1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 【レーシックの年齢制限】レーシック手術は何歳から何歳まで受けられるの?

【レーシックの年齢制限】レーシック手術は何歳から何歳まで受けられるの?

近年では多くの人が視力の矯正方法としてレーシックを選んでいます。そんなレーシック手術には、どのような年齢制限があるのでしょう?高齢なっても受けることはできるのでしょうか。

レーシックができるのは何歳から何歳まで?

レーシック手術は、日本眼科学会が作成した屈折矯正手術のガイドラインを基準としています。
このガイドランをもとにして各医療施設で安全にレーシック手術が行われています。

18歳から手術可能

1) 年齢
エキシマレーザー手術
患者本人の十分な判断と同意を求める趣旨と,late
onset myopia を考慮に入れ,18 歳以上とする.なお,
未成年者は親権者の同意を必要とする.

引用元: www.nichigan.or.jp

日本眼科学会のガイドラインでは18歳以上から

屈折矯正手術のガイドラインには上記のように記載されています。

18歳以上でも、レーシック手術に理解や十分な判断がないと手術を受ける事ができませんし、もちろん本人の同意が必ず必要です。

「late onset myopia」とは、遅発生近視の意味です。
近視は早発性と遅発性に分けられ、早発性では小学校低学年から近視が始まり、中高生くらいで進行がとどまることが多いです。

一方、遅発性は中高生のときに近視が始まり、大学生や社会人になっても近視が進行する傾向にあります。
この遅発性の近視が進行しているときにレーシック手術をしても、手術後も近視が進んでいるのでだんだんと見えにくくなります。

そのため近視の進行が止まった年齢の下限が18歳以上と定められています。

ある程度近視の進行が進んで落ち着いた大人になってからレーシック手術をしたほうが、術後の度数のズレがなくなります。

20歳未満の未成年者は親権者の同意が条件


民法上では、契約を自己責任で行う事ができる年齢は20歳と定められています。

レーシック手術だけではなく他の手術においても医療機関と患者本人が手術をするという契約(同意)を結ぶわけですから、20歳未満の方の手術では親権者が手術行うことに対して同意しなければなりません。

もちろん親権者が同意しなければ手術をすることができません。

上限の年齢は決まっていない! 


屈折矯正手術のガイドラインでは、年齢の下限は18歳と明記されていますが、上限については記載されていません。

では、何歳まで手術ができるのでしょうか?
また、何歳までにレーシック手術を受けることが理想なのでしょうか。

老眼や白内障が始まる40歳〜50歳までが理想

本人が望むのであれば何歳まででも問題はありません。
レーシック手術は時間も短く安全な手術なので、高齢の方にも体への負担は少ないです。

しかし、レーシック手術ができる年齢の上限がないとはいえある程度限度があります。
それは体の負担や術後のケアの問題ではなく、レーシック手術後の見え方に関係してきます。

レーシック手術を行う理想の年齢は、老眼や白内障が始まる40歳から50歳くらいまでです。

老眼になると手元が見えにくくなります。
レーシック手術をすると遠くはよく見えるようになりますが、老眼を治すことはできないので、かえって老眼を感じやすくなります。

白内障は目の中の水晶体が濁って、見えにくくなる病気です。
レーシック手術は水晶体よりも先にある角膜を手術するので、いくら手前側をよくしても、その奥が悪いと十分な効果を得ることができません。

加齢性の白内障は自覚症状が無い場合が多く、50歳代で約50%、60歳代だと約70%の人に発症しています。
そのため、白内障が発症する確率が上がる50歳前までにレーシック手術をすることが望ましいです。

↑目次に戻る

子供がレーシックを受けられない理由


子供がレーシック手術を受けられない理由には体や目の成長のことがあります。

成長期では眼球も一緒に成長する 


近視になるの要因はいくつかあります。

一つは遺伝的要因です。
親が近視の場合、子供も近視になる確立が高くなっています。

二つ目は環境的要因です。
勉強、読書、パソコンなどを長時間見続けていると近視の原因になると言われています。
それと共に眼軸の長さが成長に伴い伸びていきます。

生まれたばかりのときは眼軸長が短く遠視の状態になっています。
成長の過程で眼軸長が伸びていくと、やがて正視になっていきます。

近視では眼軸長が長くなる

近視では眼軸長が長くなる
出典:blog.goo.ne.jp

近視の場合、成長期では眼軸長が伸びていきます。
眼軸長とは角膜の前面部から中心窩の網膜表面までの距離のことをいいます。

通常正視の状態ですと、目から入ってきた光が網膜上で結像するのでピントが合います。
しかし、眼軸長が長くなると網膜より手前で光の像が結像するのでピントが合わなくてぼやけて見えてしまいます。

