1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術のメリット、デメリットとは?

レーシック手術のメリット、デメリットとは?

従来はメガネやコンタクトレンズなどの矯正が多くありましたが、今はレーシックでの矯正方法も主流になってきましたね!レーシックは劇的に視力が回復しますが、デメリットもあるのでしょうか?今日はメリットとデメリットを解説します。

レーシックは効果が認められている視力矯正方法

レーシックは効果が認められている視力矯正方法

レーシックとは、レーザーを照射し角膜を削ることで、屈折率を変化させることで視力を回復させます。
手術をした翌日には視力が回復している人も多く、満足度が高いので、今や多くの人が施術されています。
一方、レーシックはレーザーで切開する手術になるため、その分リスクも気になりますし、不安も大きくなりますよね。

しかし、レーシックで使用するレーザーは、厚生労働省で使用が承認されているものがあり、安全性が高い手術になります! 厚生労働省で承認されているということは、国がレーシックという手術に対して何か合った場合に責任を取ってくれるということになります。

その分、検討をしっかりと重ねた上で確実なものにしか承認をしないということで、レーシックを安心して行うことができるのです。

ただし、注意点もある

ただし、注意点もある

しかし、レーシックといっても種類があり、全ての機械が承認されているというわけではないです。
各クリニックのそれぞれのレーシックで使用する機械そのものが承認されているものかどうかは、医師に相談して聞いてみましょう。

また、非常に新しい機械であれば、まだ承認されていないものもあります。
新しい機械はその分機能が良いなどのメリットも多いですが、日本では承認されるのに時間がかかるために、承認されないまま使用しているケースもあります。

その場合には責任は自己責任になりますので、注意が必要になります。

↑目次に戻る

レーシックのメリット

レーシックには、多くのメリットがあります。
まずはメリットから見ていきましょう。

近視、乱視、遠視を一度に矯正することが可能

近視、乱視、遠視を一度に矯正することが可能
出典:www.c-e-c.or.jp

レーシックを考える多くの人は、近視の症状に悩まされていることだと思いますが、実はレーシックでは近視だけでなく、乱視や遠視も1度の手術で矯正することができるのが特徴です。

近視、乱視、遠視、それぞれ屈折異常になるので、角膜を削って屈折率を正常に戻すレーシックでは、一度に矯正することができます。

ですが、どんな人でもできるというわけではなく、怪我などで角膜に凹凸ができてしまう不正乱視や、遠視によく似た症状の老眼などは、近視と同時に矯正することは難しくなります。

メガネやコンタクトレンズが必要なくなる

メガネやコンタクトレンズが必要なくなる

近視の中でも強度の近視や乱視、遠視の人にとってメガネやコンタクトレンズは必須になりますよね。
中にはメガネやコンタクトレンズがなければ、何も見ることができず苦労するといった人にとって、裸眼で過ごすことは何よりも魅力的です。

特に、メガネを掛けることで眼精疲労などで肩こりや頭痛などが強く出てしまったり、スポーツを思う存分行うことができなかったり、コンタクトレンズに至っては毎日の洗浄や消毒といったケアがわずらわしいですよね。

レーシックを行い視力が回復すると、このような悩みやわずらわしさから解放され、女性に限らずおしゃれをさらに楽しめます。
また、職業によっては裸眼のほうが行いやすい場合もありますので、裸眼に戻ることができるということは、大きなメリットになります。

災害時にもすぐに避難することができる

災害時にもすぐに避難することができる

日本は地震大国であり、いつ何時に大きな地震が起きるかもしれないという、恐怖があります。
2011年に起きた東日本大震災や、熊本地震など多くの人が避難せざるをえない状況になった災害は、記憶に新しいのではないでしょうか?
そういった災害時に視力が悪いと、すぐに避難することが難しくなります。

また、もし就寝中であれば、メガネやコンタクトレンズを取りに行くことができなかったり、がれきの下敷きになって壊れてしまったりする場合も考えられます。
もし仮にコンタクトレンズを確保できても、長い避難生活を同じコンタクトレンズでずっと過ごすことは不可能です。

そんな時にレーシックを受けていると、すぐに避難することができたり、避難生活になったりしてもケアなどの心配もいりません。

地震大国の日本において、レーシックを受けることは自分の身を守るために、とても重要な手術と言っても過言ではないですね!

