1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシック手術後にコンタクトは使用できる?使用の注意点とは

レーシック手術後にコンタクトは使用できる?使用の注意点とは

レーシックの手術を行ったのに、見えにくいな…と思ったらもしかしたら、視力の低下かもしれません。視力の低下の場合、コンタクトレンズで矯正しても大丈夫なのでしょうか?注意点や視力低下の予防法をお教えします。

レーシック後にコンタクトは使用できる?

レーシック後にコンタクトは使用できる?

レーシックとは角膜を削って屈折率を改善し、視力を向上させる手術方法です。
安全性が高く、多くのクリニックが行っている治療法なので、今では多くの人が受けています。

しかし残念ながら、レーシックで一度回復した視力が低下してしまうこともあります。
その場合はレーシックの再手術を受けるか、めがねやコンタクトレンズで視力を矯正する必要があります。

めがねとなると、運動をするときや仕事をする際に不便に感じたり、女性だと見た目でも気になるという方がいますよね。

一方コンタクトレンズはめがねのように見た目に変化はありませんし、スポーツなども気軽に行うことができます。

しかし、レーシックを行った後にコンタクトレンズを装着することは可能なのでしょうか?また、着用するにあたって制限などはあるのでしょうか?

ソフトコンタクトレンズは使用可能!

ソフトコンタクトレンズは使用可能!

ひとえにコンタクトレンズと言っても、多くの種類がありますよね。
レーシックの手術後は、ソフトコンタクトレンズなら使うことができます。

コンタクトレンズを選ぶ際には、酸素を通しやすいものを選ぶと良いでしょう。

角膜は涙液を通して、空気中の酸素で呼吸しています。
そのため酸素を通しにくいレンズを使うと、感染症を起こしやすくなったり、傷つきやすくなる可能性があります。

コンタクトの着脱は清潔な手で行うようにし、1Day の物を選ぶとより感染症のリスクを抑えることができます。

ハードコンタクトレンズはつけれないことも


ハードコンタクトレンズはつけれないことも


ソフトコンタクトレンズは多くの場合に装着可能ですが、ハードコンタクトレンズは使用できないことがあります。

先程述べたようにレーシックは角膜の上部を削って屈折率を変化させるので、角膜が本来の形と異なり台形のような形になってしまいます。

ソフトコンタクトレンズは元々が柔らかい素材でできており、水分も多く配合されているため、角膜の形がかわってしまってもフィットしやすいです。

しかしハードコンタクトレンズの場合には硬い素材で作られているので、台形の角膜には上手くフィットせず、すぐに取れてしまったり、中には外れてしまったレンズを踏んで割ってしまったというケースも。

ドライアイが強いと使用できない

ドライアイとは、涙の分泌量が減ったり質が低下することで、眼の表面が乾燥してしまう症状です。

もともとドライアイ気味の人がレーシックを受けることで悪化したり、レーシックの後遺症や合併症としてドライアイが起きることもあります。

多少のドライアイは目薬などで対処することはできますが、重度のドライアイの場合はコンタクトレンズを使用することで角膜に傷がついたり、感染症を起こしやすくなってしまうため、使用を控えた方がいいでしょう。

カラーコンタクトレンズは医師に相談を

カラーコンタクトレンズは医師に相談を

おしゃれで使用する人が多いカラーコンタクトレンズですが、最近は度が入っているのも多くあり、眼科やコンタクトレンズの専門販売店以外でも、雑貨屋やインターネットの通販で購入することもできますよね。
安価なものもあり、良く利用しているという人もいるのではないでしょうか。

カラーコンタクトレンズですが、基本的に素材はソフトコンタクトレンズなので、装着することは可能です。

ただしこの場合も、医師に相談してから購入すると良いでしょう。
また、こちらもソフトコンタクトレンズと同様に素材は酸素を多く通す酸素透過性が高いコンタクトレンズを購入するようにしましょう。

いつから装用できる?

カラーコンタクトレンズやソフトコンタクトレンズは、レーシックの手術が終わった直後から使用してよいのでしょうか?

実は手術直後の使用はしてはいけないので、少なくとも手術後1ヶ月は開けるようにしましょう。

術後すぐは視力が安定していない事が多いのと、術後の合併症などでドライアイやその他の症状が起きることが多くあります。

そういった時にコンタクトレンズを使用すると思わぬトラブルが起きてしまうリスクがあるので、絶対にしないようにしましょう。

多くのクリニックでは手術後1週間、1ヶ月、3ヶ月といった具合に定期検診を行っているので、そのときにしっかりと診てもらい、コンタクトレンズを使用してよいかを相談しましょう。