成長期の近視では、身長が伸びるのと同じように、目の奥行きが伸びていきます。

↑目次に戻る

例外的に18歳未満でもレーシックが受けられることも

角膜矯正手術のガイドラインには18歳以上と明記されていますが、例外としてレーシック手術が受けられる事があります。
しかしそれには医師による十分な説明と親権者の同意が必ず必要です。

スポーツや資格試験に必要な場合 


スポーツをするときや資格試験を受けるにあたって、メガネやコンタクトレンズを使用できない場合が挙げられます。

例えば潜水士の試験はコンタクトレンズでの受験が可能ですが、水に入るとコンタクトレンズが外れてしまうため強度近視の人はレーシックをしていた方がよい場合もあります。

適応検査が必要

成長期に手術をすることになるので、十分な検査が必要になります。

目に病気はないか

角膜内皮細胞の状態や角膜混濁、網膜剥離や他の網膜疾患、重度なドライアイなど目に異常がないか検査する必要があります。
異常がある場合に無理に手術をしても、術後の見え方やケアに関わります。

角膜の厚みが十分であるか 


角膜の厚みが十分であるか 


レーシックは角膜をレーザーで削って視力を回復させる手術です。
そのために一定の角膜の厚みがないと手術できません。
18歳未満ですと、角膜も成長している段階なで規定の厚みに達しないことがあります。

再手術の可能性も 


成長期にレーシック手術をした場合、再手術になる可能性があります。

成長期で近視が進んだ場合 


軸性近視の場合、成長期では眼軸長が伸びていきます。
眼軸長が伸びると目の奥行きが深くなるのでより近視になります。

一度レーシック手術で正視の状態にしても、また眼軸長が伸びると近視になり再度レーシック手術が必要となります。

再手術が不可能な場合 


レーシック手術において再手術が出来ない場合があります。

角膜厚が足りない

レーシック手術ではレーザーで角膜を削るため、ある程度の角膜の厚みが必要となります。

一度目のレーシック手術では角膜に厚みがあっても、二度目の手術では先に角膜を削り取られているので規定の厚みに達していない場合があります。

このときはレーシック手術を受けることが出来ません。

↑目次に戻る

子供でもできる視力回復治療 


レーシック手術を受けることができない子供にでも行うことが出来る視力回復方法があります。

オルソケラトロジー 


オルソケラトロジー 


オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズを付けるだけの視力回復方法です。
年齢制限はありません。

夜の寝ている間だけハードコンタクトレンズを付ける

夜の寝ている間に特殊なハードコンタクトレンズを付けるだけです。
コンタクトレンズをつけるだけなので、小さいお子さんにでも可能です。

コンタクトレンズを付けることにより角膜を変形させ、目から入ってくる光の屈折を変えてしまう視力回復方法です。

コンタクトレンズを外せば角膜の形は元に戻っていくので、治療を止めれば元の見え方に戻ります。

↑目次に戻る

60歳以上でレーシックを受けることはできないの? 


60歳以上でもレーシック手術をすることは可能です。
しかし以下のことにより満足感を得られないことがあります。

白内障


白内障


白内障は目の奥にある水晶体が濁って見えにくくなる病気です。
水晶体が濁っていると、水晶体よりさらに奥にある網膜まできちんと光が届かないのではっきりと物を見ることが出来ません。
そのため、先にレーシック手術をしても網膜まできちんと光が届かないので効果がいまひとつになってしまいます。

白内障の手術は超音波で水晶体を砕いて吸い取ります。
そのあと無くなった水晶体の変わりに人工の眼内レンズを挿入します。
この眼内レンズを入れると、今まで濁って不透明だったものがクリアになるために、網膜まできちんと光が届いてはっきりと見えるようになります。

もし高齢で白内障がある場合には、先に白内障手術をしてからレーシック手術をすることがおすすめです。

再手術の可能性も

白内障で見えにくい場合は白内障を手術をすることになります。
その後見え方に問題なければよいですが、見えにくい場合いには再度レーシック手術をする可能性もあります。

老眼

老眼は老化が原因で手元が見えにくくなります。

手元が見えにくくなる

手元が見えにくくなる

近視の場合レーシック手術で遠くを見えるようにすると近くが見えにくくなります。
逆に遠くを見えにくくすると近くが見えやすくなりますが、これではレーシック手術の意味がありません。

通常手元や近くを見る場合は、毛様体小帯という繊維が緩んで水晶体を厚くさせて近くにピントを合わせます。
しかし、年齢が経つにつれて水晶体が硬くなり毛様体小帯が緩んでも厚くなることが出来ません。

そのため、高齢になってからレーシック手術をするとかえって老眼が進んでしまったと感じてしまいます。

↑目次に戻る

老眼にならないレーシック手術

同じレーシック手術でも老眼にならない方法があります。

モノビジョンレーシック

モノビジョンとは? 


