1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術のフラップはずれることもあるの?安定するまでの期間とは

レーシック手術のフラップはずれることもあるの?安定するまでの期間とは

レーシック手術でよく耳にする「フラップ」ですが、実ははずれたり、ずれたりすることがあるって知っていますか?ここでは、そのフラップが安定するまでの期間や外れたときの治療法について紹介します。

フラップとは

フラップとは
出典:www.surfits.com

レーシックの手術の説明時に良く耳にする「フラップ」ですが、一体どのようなものなのかご存知ですか?

レーシックのフラップは、いわゆる角膜を切り開く時に出来るフタの事を指します。
フラップがあることでレーシックを行う時に多くのメリットがあり、レーシックを行う上ではかかせないものです。

角膜は5つの層から形成されていますが、レーシックでは一番上の角膜上皮層とボーマン膜を切り取り、フラップを作成します。

この時のフラップはわずか150μm程度の厚さで、角膜自体、直径12mm、厚さは0.55mmほどになるので角膜の中のとても薄い膜を作ることになります。

フラップとは
出典:www.santen.co.jp

重要な役割がある

フラップは、レーシックで重要な役割があると述べましたが、それは術後に発揮されます。
フラップを作ることはどのような役割があるのでしょうか?

痛みを軽減する

痛みを軽減する

レーシックは手術中、麻酔をかけてレーザーを照射しますが、この際麻酔が切れても痛みを感じることが少ないのは、フラップがあるためです。

角膜は元々痛みを感じやすく、少しの傷や異物で痛みを感じます。

レーシックはレーザーで角膜を照射しますが、フラップがあることで目を痛みから守り、負担を軽減させる働きがあります。
術後、数日経てば痛みを感じることはほぼありません。

細菌から目を守る

細菌から目を守る

フラップには角膜を保護する働きがあります。
フラップの下はエキシマレーザーによって、傷をつけられた状態でフラップがなければ細菌やホコリが入ってしまい炎症を起こしたり角膜が混濁してしまうリスクが低くなります。

別の物で保護すると拒絶反応を起こしてしまうことがありますが、フラップは自分の角膜で作られたフタなので拒絶反応を起こす心配もありません。

レーシック手術別のフラップの作り方の違い

今ではレーシックや視力矯正方法には多くの種類があります。

以前のフラップはマイクロケラトームという眼球専用のカンナのような器具で作成していましたが多くのリスクが有り、現在は電子制御された機械を用いてフラップを作ることが多くなっています。

しかし電子制御された機械だと、料金が上がってしまう事が多く、リスクはあれどマイクロケラトームで手術を行う人が多いのも現状です。

レーシック

レーシック

一般的に言われているレーシックとは、マイクロケラトームという眼球専用のカンナのような器具で、角膜を固定してフラップを作成、その後エキシマレーザーで視力の矯正を行います。

料金が安く、気軽に受ける事ができる反面、フラップの作成は医師の腕にかかっていたりマイクロケラトームの管理がずさんであったら感染症などのリスクがあります。

レーシックでは、いかにマイクロケラトームで薄いフラップを作られるかが鍵になります。

イントラレーシック

イントラレーシックとは、イントラレースiFS等の機械によりレーザーを使用してフラップを作成する方法です。

イントラレーシックの最大の利点は、電子制御でフラップを正確かつ精密に作成することが出来るということです。
マイクロケラトームは医師の経験や技術が多く関わっていましたが、イントラレーシックの場合には機械が制御してくれているために、薄くきれいなフラップを作ることが出来ます。

マイクロケラトームを使用したレーシックよりは値段が上がってしまいますが、器具が直接目に触れないので感染症のリスクは減少します。

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは、1人1人の角膜の状態に合わせて視力を矯正する方法ですが、ウェーブフロントレーシックの場合フラップはマイクロケラトームで作成されます。

フラップ自体はマイクロケラトームでの作成になるのですが、ウェーブフロントレーシックでは角膜の状態をウェーブスキャンという機械を用いて検査しデータを取った上で矯正を行うので、不正乱視などの今までレーシックで矯正することができなかった症状も、視力を回復することができます。