維持費がかからない

維持費がかからない

メガネはそれほどではありませんが、コンタクトレンズは数か月おきに購入しなければならず、ケア用品は消耗品なので、とてもお金がかかってきますよね。
1回の値段はそれほどではなくても、トータルで見ると高額になってきます。

レーシックは初回に大きな費用がかかってきますが、それ以降は維持費がかかりません。
長い目で見ると、レーシックの方が安くなることもあります。

費用(1年間)
レーシック 約10万円~40万円
メガネ 約3万円~9万円
ハードコンタクトレンズ 2枚 約2万円~6万円
ソフトコンタクトレンズ 2週間タイプ 約2万円~4万円(×年数)

1年間で比べると、レーシックは圧倒的に高くなります。
メガネやハードコンタクトレンズは、壊れたり、視力が低下したりしない限りは、交換する必要がないので、レーシックよりも安くすみます。

ですが、多くの人が使用しているソフトコンタクトレンズの場合だと、5年使うだけで10万円を超えてきますので、結果的にはレーシックの方が安くなります。

手術時間が短く痛みが少ない

手術時間が短く痛みが少ない

レーシックの手術は、片目から日帰りで行うことができ、手術時間も数10分で終わります。

麻酔をかけてから手術を行いますので、手術中はもちろん痛みを感じません。
術後、麻酔が切れた後も、痛くて我慢できないというほどの痛みは少なく、痛みを感じなかったという人もいます。

一度手術を行うと効果はほぼ永続的

一度手術を行うと効果はほぼ永続的

レーシックは角膜を削りますので、一度行うと長期間同じように高い視力を維持することができます。

もしも何も変化がない場合には、永続的に視力を保つことは可能ですが、数十年も同じ視力できることは実際には難しく、長い期間をみると少しずつ視力が低下している人もいることは事実です。

多くの人はレーシックそのものが原因というよりも、画面を近くで見てしまったり、目を酷使してしまったりする生活習慣が原因で、再び視力が低下してしまいます。

そうなると、コンタクトレンズをまた使用したり、再手術になったりすることがあります。

手術をしたら、目を労って生活することが大切です。

↑目次に戻る

レーシックのデメリット

レーシックは一度手術すると高い視力を回復することができますが、リスクも何もない魔法のような手術ではありません。
もちろん少なからずデメリットがあり、それらをしっかり納得した上で手術を決める必要があります。

合併症や後遺症が出ることがある

合併症や後遺症が出ることがある

レーシックのリスクとして最も考えなければならないのが、合併症や後遺症です。
レーシックは失敗が比較的少ない安全な手術になりますが、合併症などに悩まされている人も多くいます。

過去には、ずさんな衛生管理を行っているクリニックによる感染症などで失明の危険があったという事件もあり、クリニックを選ぶ際には慎重にならなければならないと再認識されました。

合併症や後遺症で多いものとしては、どのようなものがあるのでしょうか?

ハログレア

ハログレア
出典:sasaoganka.com

ハロ・グレアは、術後多くの人が発生する合併症になります。

元々瞳孔が大きめの人が、照射するレーザーよりも大きい場合に、矯正した角膜と矯正していない角膜の間で乱屈折を起こしてしまいます。
すると、夜間の光が異常に眩しかったり、放射状に輝いてしまったり、霞んでしまうことがあります。

多くは術後3ヶ月ほどで起こらなくなりますが、中にはハロ・グレアがずっと遺ってしまうことがあります。

ドライアイ

ドライアイ

ドライアイはレーシックをしていなくても、多くの人が悩まされている症状になりますが、レーシックの場合、術後にドライアイが起きやすくなります。

ドライアイは目の涙液が減ってしまうことで、乾燥したり目が痛くなったりする症状で、目薬などで改善することができますが、悪化してしまうと視力低下の原因となってしまいます。

ドライアイも術後多くありますが、時間の経過とともに減少していきます。

近視戻り

近視戻り

近視戻りとは、いわゆる視力の低下を起こしてしまうことで、特に20代で強度の近視の人は、この減少が起きやすくなります。

視力低下は強度近視の場合、角膜を削る量が多くなり、目が本来持っている再生力という元に戻そうとする力が働き、角膜を戻そうとします。
そうなると視力の低下を起こしてしまいます。