↑目次に戻る

レーシック後に視力が落ちる原因

そもそもレーシックは視力を回復するための手術なのに、術後なぜ再び視力が低下してしまうということが起きてしまうのでしょうか?
視力低下の原因に迫ります。

生活習慣

生活習慣

レーシックを行ったのに視力が下がってしまったら、失敗したのかと思いますよね。
実はレーシックの手術後に視力低下をおこしてしまう1番の原因は生活習慣です。

長時間仕事や趣味でパソコンをずっと見ていたり、スマホなどのゲームも長時間行っていると視力が再び低下してしまうことがあります。

パソコンやスマホといった画面をずっと眺めていたり、細かい作業をずっと行っていると、目の調節力が働き続けてしまい、角膜のカーブを強くしてしまいます。

レーシックは角膜を削って、平にすることで視力を向上させるので、レーシック後に角膜が再びカーブしてしまうと視力低下を起こしてしまうのです。

しかし、仕事などでパソコンをずっと見なければならない人もいますよね。
そういった場合には、短時間で区切り目を休める時間を作ったり、遠視用の眼鏡を掛けることで近くを見ないようにすることもできます。

クリニックによっては、仕事で長時間パソコンなどをみることを伝えておくと遠視の眼鏡を貸してくれるところもありますので、事前に相談しておくと良いですね。

せっかく高いお金を出して行ったレーシックですので、できる限り視力が低下しないように日頃から注意することが大切です。

合併症や後遺症

生活習慣以外にも、レーシックの手術そのものが原因になる場合があります。

術後の合併症や後遺症などがその例で、ハロ・グレアや近視戻りという症状が起きることがあり、そうなると視力が低下してしまいます。

ハロ・グレア

ハログレア
出典:www.md-baby.jp

ハロ・グレアはレーシックの手術後に起きやすい合併症の1つです。
元々瞳孔が大きい人や強度の近視の人は発生する可能性が高いと言われています。

ハロ・グレアとは、本来「ハロ現象」と「グレア現象」という2つの現象が合わさった症状で、夜間に光がかすんで見えるハロと、夜間の光が異常に眩しく見えるグレアが同時に発生してしまいます。
症状としては、夜間に街灯や車のライトが異常に眩しくぼやけて見えてしまいます。

術後は起きる人が多くいますが、時間の経過とともに減少していき、術後視力が安定してくる頃には改善してくることが多いので、心配いらないケースもありますが、術後数ヶ月たっても症状が改善されない場合にはすぐ医師に相談するようにしましょう。

近視戻り

目には再生力という力があり、角膜を削るレーシックを行った後に、元に戻す力が働きます。

医師はこの再生力がどの程度働くかを事前の検査できちんと予測し施術を行うので、多くの人は再生力が働いて視力が下がることはありません。

しかし医師が計算していたときよりも多くの再生力が働いてしまうと、視力が下がってしまう恐れがあります。

合併症や後遺症がわかったら再手術になることも 


レーシック後視力が低下したり、視力が思うように回復しない場合には再手術になることがあります。

術後数ヶ月は視力は安定しませんので、最低でも3ヶ月の期間を開けてからの再手術になります。

再手術になるとさらに角膜を削るので、感染症などのリスクは高くなりますが、視力は下がったままだとレーシックを受けた意味が無いので、もしも術後数ヶ月たっても視力が回復しない場合には再手術の可能性もあるということを覚えておきましょう。

↑目次に戻る

レーシック後にコンタクトレンズを使用する際の注意点 


レーシック後にコンタクトレンズを使用する際の注意点 


視力低下が起きたり、カラーコンタクトレンズなどをオシャレで楽しみたい場合、もちろん注意しなければならない点がいくつかあります。

手術を行った目なのでしっかりと注意点を守る必要があります。

老化

目も年齢とともに老化が進みます。
そうなると角膜の細胞が減ったり、乾燥しやすくなったりして、コンタクトレンズを使用する際に目薬を常時使用しなければならなかったり、コンタクトレンズの不快感に悩まされることがあります。

角膜の状態によってはコンタクトレンズが使用できない場合もあるので、レーシックの後にコンタクトレンズを検討している人は1度目の状態を知っておくと良いでしょう。

必ず医師に相談する 


日帰りで行うことができる上に手術時間も短時間ですが、レーシックは手術です。
きちんと定期検診に通い、自分の目の状態をきちんと見てもらう必要があります。

コンタクトレンズを使用する際も、予め医師にきちんと相談してから装着することが大切で、自分で判断して装着することは非常に危険です。

コンタクトレンズくらい、と軽くみるのではなく、自分の大切な目なのでちゃんと医師に相談するようにしましょう。

きちんと手入れを行う 


きちんと手入れを行う 


コンタクトレンズは、1dayなどその日で交換するものは大丈夫ですが2週間おきなどの交換するものは、きちんと手入れする必要があります。

しっかりとこすり洗いをして、保存液に規定の時間以上をつけて殺菌する事が大切です。

手入れを怠ると雑菌が繁殖したり、角膜炎の原因となるアカントアメーバが発生してしまい、最悪の場合失明することがあります。

綺麗に手を洗った上で、こすり洗い、保存液での消毒を行いましょう。

装着時間を守る

コンタクトレンズは装着時間が決まっており、その時間を守ることも大切です。

コンタクトレンズは1日に12時間〜16時間が限界なので、終日つけたりしていると目の抵抗力が減ってしまったり、酸素不足になって角膜の細胞が減少し角膜が薄くなってしまいます。

