1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 緑内障 >
  4. 緑内障でもレーシックを受けることはできる?緑内障とレーシックの関係まとめ

緑内障でもレーシックを受けることはできる?緑内障とレーシックの関係まとめ

日本人の最も失明になる可能性がある病気は何かご存知ですか?実は緑内障なんです。緑内障は多くの人が罹患しており、視覚障害が起きてしまう病気です。では緑内障の場合、レーシックを受けることができるのでしょうか?

緑内障とは

緑内障 緑内障とは

緑内障は冒頭でも述べたとおり、日本人の視覚障害になる原因疾患の第1位です。

緑内障の主な原因は、眼圧が上昇することです。
眼圧が上がることで視神経が圧迫され、視野が狭くなるなどの障害が起きてしまいます。

しかし、なぜ眼圧が急に高くなってしまうのか、どのような人がなりやすいかなどははっきりとはわかっていないのが現状です。

眼圧は本来一定ではなく、日によって変動したり、体調によって変化しますが、たまたま高くなった眼圧が視神経を圧迫してしまい緑内障になってしまったり、元々視神経が圧迫に弱かったり、遺伝性の可能性もあるとされています。

また強度近視の人などは、眼圧が正常であっても網膜の視神経が弱くなってしまっているために緑内障(正常眼圧緑内障)になるリスクがあります。

20人に1人が発症する失明の可能性がある病気

緑内障 20人に1人が発症する失明の可能性がある病気

目は人の臓器の中でも唯一外部にでているもので、たった25mm程度の大きさしかありません。
その小さな臓器の目ですが、視力が失われてしまうと、たちまち日常生活は困難になり、生活の質は一気に低下してしまいます。
私たちが外部から取り入れる情報の7割は目から入ってくる、というように、目は私達の生活で大切な働きを担っているのです。

緑内障は初期症状は気が付きにくく、気がついた時には症状が進行していて失明する恐れがある怖い病気です。

また、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障に罹患していますが、なんとその9割はまだ気がついていないと考えれれています。

気がついていない9割の人は、早期治療を開始しなければ失明してしまう恐れがあるということになります。

最近、日本緑内障学会で行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人における緑内障有病率は、5.0%であることが分かりました。
つまり40歳以上の日本人には、20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいるということになります。

引用元: www.nichigan.or.jp

慢性緑内障と急性緑内障がある

緑内障 慢性緑内障と急性緑内障がある
出典:www.ntg40.jp

緑内障には種類があり、慢性緑内障と急性緑内障があります。
それぞれ、症状が異なるので注意が必要です。

慢性緑内障

慢性緑内障は、進行が非常に緩やかで自覚症状が気づきにくく、おかしいと感じた時には一部が見えなくなったり視野が狭くなったりする視野欠損が起きてしまいます。

また視野欠損も、両眼に起きていると気がつくことが有るのですが、片目のみに緑内障を発症している場合には、発症していない目が視界の情報を補正してしまうので中々気がつくことが出来ません。

慢性緑内障を未然に防ぐには、発症が多くなる40歳以上になると目の定期検診に行うことが大切です。

急性緑内障

急性緑内障は、名前の通り急激に眼圧が高くなってしまい、急激に発症してしまう緑内障になります。

隅角が何らかの原因で詰まってしまい、眼圧が上がるのですが頭痛や激しい目の痛み、嘔吐、視力低下といった発作のような症状が起きてしまうので「急性緑内障発作」とも言われます。

視界欠損などよりも頭痛や嘔吐と言った症状が強く現れるので、脳の病気ではないかと疑われて発見が遅れ、失明してしまう事が多くあります。
急性緑内障の場合、すぐに治療、処置をしなければ失明する可能性が高くなります。

一度失われた視野は取り戻すことが出来ない

緑内障 一度失われた視野は取り戻すことが出来ない
出典:hara-ganka.jp

慢性緑内障の代表的な症状で視野欠損がありますが、視野欠損は緩やかに進行し、気がついた時には視野の多くが見えなくなってしまいます。

この視野欠損ですが、現代の医療をもってしても一度失った視野は二度と回復させることは不可能です。

早期に緑内障を発見した場合には、点眼薬や手術などの治療で進行を遅らせることが出来ますが、一度失った視野は取り戻すことは出来ません。

このことからもいかに緑内障を早期で発見し治療を行うかが大切になるのです。

↑目次に戻る

緑内障でもレーシックは受けられる?

緑内障 緑内障でもレーシックは受けられる?

視野が狭くなってしまう緑内障ですが、もしも視力の低下がありレーシックを受けたいと鳴った場合には、レーシックを行うことはできるのでしょうか?

