1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術後のスポーツ・運動はいつからできる?レーシックが与える影響まとめ

レーシック手術後のスポーツ・運動はいつからできる?レーシックが与える影響まとめ

屈折矯正で視力を回復させる治療方法として注目を集めるレーシックですが、スポーツや運動をする人にとっては手術後の影響が気になるところですよね。スポーツや運動の再開時期や視力に与える影響について、詳しくご紹介します。

レーシックはスポーツや運動に影響があるの?

レーシックはスポーツや運動に影響があるの?

スポーツをする人には、めがねやコンタクトが不便なのでレーシック手術を考えている、という方もいるかと思います。

それではレーシックスポーツや運動にどのような影響を与えるのでしょうか?

職業や仕事への影響は?

レーシックには、適している職業と適さない職業があります。
レーシックに適しているのは、メガネやコンタクトレンズの装用が仕事の妨げになる職業の人です。
例えば、プロのスポーツ選手や芸能人、就寝中に緊急事態が発生する可能性のある消防士、自衛隊員、医師、看護師などはレーシックに適している職業といえます。

一方、ボクシングや空手など、頭部に強い衝撃を受ける可能性のあるスポーツの選手は、眼に衝撃を受けた際にフラップ(レーシック手術の際に作る角膜のフタ)がずれてしまうリスクがあるため、レーシックには適していません。

パイロット、競艇選手など、一部の特殊な職業ではレーシック手術を受けることが禁止されており、万が一レーシックを受けた場合は受験資格を失ってしまいます。

↑目次に戻る

手術後の制限について

レーシック手術を受けた直後は、日常生活においていくつか制限があります。
以下に主なものをご紹介します。

入浴 手術翌日の検診で問題がなければ可能です。
ただし、術後1週間は感染症を起こしやすいので、眼に水やお湯が入らないように注意が必要です。
仕事 手術翌日の検診で問題がなければ再開可能です。
野外でのハードな仕事や、体を酷使する仕事の場合は、2~3日休息をとってから再開するようにしましょう。
飲酒 術後3日目から可能です。
アイメイク 術後3日目から可能ですが、感染症を避けるためには術後1週間程度は控えた方が良いでしょう。
車の運転 見え方が安定するまで、夜間や長時間の運転は控えましょう。

術後に無理をしたり、眼を強くこする、ぶつけるなどの衝撃を与えたりするとフラップが外れてしまう恐れもあります。
質の高い見え方を手に入れるためにも、術後はできるだけ安静に過ごしてください。

↑目次に戻る

スポーツ・運動はいつから再開できる?

レーシック手術後、スポーツや運動はいつから再開できるのでしょうか?

状態によって再開できる時期は異なる

レーシック手術を受けたからといって、すぐに視力が回復するわけではありません。
一般的に手術の直後はフラップがむくみ、視界にもやがかかったような状態になります。

ほとんどのケースでは、翌日には視界がクリアになり、メガネやコンタクトレンズを使わずに日常生活を送れるようになりますが、視力が完全に安定するまでにはさらに数ヶ月かかります。

スポーツや運動を再開できる時期は、レーシックを受けるクリニックや、術前、術後の目の状態によっても異なることを、あらかじめ理解しておく必要があります。

約1週間後からできるもの

約1週間後からできるもの

レーシック手術の約1週間後からできるスポーツ・運動としては、ヨガ、ボウリング、ビリヤード、ゴルフなどの激しい動きがないスポーツが挙げられます。

登山、ジョギング、ランニング、筋トレ、陸上競技なども可能ですが、ハードになりすぎないように注意してください。

この時期のハードな運動は、フラップのずれや眼の炎症を引き起こしかねません。
無用なリスクを避けるためにも、できるだけ安静を心掛けるようにしましょう。

約2週間後からできるもの

手術の約2週間後になると、ある程度体を動かすスポーツや運動もできるようになります。

ただし、テニス、サッカー、野球、バスケットボールといった球技は、眼にボールが当たるリスクがあるため避けた方が賢明です。

前述の通り、レーシック手術後しばらくの間はフラップがずれやすく、眼をこする、眼に物が当たるなどの衝撃が原因でトラブルを引き起こしかねません。
そういった理由から、テニスやサッカーなどの球技は手術後1ヶ月程度は控えるべきとされています。