エピレーシック

エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームという機械でフラップを作成する方法です。
エピケラトームでは、通常のレーシックで作成するフラップよりも薄いフラップを作成することができます。

他のフラップは約150μmの厚さですが、エピケラトームでは50μm程度の厚さで1番外側の角膜上皮層のみを切り開くことができます。

他のレーシックでは角膜実質層やボーマン膜などまで切りますが、エピレーシックでは角膜上皮層のみなので、角膜が薄かったり、近視が強すぎてレーシックを受けることができなかった人でも手術を受けられるようになりました。

角膜上皮層は再生する力を持っているので、エピレーシックで形成された角膜はいずれはがれてしまい、新しい角膜上皮層が出来上がります。

しかしエピレーシックは、フラップが薄いために手術後はコンタクトレンズを装着する必要があります。
術後約1週間ほどで新しい角膜上皮層が出来上がります。

ラゼック(LASEK)

ラゼック(LASEK)
出典:lasik.1192.tv

ラゼックは、エピレーシックと同様にフラップは角膜上皮層のみで形成するので角膜が薄かったり強度の近視の人に適しています。

しかし、ラゼックはエピレーシックとフラップの作り方が異なり、レーザーやマイクロケラトームなどで形成するのではなく、アルコールに角膜上皮層を浸してふやかして角膜の上皮を取り除きます。

ラゼックではフラップがずれる心配がいらないので、格闘技などの激しいスポーツをしている人にも向いています。

ラゼックも角膜上皮層なので、最初はコンタクトレンズを装着したまま過ごし、いずれはがれて新しい角膜上皮層と入れ替わりますが、それまでは痛みを感じることがあります。

↑目次に戻る

フラップがくっつくまでの期間はどのくらい?

フラップがくっつくまでの期間はどのくらい?

レーシック後、フラップがどのくらいで安定するかですが、おおよそ1週間程度で自然治癒し接着してきます。
しかし、強度をまして癒着するまでは約3ヶ月ほどかかります。

よく、フラップが完全にくっついて完治する期間がどの程度かと思う人がいるかもしれません。

エピレーシックやラゼックといった角膜上皮層に作られたフラップは、角膜上皮層が再生するのを利用して自然に剥がれ新しい膜と入れ替わりますが、1度はがした角膜は元のようにはくっつくことはありません。

あくまでも安定するということなので、元のように戻ることはないので注意が必要です。

強い衝撃が加わるとずれたり、しわができたりすることも

先程述べたように、安定はしてもフラップが再び角膜にくっつくことはありません。
なので、安定したとしても、事故や格闘技などの目に何らかの強い衝撃があたってしまうとフラップごとはがれてしまう危険があります。

フラップごと角膜がはがれてしまうと、ボーマン膜などは再生しないので視力の低下を起こしてしまったり、細菌が入って感染症にかかってしまうことがあります。

格闘技などをされる場合には、エピレーシックやラゼックなどの術式を検討してみましょう。

レーシックでは薄い角膜を更に薄くしてしまうので、リスクは必ず生じてきます。
今は多くの術式があるので、しっかりと医師と相談し自分にあったレーシックを選ぶようにしましょうね。

スポーツをする方でレーシックを検討されている方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

↑目次に戻る

フラップがずれたり、外れたりしたときに現れる症状

フラップがずれたり、外れたりしたときに現れる症状

フラップには手術後は強い衝撃を与えないというのが大前提に鳴っていますが、事故などは避けようがないですよね。
もし、強い衝撃が加わりフラップがずれてしまったりしわになってしまうと、目はそんな症状が現れるのでしょうか?