レーシックを受けたのに、結局またコンタクトレンズやメガネが必要になったという人もいるので、注意が必要です。

一度手術をすると元に戻せない

一度手術をすると元に戻せない

レーシックは手術になるので、一度傷つけた角膜は元に戻すことは不可能です。

もちろん角膜の厚みは本来決まっているので、再手術をすればさらに薄くなってしまいますし、そうなると合併症や他の眼の病気などのリスクも高くなってしまいます。

もしも、将来角膜が薄くなってしまい支障を来す場合には、角膜移植しか方法がなくなる場合がありますので、しっかりとリスクを知っておかなければなりません。

正確な眼圧の検査が難しくなる

正確な眼圧の検査が難しくなる

眼圧とは目の硬さのことを表し、目を球状で保つためや、目の中の血流をスムーズにするために、一定を保たなければなりません。
眼科にいった時には、検査で空気を目に当てる検査をしたことがある人もいると思いますが、その機械は眼圧を測定し、緑内障などの病気が隠れていないかを検査しているのです(緑内障は眼圧が高くなる)。

レーシックを行うと角膜を削っているため、正常な数値を測ることができません。
眼圧を測定する機械は空気を飛ばし、角膜に当てることで角膜がどの程度凹むかを調べ数値をはじき出します。
つまり、レーシックを行っていると角膜は薄くなっているので、通常よりも低い数値を出してしまうのです。

そうすると、眼圧を調べることで発見される病気を、見逃してしまう恐れがあります。
もしも、目の病気で眼圧の検査を行う場合には、レーシックを行ったということを眼科医に事前に伝えなければなりません。

レーシック後に老眼が見つかることがある

レーシック後に老眼が見つかることがある

「レーシックをした後には老眼になりやすい」「老眼はレーシックをすると進行が早まる」と言われることがありますが、老眼になることはレーシックは原因になりません。

元々強度近視や乱視がある人は、モノが見えづらいということで、老眼の症状が出ていたとしても気が付かず、レーシックを行って視力が回復してから老眼の症状に気がつくのです。

なので、実は近視の他にも老眼が併発していたのに気が付かず、レーシックを行い視力が回復したために、老眼になっていたことに初めて気がついた、ということです。

もちろん、老眼になっていると老眼の治療や老眼鏡を使用しなければならなくなります。
特に40代以上の人がレーシックを受ける場合、早い人だと40代から老眼の初期症状は始まっていることがあるので、注意が必要です。

老眼とレーシックについての記事は、以下を参考にしてください。

術後コンタクトが使用できないことも

術後コンタクトが使用できないことも

術後、先程述べたように近視に戻ってしまったり、乱視が出てしまったりすることがリスクとして考えられます。
そうなったとしても、日常生活に支障がない人は大丈夫ですが、仕事上、視力の低下が困る人などは問題になってきます。
その場合、コンタクトレンズを再び使用したいと思う人がいるかもしれませんが、実は術後はコンタクトレンズを使用することが難しいケースがあります。

特に、ハードコンタクトレンズは、平たく削ってしまった角膜にレンズはフィットしにくくなりますので、使用することはできません。
ソフトコンタクトレンズも、角膜の状態によっては張り付いてしまったり、角膜上皮細胞が減少してしまったりする恐れがあるために、医師からストップをかけられることがあります。

また、オルソケラトロジーといって、寝ている間に特殊なコンタクトレンズを入れて、朝に外すことで視力を矯正する視力矯正方法もありますが、レーシックの後はオルソケラトロジー自体使用できなかったり、使用しても思うように角膜に癖がつかず視力が回復しなかったりすることも考えられます。

レーシックの後に視力の低下が見られた場合には、コンタクトレンズの使用ができず、メガネしか方法がないということもありますので、それらをしっかり納得してからレーシックを受ける必要があります。

レーシック後のコンタクトレンズについては、以下の記事を参照してください。

↑目次に戻る

レーシックができない人について

レーシックができない人について

レーシックを行う人は今や毎年40万人以上になり、多くの人が視力回復を行っています。
しかし、レーシックは手術ですので、事前に適応検査をクリアした人にしか手術を行うことができません。
どのような人がレーシックを受けることができないのでしょうか?

