サービス&制度の充実も人気の理由となっています。

各クリニックへのアクセスは以下の通りです。

東京院 JR有楽町駅から徒歩1分
札幌院 地下鉄さっぽろ駅から徒歩3分
名古屋院 JR名古屋駅から徒歩7分
梅田院 JR大阪環状線福島駅から徒歩5分
福岡院 地下鉄空港線天神駅から徒歩2分

診療時間はいずれもAM10:00~PM8:00です。

品川近視クリニックに直接取材してきました!
クリニックの魅力はもちろん、治療中の様子も聞いてきたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 準備なしの当日OK
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実

無料相談する

レーシック、老眼治療、白内障治療、眼内レンズを装用して近視や遠視、乱視を矯正するICL、睡眠中にコンタクトレンズを装用して角膜の形状を変化させ近視を矯正するオルソケラトロジー、円錐角膜に有効な角膜リング&角膜強化法など、様々な最新治療を行っているクリニックです。
豊富な経験を持つ眼科専門医、看護師、視能訓練士、臨床工学技士などが連携して、質の高い医療を提供しています。

アクセスは、西部新宿駅北口から徒歩1分ほどの場所にあります。
診療時間はAM10:00~PM7:00です。

こちらは新宿近視クリニックの取材記事です。
人気の治療法やそのメリット、クリニックのウリなども聞いてまとめました。
ぜひご覧ください!

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度

公式ホームページ

連携先のオプティカルエクスプレスグループも含めると145万症例を超える実績を持つクリニックです。
患者の身になって行われる丁寧なインフォームドコンセント、そして充実のアフターフォローには定評があります。
治療の内容も幅広く、レーシックの他にICL、老眼治療、白内障治療、オルソケラトロジー、一般眼科保険診療などを行っています。

各クリニックへのアクセスと診療時間は以下の通りです。

《東京・新宿》

アクセス 東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩2分
診療時間 平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00
休診日 毎週火曜日、年末年始

《大阪・梅田》

アクセス JR大阪駅から徒歩7分
診療時間 平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00
休診日 毎週水曜日、年末年始

《福岡・天神》(岡眼科天神クリニック)

アクセス 地下鉄空港線天神駅3番出口から徒歩1分
診療時間 AM10:00~PM6:00
休診日 毎週水曜日、木曜日、年末年始

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
具体的なレーシックの術式の選び方や、気になる再手術率など、詳細に聞いてきました。
ぜひ併せてご覧ください。

最終更新日: 2018-02-16

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。