異物感

軽いずれやしわであったら、多くの人が感じるのは異物感や痛みです。
特にまばたきをする際などに違和感を感じる事が多く、ゴロゴロする、まつげなどが入ったような軽い痛みを感じるという人もいます。

レーシックを受けた後に、このような違和感を感じた場合には、すぐにクリニックに連絡をして診てもらう必要があります。

不正乱視

不正乱視

フラップがしわになってしまうと、角膜の表面に凹凸ができてしまいます。
そうすると光を一点に集めることができず、不正乱視のような見え方になってしまいます。

角膜の表面が凹凸が出来てしまい光が一点に集まらないことを乱視の中でも不正乱視といいます。

不正乱視になると通常のレーシックで治療することは難しく、メガネやソフトコンタクトレンズでも矯正することは難しいくなってしまい、結果的に視力が低下してしまいます。

せっかくレーシックを受けて視力を回復しても、思わぬ衝撃で視力が悪くなってしまうというリスクがあることも覚えておかなければなりません。

フラップ内に炎症を起こることも

通常のレーシックではボーマン膜のあたりもフラップを作る際に切り開いてしまいますが、角膜上皮層のようにボーマン膜は再生する力を持ち合わせておらず、一度傷がつくと生涯再生することはありません。

なので、強い衝撃が加わりフラップがはがれてしまうと、ボーマン膜周辺まで外気に触れてしまします。
そうなると、細菌感染をおこして炎症や充血などの症状が出ます。

感染症は放おって置くと視力低下を引き起こしたり、最悪の場合には失明になる場合もあるので、目が充血して治まらない、痛みがある、視界が濁って見えるなどの状態になった時にはすぐに医師に診てもらうようにしましょう。

↑目次に戻る

もしフラップがずれたら再手術はできる?

手術後なんらかの原因でフラップがずれてしまった場合には、すみやかにクリニックに連絡しましょう。
多くのクリニックでは、治療を行ってくれるので早期治療をすることをおすすめします。

ずれたフラップの中に細菌が入ってしまった場合、フラップをめくって内側を洗浄し、元に戻します。
その後、安静にして角膜が癒着するのを数週間待ちます。

フラップがずれたかもしれないと思った時には、クリニックにすぐに連絡しましょうね。

フラップが安定するまでの期間は安静に

フラップが安定するまでの期間は安静に

レーシックの手術後に、目を安静にするように言われますが、具体的にどう過ごせばいいのでしょうか?

安静にするというのは、パソコンなどを長時間見たりして目が疲れないようにすることも大切ですが、目をこすらないようにすることも大切になってきます。

目をこするとフラップがずれてしまう危険があるので、術後1週間は必ずこすらないようにしましょう。
1週間を過ぎた当たりから、フラップは接着してくるので、ゴミがはいったときなどに多少目をこすったりと普段通りの生活にもどっても大丈夫です。

安定してくる3ヶ月をすぎるまでは、ゴシゴシと目をこすったり、化粧の際に目に入らないようにしたりと制限がかかった過ごし方をしなければなりません。

少し辛抱が必要になってきますが、レーシックはあくまで手術ですのでしっかりと指示を守り注意すべきところはきちんと気をつけましょう。

↑目次に戻る

フラップを作らないフラップレス・レーシック「PRK」とは

フラップを作らないフラップレスレーシック「PRK」とは

最新のレーシックの術式で「PRK」というものがあります。
これは、従来ポイントとなっていたフラップを作らずに、レーシックの手術を行う方法です。

PRKは角膜上皮層を剥がしてレーザーを照射しますがフタを作らないので、先程の強い衝撃などに耐えることができ、リスクが比較的少ないのが特徴です。

目に衝撃があたる可能性があるボクシングなどの格闘技や、角膜が薄い人、強度近視の人なども手術を行うことができる上に、視力の安定もレーシックよりもあると近年見直されています。

PRKのメリット、デメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

メリット

PRKは多くのメリットがありますが、代表的なものとしてこのようなものがあります。

  • フラップによる合併症などかない
  • フラップを作る際の吸引がないために緑内障でも手術をすることが出来る
  • 事故などによる衝撃があってもずれたりすることはない
  • 高度近視や高度乱視などの人や角膜が薄い人も手術が可能
  • 格闘技などのスポーツをする人に向いている