強度近視、強度乱視の人

強度近視、強度乱視の人

強度近視とは度数が-8D以上になるもので、実際には目を細めないまま11cm先までしか見えることができない人を指します。
強度乱視は-3.00以上の乱視を指し、一般的なメガネ店では強度乱視用のメガネを作ることが難しくなってきます。
このように、強度近視や強度乱視の人たちは、日常生活を裸眼で過ごすことはまず不可能で、コンタクトレンズや眼鏡といった矯正が必要になります。

強度近視、強度乱視の人こそレーシックで裸眼の視力を獲得したいと思うかもしれませんが、強度近視などになると角膜を削る量もかなり多くなり、角膜が削る量に対して耐えることができない可能性が出てきます。

そうなると、レーシックをすることで万が一の危険があったり、レーシックの手術を行っても再び視力の低下が起きてしまったりして、結果またメガネなどの使用をしなければならなくなる危険もあります。

危険がある場合には、レーシックを行うことはできませんので、強度近視や強度乱視の人はレーシックを行えない場合があります。

角膜に十分な厚みがない人

角膜に十分な厚みがない人

レーシックを行うにあたって、最も重要なのは角膜の厚みです。
角膜はコンタクトレンズなどの使用によりどんどん減っていってしまい、どのようにしても元に戻ることはありません。

また、元から角膜が薄いという人もいます。
日本人の平均的な角膜の厚みは530μmですがそこから、フラップの厚みの約120μmを引き、そこから矯正するために角膜を削っていきますので、削る範囲はごくわずかになってきます。
もしも無理をして角膜ギリギリで矯正を行うと、薄い角膜が眼圧に耐えることが出来ず

日本眼科学会でのレーシックのガイドラインは、角膜は250μm以上残すことを推奨していますので、元から角膜が薄い人はレーシックを受けることができません。

年齢によっては治療制限がある

年齢によっては治療制限がある

レーシックは年齢制限があり、約20歳~50歳の方しか受けられません。

20歳以下だと、まだまだ眼球自体も発達段階なので、視力が安定しにくかったり、再び低下してしまったりすることがあるためです。

高齢になると、老眼や白内障といった病気などの理由で手術自体を受けることができなかったり、手術をしても思うような視力の回復にならなかったりするケースがあるためです。

40代からは老眼のリスクもありますので、レーシックを受ける際には慎重にならなければなりません。

病気があると手術ができない場合がある

病気があると手術ができない場合がある
出典:futaba-ac.com

元々、目に病気があるとレーシックを受けられないことがあり、その例として多いのが白内障です。
白内障は水晶体が濁ってしまうことで、対象物が見えにくくなってしまったり、不鮮明な視界になったりします。

白内障がある場合には、レーシックを行っても視力の回復が思うようになりませんので、まずは白内障の治療を行って治してからレーシックを行うことになります。

白内障の治療とレーシックを同時に行うことはできません。
白内障以外の病気がある場合でも、一度医師に相談してからレーシックを受けるようにしましょう。

妊娠中の人

妊娠中の人

妊娠中の方もレーシックを受けられません。
妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れてしまい、視力が低下してしまったり、レーシックを行っても術後の経過が良くない場合があったりするからです。

また、術後の炎症が起きた際に、内服薬が妊娠中に使用してはいけない薬の場合もありますので、妊娠中にレーシックを受けることができないクリニックが多くなります。

あくまでもレーシックは手術ですので、妊娠中の胎児に何も影響がないとはいえません。
必ず妊娠中や妊娠の可能性がある場合にレーシックを受けたい場合には、一度クリニックに連絡した上で適応検査を受けるようにしましょう。

↑目次に戻る

レーシックができない人向けの視力矯正方法

では、レーシックを受けることができない人は、コンタクトレンズやメガネしか視力を回復させることが出来ないのでしょうか?