約1ヶ月後からできるもの

約1ヶ月後からできるもの

手術から約1ヶ月が経過すると、再開可能なスポーツ・運動の幅もぐっと広がります。
プール、水泳、海、サーフィン、スキューバーダイビングなどの眼が直接水に触れるスポーツや、柔道、空手、相撲、ラグビー、レスリング、ボクシング、格闘技などの眼に直接衝撃を受けるリスクがあるスポーツも再開可能です。

さらに手術から約3ヶ月後になると視力が安定し、手術前と同じようにスポーツや運動を楽しめるようになります。

↑目次に戻る

スポーツ・運動に適したレーシックの術式

格闘技やボクシングのような激しいスポーツ・運動に適しているレーシックの術式をご紹介します。

アイレーシック

アイレーシック

アイレーシックは、従来のレーシックのデメリットを克服した最新の術式です。
NASAと米国国防省のパイロットが唯一受けることのできる術式としても知られています。

アイレーシックのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 手術時の痛みが無い
  • 視力の回復スピードが速い
  • 一人ひとりの眼に合わせたオーダーメイドの矯正が可能
  • フラップのトラブルがない
  • レーシック不適応の人でも受けられる

しかし、従来のレーシックより高度な技術を要するため、手術費用は高額になります。

エピレーシック

エピレーシックはエピケラトームという機器を使って角膜の上皮部分のみを削る術式です。
従来のレーシックよりも薄いフラップを作ることができるため、角膜の厚みが足りずレーシックが受けられない人でも、エピレーシックであれば適応可能なケースも少なくありません。

エピレーシックで作られたフラップは手術後しばらくすると角膜の新陳代謝によって自然に消失するため、激しいスポーツや運動をする人にも適しているとされています。

PRK

PRK

PRKはフラップを作らずに角膜の表面にレーザーを照射する術式です。
フラップがずれたり剥がれたりする心配がないため、格闘技やボクシングといったスポーツをする人には適した術式といえます。

ただしフラップがないため、角膜上皮が再生するまでの期間は、治療用ソフトコンタクトレンズで角膜を保護する必要があります。
また、視力の回復には少し時間がかかるケースもあります。

ラゼック

ラゼックはレーザーの代わりにアルコールを使用して角膜上皮部分のみのフラップを作成する術式です。

眼にキズのある人、眼の小さい人、角膜が薄い人、激しいスポーツや運動をする人に適した術式とされています。

レーシックではなく、オルソケラトロジーという選択も!

オルソケラトロジーはレーシックと違って手術をせずに視力を回復させる方法で、最近注目を集めている視力矯正方法です。

就寝時に特殊なコンタクトレンズを装着して視力を回復させる治療法です。

レーザーやメスで角膜を削る必要がないため、後遺症などのリスクを大幅に低減させることが可能です。

もちろんフラップも作成しないため、フラップのずれや外れを気にせずに運動を続けることができます。

オルソケラトロジーの詳しい情報は、こちらの記事を参考にしてください。

↑目次に戻る

レーシックを受けたスポーツ選手の体験談

実際にレーシックを受けたスポーツ選手の体験談をご紹介します。

平塚 哲二さん(プロゴルファー)

平塚 哲二さん(プロゴルファー)
出典:www.pawanavi.com

視力が回復したことによって、自分の打った球の方向、球筋、距離感をはっきりと自分の目で捉えられるようになり、コース戦略をより的確に行えるようになりました。
また、目の中にゴミが入ってコンタクトレンズを取り外すような、煩わしさが無くなり、プレーに集中する事ができるようになりました。
本当に手術を受けて良かったと思います。

角田 信朗さん(格闘家)

角田 信朗さん(格闘家)
出典:matome.naver.jp

常に裸眼で生活できることが何より嬉しいです。
今までメガネ無しではできなかった映画を見ることや車の運転などが、裸眼でできることに幸せを感じています。
ひとつ悔やまれるのが、「もっと早く受けておけば良かった」ということです。

山野 哲也さん(レーサー)

山野 哲也さん(レーサー)
出典:photozou.jp

とてもよく見える。
施術してもらいよかったです。

引用元: www.sbc-lasik.jp

吉田 麻里絵さん(ショートトラック)