フラップを作らないことで術後の生活に制限が少ないこともあり、格闘技などのスポーツ選手には向いている術式です。

また、角膜が薄い人や強度近視などの人は従来のレーシックは手術することができませんでしたが、PRKは手術可能になります。
多くの人に視力が回復する可能性が増えることは、大きなメリットですよね。

デメリット

PRKのデメリットとしては、このようなものがあります。

  • 角膜上皮層を剥がしてしまうので、痛みがある
  • レーシックよりも視力の安定が遅い
  • 紫外線が原因で角膜が濁ることがある
  • レーシックの手術よりも高額

PRKは、角膜上皮層を剥がし直接レーザーをあてて視力を矯正するので、フラップを作らない分痛みは1週間程残ってしまいます。
レーシックでは痛みは少なく、翌日には殆どの人が痛みを感じなかったのに対し、PRKは痛みが続いてしまいます。

また、角膜が再生するまではすぐに視力は回復せず、ぼやけてしまうことがあるので、重要な予定などがあったり、運転などをしなければならない場合には、その期間をさけて手術することが必要になってきます。

↑目次に戻る

レーシックを受けられるおすすめクリニック

今やレーシックは多くのクリニックや眼科で行われていますが、PRK、エピレーシック、ラゼックといった術式は大手のクリニックや専門の病院でしか行われていないことがあります。

しかし、大手のクリニックでは各都市部に開院されているので、一度問い合わせをしてみましょう。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

神戸神奈川アイクリニックではPRK、エピレーシック、ラセックも取り扱っていて、適応検査は無料で受けることができます。

公式ホームページ
住所 東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー35F
電話番号 0120-049-035
診療時間 10:00〜19:00
(毎週火曜日、年末年始 休診)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 直結徒歩2分
費用 レーシック 15万円
アイレーシック 37万円
エピレーシック、ラゼック、PRK 25万円

神戸神奈川アイクリニックは、全国の5つの都市にクリニックがあるので、近いクリニックを選ぶことが出来ます。
また手術後の満足度も96.8%と高い率を誇っているので、手術に不安な方も安心して手術を受けることが出来ます。

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
具体的な手術方法や見え方などを詳細に聞いてきたので、気になる方はぜひご覧ください。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中
公式ホームページ
住所 東京都千代田区有楽町2-7-1
有楽町イトシアオフィスタワー13F
電話番号 0120-412-772
診療時間 10:00〜20:00
アクセス JR有楽町「銀座口、中央口」から徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線の「銀座駅」から連絡通路あり
費用 スタンダードレーシック 7万円
イントラレーシック 8,6万円
ラゼック、エピレーシック 16.5万円

品川近視クリニックは、レーシックの大手専門クリニックで、多くの著名人もレーシックの手術を受けています。
無料の託児所があったり交通費が補助されたりと、子どもをもつ方にも受けやすくなっています。

ラゼックやエピレーシックは東京院でしか受けることができないので、注意してくださいね。

品川近視クリニックに取材してきました!
ご自身も手術を受けているという副医院長先生にお話を聞いてきましたので、ぜひご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
無料相談する
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-46-3西武新宿駅前ビル7F
電話番号 0120-66-0149
診療時間 10:00〜19:00
アクセス 西武新宿線 新宿駅北口 徒歩すぐ
費用 イントラレーシック 19.8万円
カスタムフィットイントラレーシック 27.8万円
ラゼック 23.8万円

新宿近視クリニックも症例数が多く、代表的なレーシックの専門院です。
新宿近視クリニックでは、ラゼックを受けることは出来ますが、エピレーシックは治療を受けることは出来ません。

とは言っても多くの手術方法があるので自分に合った手術方法を一度相談してみてくださいね。

新宿近視クリニックに取材をしてきた記事がこちらです。
視力回復を全力でサポートしてくださること間違いなし!そんなクリニックが気になる方はぜひご覧ください。

最終更新日: 2018-02-16

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。