実は、最近ではレーシック以外にも、多くの方法が確立されています。
今回はオルソケラトロジーとフェイキックIOLを紹介します。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、夜寝る前に特殊なコンタクトレンズを目に装着し、そのまま就寝します。
翌朝、コンタクトレンズを外すと角膜が矯正され、裸眼で過ごすことができる視力に回復していおり、日中は裸眼で過ごすことができます。

オルソケラトロジーは、自分の角膜にあったコンタクトレンズを作成し、寝ている間に角膜にくせをつけ、そのくせをつけることで視力がしっかりと矯正されます。

オルソケラトロジーは、レーシックの用に角膜の厚みや手術を行うことができないので、子どもから高齢者に至るまで、視力を矯正することが可能です。

フェイキックIOL

フェイキックIOL

フェイキックIOLとは、人工的に作られたレンズを目の中に挿入することで、視力を回復させる方法になります。

コンタクトレンズを目の中に入れているようなもので、眼内レンズとも言われます。

フェイキックIOLは角膜と虹彩の間か、水晶体と虹彩の間(ICL)にレンズを挿入しますので、角膜を削ることがなく、ハロ・グレアなどの合併症のリスクがありません。
また、眼内に入れるレンズは交換する必要がなくて済みますが、もしも視力が低下しても、レーシックの用にもとに戻らないわけではなく、いつでもレンズを取り出すことができるのもメリットの一つです。

フェイキックICLは、厚生労働省やFDA(アメリカの厚生労働省のような機関)でも認可されています。

↑目次に戻る

レーシック手術でおすすめの病院・クリニック

レーシック手術でおすすめの病院クリニック

レーシックは今や多くのクリニックや眼科があり、自分に合ったクリニックを選ぶことができます。
中でも、レーシックなどの視力矯正手術を専門に行っている大手のクリニックだと、症例数も多くて質の高い手術を受けられます。

信頼のおける自分に合ったクリニックを見つけることが最も大切なことなので、まずはどのような病院やクリニックがあるか、しっかりと調べてみることが必要になります。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中
公式ホームページ

●基本情報

住所  東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア13F
電話番号 0120-412-049(全国共通予約受付フリーダイヤル)
アクセス JR有楽町「銀座口」・「中央口」より徒歩1分
東京メトロ 丸の内/日比谷線/銀座線の「銀座駅」より連絡通路

●術式と料金

術式 費用(両眼・税抜)
スタンダードレーシック 7万円(1年保障)
スタンダードイントラレーシック 8.6万円(3年保障)
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円(5年保障)
スタンダードZレーシック 20.4万円(8年保証)

品川近視クリニックに直接取材してきました!
レーシック手術以外の視力矯正方法や、品川近視クリニックで手術を受けるメリットについて聞いてしました。
ぜひ併せてご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 検査は準備なしの当日OK
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
公式ホームページ

●基本情報

住所 〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町2-46-3 西武新宿駅前ビル7F
電話番号 0120-66-0149
アクセス 西武新宿線西武新宿駅北口徒歩0分JR新宿駅東口徒歩10分東京メトロ丸ノ内線新宿駅徒歩10分

●術式と料金

術式 費用(両眼・税込)
iFSイントラレーシック 19.8万円(1年保障)
iFSイントラレーシックオプティマイズ 23.8万円(1年保障)
Custom Fit イントラレーシック 27.8万円(2年保障)
Vario Design レーシック 32.9万円(3年保証)
Max Vario design レーシック 39.8万円(3年保証)
SBKレーシック 9.4万円

新宿近視クリニックの苅谷先生に取材してきました。
合併症のリスクやアフタサービス、手術の安全性について解説してもらえました。
気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

150,000円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度
公式ホームページ

●基本情報

住所  東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
電話番号 0120-049-035(10:00〜19:00)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」直結徒歩2分/ 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A6出口より徒歩8分/ JR、私鉄各線「新宿駅」西口徒歩10分

●術式と料金

術式メニュー 料金(両眼・税込)
スタンダードレーシック 15万円(保証期間3年)
iFSイントラレーシック 25万円(保証期間3年)
プレミアムアイレーシック(3年保証プラン) 30万円(保証期間3年)
プレミアムアイレーシック 37万円(15年のトータルケア)
プレミアムアイデザインレーシック 40万円(15年のトータルケア)

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
理事長に直々にレーシック手術のメリット・デメリットや、術式の選び方などを聞いてきましたので、ぜひ併せてご覧ください。

最終更新日: 2018-02-13

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
新宿近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。