モノビジョンとは優位眼(効き目)を遠くの見え方に合わせて、もう一方の目を近くの見え方に合わせる方法です。

優位眼を正視(網膜上にきちんと光が結像している)の状態にし、逆の目をやや近視よりに度数を調整します。
そうすると片方の目だけで見ると見えいくいですが、両目で見ると遠くも近くも見えます。

脳が自動的にどちらの目で遠くや近くを見るのか判断するので慣れるまで時間がかかりますが、日常生活において遠くや近くが見えるので大変便利な目になります。

近視の度合いにもよりますが、片方の目だけでレーシック手術が済む場合いもあります。

眼鏡や老眼鏡がいらなくなる

モノビジョンだと遠くも近くの見ることが出来るので、必然的に眼鏡や老眼鏡が必要なくなります。
眼鏡を掛けるわずらわしさがなく快適に日常生活が過ごせます。

↑目次に戻る

レーシックが受けられる病院・クリニック

品川近視クリニック 


品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査実施中
公式ホームページ

●基本情報

住所  東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア13F
電話番号 0120-412-049(全国共通予約受付フリーダイヤル)
アクセス JR有楽町「銀座口」・「中央口」より徒歩1分
東京メトロ 丸の内/日比谷線/銀座線の「銀座駅」より連絡通路

●料金&施術メニュー

術式 費用(両眼・税抜)
スタンダードレーシック 6.9万円
品川イントラレーシックアドバンス 14.4万円
スタンダードZレーシック 20万円
クリスタルZレーシック 22.8万円
アマリス750Zレーシック 29.1万円

品川近視クリニックの副院長に直接お話を聞いてきました。
東京、札幌、名古屋、梅田、福岡の、日本全国に5院を展開できるほど人気の理由や、院内の雰囲気が感じ取れる記事となっています。
ぜひ併せてご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 無料適応検査実施中
  • 検査は準備なしの当日OK
  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
公式ホームページ

●基本情報

住所 〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町2-46-3 西武新宿駅前ビル7F
電話番号 0120-66-0149
アクセス 西武新宿線西武新宿駅北口徒歩0分JR新宿駅東口徒歩10分東京メトロ丸ノ内線新宿駅徒歩10分

●料金&施術メニュー

術式 費用(両眼・税込)
iFSイントラレーシック 19.8万円(1年保障)
iFSイントラレーシックオプティマイズ 23.8万円(1年保障)
Custom Fit イントラレーシック 27.8万円(2年保障)
Vario Design レーシック 32.9万円(3年保証)
Max Vario design レーシック 39.8万円(3年保証)
SBKレーシック 9.4万円

新宿近視クリニックの医師に、クリニックの魅力や人気の術式について聞いてきました!
こちらの記事も併せてご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

 
 神戸神奈川アイクリニックは
 閉院しました。

 下記の治療内容・料金などは参考情報として
 ご覧ください。

 受診した方への保証・対応については
 公式ホームページの案内でご確認ください。

公式ホームページ(閉院案内)

●基本情報

住所  東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
電話番号 0120-049-035(10:00〜19:00)
アクセス 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」直結徒歩2分/ 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A6出口より徒歩8分/ JR、私鉄各線「新宿駅」西口徒歩10分

●料金&施術メニュー

術式メニュー 料金(両眼・税込)
スタンダードレーシック 15万円(保証期間3年)
iFSイントラレーシック 25万円(保証期間3年)
プレミアムアイレーシック(3年保証プラン) 30万円(保証期間3年)
プレミアムアイレーシック 37万円(15年のトータルケア)
プレミアムアイデザインレーシック 40万円(15年のトータルケア)

神戸神奈川アイクリニックに取材してきました!
各術式や費用など、詳細に聞いてきましたので、気になる方はぜひご覧ください。

最終更新日: 2019-10-01

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。