基本的にはレーシックを行うことは難しい

緑内障 基本的にはレーシックを行うことは難しい

緑内障の場合のレーシックですが、実際レーシックを受けることは残念ながら難しいです。

レーシックは角膜の表面にフラップという蓋を作るために角膜を吸引します。
その吸引では強い圧がかかってしまうため、緑内障の症状の進行を早めてしまうのです。

また、レーシックを行うと本来あった角膜からは薄くなってしまうので眼圧が低く出てしまうため、正確に眼圧測定が出来なくなり、緑内障の治療を妨げてしまいます。

このことから、緑内障だとレーシックの手術が出来ないことが多いです。
また、眼病で多い白内障も治療を行ってからしかレーシックを受けることは出来ません。

中にはレーシックの施術可能な人もいる

しかし中には、緑内障の症状が安定していたり、進行が止まっている場合に限って、レーシックを行うことができる場合もあります。

その場合の判断は、適応検査の中にある眼底検査でしっかりと視覚乳頭を検査し、レーシックを行うことができるかどうかを調べます。

緑内障の症状が安定して尚且つ目の状態が良い場合のみ

緑内障 緑内障の症状が安定して尚且つ目の状態が良い場合のみ

緑内障の場合、事前の適応検査で緑内障の症状が安定しており、角膜の厚さが充分に確保できる場合にのみ、レーシックを行うことが出来ます。

しかしレーシックを行うときには眼圧が強くかかるので、症状が安定していても術後症状が悪化してしまうリスクがあるので、医師としっかりと相談した上で手術を行うようにしましょう。

多くのクリニックは緑内障の場合には多くのリスクがあるので、レーシックの手術を行うことは少なくなりますが、中には緑内障であっても慎重に手術を行ってくれるクリニックもあります。

気になる時にはまずは、クリニックに相談しましょう!

↑目次に戻る

レーシックをすると緑内障になりやすいって本当?

レーシックは裸眼で過ごすことが出来ることで、多くの人が手術を受けていますが実はレーシックのは合併症や後遺症が起きる人がいます。

その中の噂で、レーシックを受けると緑内障になる可能性が上がるというものがあります。

実際、レーシックを受けると緑内障になるリスクは有るのでしょうか?

レーシックと緑内障に直接の関係はない

レーシックを受けると緑内障になるかという噂ですが、一部の人を除いてレーシックが緑内障の原因になるということはありません。
では、なぜレーシックをすると後遺症として緑内障を発症する、という話が出てきたのでしょうか?

この背景として、先程述べたレーシックの術後に起きる眼圧測定が正確に行うことができなくなるということがあります。

レーシックを行うと角膜が薄くなるので、数値を正確に測れず、眼圧は低く表示されてしまいます。

緑内障は眼圧を調べることで発見できる病気なので、眼圧が低く出てしまうと早期発見できず、症状がかなり進行してから発見してしまうことが起きる可能性があります。

このことから、レーシックを行ってから後遺症で緑内障を発症してしまったのではないか、と言われるようになりました。

発見が遅れてしまうことはある

緑内障 発見が遅れてしまうことはある

レーシックを行ったからと言って後遺症として緑内障を発症することはありませんが、緑内障の疑いがある緑内障予備軍であったり術後に緑内障を発症してしまっていたのに、発見が遅れてしまうというリスクはあるのです。

しかし、レーシックが原因で眼圧が高くなって緑内障を発症するのではなく、術後緑内障を発症していたのに、レーシックを行ったために眼圧を正確に測定することができないことが原因です。

また、術前に緑内障の可能性があったのに、それを見落としてレーシックを受け、症状が悪化したというケースもあります。

術後のステロイド点眼薬は眼圧を上げることがある

レーシックと緑内障の発症に関係はないと述べましたが、それはレーシック後に緑内障を発症した人の大部分で、実は一部の人はレーシックの術後の点眼薬が原因で緑内障になる可能性があります。

それは「ステロイドレスポンダー」というステロイド薬に過敏に反応してしまう体質の人で、こういった人たちは術後のステロイド点眼薬に反応して、眼圧が急激に上昇してしまいます。

レーシックは角膜を切開するので、炎症を起こしたり角膜混濁を起こすリスクが有るために、その消炎効果を目的として、ベタメタゾンやデキサメタゾンという抗炎症作用が高いステロイド薬を点眼します。

抗炎症作用が高いほど、眼圧の上昇作用も強く現れるので、ステロイドレスポンダーにとっては、術後の数ヶ月続く点眼薬は緑内障のリスクになってしまいます。

しかしこのステロイド点眼薬が原因の緑内障は、きちんとしたクリニックのまともな医師が執刀したり事前検査を把握していると、起こることはまずありません。

事前検査でステロイドに対する反応をチェックしていなかったり、正確に眼圧を測定していないなど、ずさんな検査をした場合でないと起きることはないので、このようなことからも、信頼のおける医師やクリニックを慎重に選ぶことは最も大切なことだと言えます。

↑目次に戻る

レーシック後に緑内障の治療は可能?