吉田 麻里絵さん(ショートトラック)
出典:www.jukushin.com

今はまだ違和感がありますが、朝良く見え、メガネを探さないでよくなり、とても良いです。

練習中にまだまだ見えにくいことはありますが、日々に良くなってきているので、今後がすごく楽しみです。

引用元: www.sbc-lasik.jp

鈴木 彩加さん(プロボディボーダー)

鈴木 彩加さん(プロボディボーダー)

まず朝夜のコンタクトレンズ着脱にかける時間が無くなったこと、目の疲労が大胆に軽減されたことがよかったです。
また、ボディボードをする際に 海の中(水中)で目を開けれる事に感動しました。
そして災害などのいざという時にも目に関しての不安がなくなりました。

吉田 優也さん(柔道家)

吉田 優也さん(柔道家)
出典:ethan-joumal.com

え方は、コンタクトレンズを付けている時と一緒、もしくはそれ以上だと思います。

今では、コンタクトレンズを使用しているときにあったストレスを感じることはありませんので、稽古に100%集中して望めます。
また、合宿や遠征時にコンタクトレンズを持っていかなくて良いのは嬉しいですね。
目の疲れも手術後は少なくなりました。

今まで寝る前にコンタクトレンズを外すという習慣が身についていたが、手術後は外さずに寝れる喜びを感じることが出来ました。

↑目次に戻る

レーシックを受けられる人気のクリニック

レーシックを受けられる人気のクリニックをご紹介します。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中
公式ホームページ

品川近視クリニックは、東京・札幌・名古屋・梅田・福岡にクリニックがあります。
アクセスは以下の通りです。

全てのクリニックで、AM10:00~PM8:00が診療時間です。

東京院

JR有楽町駅から徒歩1分ほどの場所にあります。

JR有楽町駅から徒歩1分ほどの場所にあります。

札幌院

地下鉄さっぽろ駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

地下鉄さっぽろ駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

名古屋院

JR名古屋駅から徒歩7分ほどの場所にあります。

JR名古屋駅から徒歩7分ほどの場所にあります。

梅田院

JR大阪環状線福島駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

JR大阪環状線福島駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

福岡院

地下鉄空港線天神駅から徒歩2分ほどの場所にあります。

地下鉄空港線天神駅から徒歩2分ほどの場所にあります。

品川近視クリニックに直接取材してきました!
最新の治療法や高い技術力を誇る術式など、事細かに解説していただきました。
気になる方はぜひご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実

費用は、一番安い術式で94,000円から受けることができます。

また、顔写真付き体験談モニターになると5千円の割引が受けられるサービスもあります。

無料相談する

アクセスは、西部新宿駅北口から徒歩1分ほどの場所にあります。
診療時間はAM10:00~PM7:00です。

新宿に1院しかありませんが、治療実績は10万人を超える人気のクリニックです。
幅広い術式から患者に合ったものを提案してくれるのが強みとなっています。
レーシック手術のアレコレを取材してまとめましたので、ぜひこちらの記事もご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

 
 神戸神奈川アイクリニックは
 閉院しました。

 受診した方への保証・対応については
 公式ホームページの案内でご確認ください。

公式ホームページ(閉院案内)

各クリニックへのアクセスは以下の通りです。

東京・新宿

東京新宿

東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩2分ほどの場所にあります。
診療時間は平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00です。
休診日は毎週火曜日、年末年始です。

大阪・梅田

大阪梅田
出典:www.yamaiko.com

JR大阪駅から徒歩7分ほどの場所にあります。
診療時間は平日AM11:00~PM7:00、土曜AM10:30~PM7:00、日祝AM10:30~PM6:00です。
休診日は毎週水曜日、年末年始です。

福岡・天神(岡眼科天神クリニック)

福岡天神(岡眼科天神クリニック)

地下鉄空港線天神駅3番出口から徒歩1分ほどの場所にあります。
診療時間はAM10:00~PM6:00です。
休診日は毎週水曜日、木曜日、年末年始です。

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
理事長の誠実さやクリニックの雰囲気などが詳しく分かる記事となっております。
ぜひご覧ください。

最終更新日: 2019-10-01

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。