長時間の装着は目の負担が大きいですので、できる限り時間を守ることが大切です。

↑目次に戻る

視力を維持するための予防ケア

視力が低下してしまってコンタクトレンズになることは仕方ありませんが、まずは視力が低下しないように務めることも大切です。

レーシックを行って、視力が低下しなければコンタクトレンズを使う必要もありませんよね。
では、視力を維持するためにはどのようなことをすればよいのでしょうか?

目のストレッチ

目を酷使していると目の周りの筋肉が固まってしまったり、疲れが溜まってしまいます。

そういったときには目のストレッチをするとよいでしょう。
ストレッチをすることで、目の筋肉がほぐれ疲れが取れやすくなります。

①軽くぱちぱちとまばたきをする
②遠くをゆっくりの眺める
③目を閉じて少し強めにぎゅっとつむり開くのを繰り返す
④呂目で上→右→下→左とゆっくりとみる
⑤目をくるりとまわす

これなら簡単なので仕事の合間などに行うことができますよね。

しかしやりすぎるとかえって疲れが溜まってしまいますので、目を使ったときなどのみにしましょう。

目の周囲を温める

目が疲れると筋肉が凝り固まってしまったり血流が悪くなってしまいます。

そこで、温めたタオルなどを目に置いて温めることで筋肉のコリが解消され、リラックスされた状態になります。

また、目を温めることでマイボーム腺の詰まっている油が溶け出しドライアイの改善にも繋がりますので1日の終わりなどに、ゆっくりと目を温めるとよいですね。

しかし、充血していたり痛みがある場合には目を温めると、悪化させてしまう恐れがありますので痛みがある場合や充血している時には、温めないようにしましょう。

生活習慣の改善

生活習慣の改善

生活習慣をきちんと正すことも視力の低下を予防することになります。

毎日長時間パソコンなどの画面を見続けているのではなく、目を使うことはほどほどにして睡眠をしっかりとったり、外にでて運動をしたりと生活リズムを整えてあげると、眼精疲労などの目の負担も減っていきます。

特にスマホは自分が思っている以上に見つめている時間が長いので、注意しましょう。

きちんと生活習慣を整えると、視力だけでなく健康面でも良いことが沢山ありますので、少し気をつけてみましょうね。

↑目次に戻る

レーシックとオルソケラトロジーとの併用は可能?

寝ている間に特殊なコンタクトレンズを着用して、朝にレンズをはずすと視力が矯正されているオルソケラトロジーですが、手術をしなくても視力が矯正されるとして今話題になっていますよね。

レーシックを行ったのに視力が低下してしまった人の中には再手術に抵抗がある人もいると思います。

そういった時にオルソケラトロジーで矯正できたら、コンタクトレンズのような煩わしさは日中感じずにすみますよね。

レーシックの手術後にオルソケラトロジーを行うことは可能ですが、オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズになりますので、角膜の状態によっては上手く矯正することができない可能性があります。

平になった角膜にオルソケラトロジーのレンズがきちんとなじむかどうかは、医師と相談しながら装着を行うことが大切です。

しかし、オルソケラトロジーも費用がかかるのとコンタクトレンズになりますので手入れはきちんとしなければなりませんので、そういった面も充分に考えた上で併用するようにしましょう。

オルソケラトロジーの詳しい情報はこちらの記事を参考にしてみてください。

↑目次に戻る

レーシックが評判の人気眼科クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 症例数121万以上の国内実績No.1
  • 術後の不安を解消する万全のアフターケア
  • 無料適応検査実施中
  • 国内で唯一アベリーノグローバルテストを実施
  • レーシック術後の特別相談室を実施
  • 患者満足度98.6%
  • 全国(東京の有楽町・梅田・札幌・名古屋・福岡)に展開中

公式ホームページ
手術メニュー 料金(両眼・税込)
スタンダードレーシック 7万円
スタンダードイントラレーシック 8.6万円
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円
スタンダードZレーシック 20.4万円
クリスタルZレーシック 23.2万円
アマリスZレーシック 29.7万円
レクスト 32.4万円
レクスト プラス 48.2万円
レクスト ベスト 60.2万円
レクスト マキシマム 78.71万円

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。