緑内障 レーシック後に緑内障の治療は可能?

レーシックを受けた後に緑内障を発症してしまっても治療することは可能です。

発見が遅れて視野が欠損した場合、視野を取り戻すことはできませんが、緑内障の手術や点眼薬などの治療を行うことは問題ありません。

しかし、先程述べたように正確な眼圧測定を行うことができないので、緑内障で病院へ行き検査をする場合には予めカルテをクリニックからもらえるかを確認し、可能な場合には必要な分をクリニックからコピーしてもらいましょう。

そうすると、レーシックの前にどのような目の状態であったかを把握することに役立ちますし、レーシックを行っていることを医師が知っていると眼圧測定を考慮して行うことができます。

しかしもし緑内障に限らず、その他の目の病気で新たな治療法が出てきた場合にはレーシックをしていることで、その治療を受けることができないことがあります。

↑目次に戻る

レーシック以外では、PRKを受けることができる!

緑内障ではレーシックを受けることは困難だと説明してきましたが、実はレーシック以外にも緑内障の方でも視力を回復する方法があります。

それは「PRK」という方法で、クリニックによってはラゼックなどと言われる矯正方法があります。

PRKは緑内障の患者のみならず、角膜が薄くてレーシックを受けれない人なども、視力を回復することができる治療法です。

PRKはフラップを作らないので眼圧を上昇させない

緑内障 PRKはフラップを作らないので眼圧を上昇させない
出典:www.ansonkao.com

レーシックとPRKの違いは、フラップを作らないことです。

レーシックは角膜の表面を削ってフラップという蓋を作りますが、PRKはフラップを作らずに角膜上皮という再生する箇所を削り取ってレーザーを照射します。

矯正のレーザー方法は同じですが、角膜上皮が再生するまでは痛みが強く現れたり、視力が安定しないまま数週間すごさなければなりません。

実はレーシックよりも歴史は古く、屈折視力矯正手術と言えばPRKを指してしましたが、レーシックが現れてからは、痛みが少なかったり、視力の安定が早いことから、レーシックが主流になっていきました。

しかしPRKも安全性が高く、術後にフラップがずれる心配もないので緑内障であったり強度近視、角膜が薄くレーシックが行うことができない人でも視力を回復することが出来るようになりました。

↑目次に戻る

レーシック・PRKを行うことができる眼科クリニック

PRKはレーシックを行っている眼科やクリニックで行うことができます。

レーシックより少し値段が高額になる場合が多いですが、今までレーシックが不可能と言われていた人にとっては、PRKで視力を回復できるととてもうれしいですよね。

大手のクリニックではラゼックという名前で、PRKの手術を施術してもらうことが出来ます。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 症例数はトップクラスの121万症例以上
  • イントラレース症例数世界一を4年連続で受賞
  • 保障期間内の追加矯正1回目は無料
  • 無料適応検査実施中
公式ホームページ

レーシック手術件数が豊富なドクターばかりが在籍する品川近視クリニックへ取材してきました!
レーシックの高い技術力や人気の秘密を、副院長に直々に聞いてきましたので、気になる方はぜひご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 検査は準備なしの当日OK
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
公式ホームページ

幅広い術式から患者に最適なものを選んで執刀してくれる、人気の新宿近視クリニックへお話を直接うかがえました。
患者のニーズに合わせた治療をしてくれるので、病気があっても安心して相談できますね。
手術の流れやクリニックの強みなどをまとめて聞いてきましたので、ぜひ併せてご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度
公式ホームページ

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
レーシック手術の具体的な方法や安全性など、詳しく聞いてきました。
ぜひ併せてご覧ください。

最終更新日: 2018-02-14

タグ:
緑内障

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック 老眼治療
PR
品川近視クリニック

「緑内障」に関する記事

緑内障についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

緑内障でもオルソケラトロジーはできる?緑内障とオルソケラトロジーの関係を徹底解説
緑内障でもオルソケラトロジーはできる?緑内障とオルソケラトロジーの関係を徹底解説
知っておくべき緑内障の症状とセルフチェック方法まとめ
知っておくべき緑内障の症状とセルフチェック方法まとめ
視野が欠けて見えるのは緑内障?緑内障の検査方法まとめ
視野が欠けて見えるのは緑内障?緑内障の検査方法まとめ
緑内障は予防できる!改善すべき生活習慣とは?
緑内障は予防できる!改善すべき生活習慣とは?
失明することもある緑内障は早期発見がカギ!原因・症状・予防方法 のまとめ
失明することもある緑内障は早期発見がカギ!原因・症状・予防方法 のまとめ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック 老眼治療

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。