1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. レーシックは痛い?手術中・手術後の痛みについて

レーシックは痛い?手術中・手術後の痛みについて

レーシック手術と聞くと、どうしても痛みがあるのではないかと考えてしまう方もいるでしょう。そのために手術を伸ばしてしまうとそれだけ「裸眼で見えるようになる」という大切な時間を逃しているのかもしれません。ここでは、レーシックの痛みについて紹介します。

レーシック手術に痛みはあるの?

レーシック手術に痛みはあるの?

レーシック手術は、眼の角膜に切れ込みを入れたり削り取ったりし、その下にレーザーを照射することで屈折力を調整する治療法です

手術と聞くとどうしても痛みが気になる方がいるかもしれませんが、レーシック手術の実際はどうなのでしょうか?

手術の痛みはなし! 


レーシック手術では麻酔を使うため、手術中に痛みを感じることはありません。

麻酔に用いるものは目薬です。
麻酔と言っても目の周りに注射をするわけではなく、点眼麻酔であるため針を刺すことによる痛みなどを感じることもありません。

また、手術方法によってはフラップ作成時、眼球を抑えるときの圧迫感を不快に思われる方もいらっしゃいますが、痛みを感じることは少ないようです。

手術後は少し違和感がある程度

麻酔が効いている時間はだいたい60分ほどです。

レーシック手術では角膜を薄く削ってフラップを作っているため、術後の麻酔が切れる頃に少しゴロゴロとした感じやじわじわとしみるような感じがすることもあります。

違和感には個人差があり、痛みを感じる場合もあります。

大手のクリニックは無料で目薬を処方してくれるので、定期的に点眼することで痛みを緩和できます。

痛みが感じやすいレーシック手術もある

レーシック手術にも種類があり、痛みが出やすい方法もあります。
極薄のフラップを作るエピレーシック、ラゼックは術後1〜2週間まで痛みが続きます。

角膜にはいくつか層がありますが、エピレーシックとラゼックはその一番上の「角膜上皮」部分だけを削り極薄のフラップを作成します。

通常のレーシック手術ではフラップを戻しますが、エピレーシックとラゼックはフラップは取り除くため、角膜上皮が再生するまでの1〜2週間ほど痛みを感じてしまいます。

痛みには個人差がある

どのような手術に対してもそうですが、痛みを感じるにはかなりの個人差があります。
しかしレーシック手術においては、痛みで手術できないとなることはほぼありません。

同じレーシック手術を受けても「痛かった」「それほど痛くはなかった」「痛くなかった」と言う人などさまざま。
痛みは「身体的な痛み=目の痛み」だけではなく「心理的な痛み=不安」によっても引き起こされるものなのです。

手術を受ける前に、不安や気になっていることなどがあるときには事前にクリニックに確認し、安心してレーシック手術を受けるようにしておきましょう。

↑目次に戻る

レーシックによる痛みはいつまで続く? 


レーシックによる痛みはいつまで続く? 


レーシックの手術中には、痛みはほぼありません。
では、手術後はどうなのでしょうか?

痛みはその後続いても1~3日程度で治る

手術中に使用した点眼麻酔は60分程度で効果が低下してしまうため、そこからじわじわと痛みを感じるようになります。
しかし、この間に少しずつ角膜は修復しているということです。

通常、角膜が回復するまでの1~3日程度は続くと考えておきましょう。
この間の痛みは問題ありません。

個人差がありますが、クリニックから処方された目薬を定期的に点眼することで、痛みは緩和することができます。

1週間以上続くときにはクリニックに相談

もしも、レーシック手術後1週間経過しても目の痛みが治まらない時や、痛みがどんどんひどくなっているときには、フラップの状態に問題がある、もしくは感染症など何かトラブルを起こしているかもしれません。

一度手術を受けたクリニックに相談して受診しましょう。
手術を受けたクリニックが遠方であるときには、近くのクリニックに行きましょう。

↑目次に戻る

レーシック後の痛みを改善・緩和する方法 


レーシック後の痛みを改善緩和する方法 


手術中の点眼麻酔が切れた後の痛みをコントロールする方法について紹介します。

痛み止めでかなり改善できる

手術中の痛みは、点眼麻酔を使用することによって予防されます。
では、手術後の痛みはどのように対応すればよいのでしょうか?

手術後も痛み止め用の目薬や痛み止めの内服薬を処方してくれるので心配ありません。
決められた時間を守って使用するようにしましょう。

角膜保護用のコンタクトレンズの使用 


レーシック手術で角膜を損傷しているため、ほんの少しの風や煙などでもかなりの痛みを感じてしまいます。
そのため、最近ではレーシック手術後、専用の保護用メガネを渡してくれるクリニックがあります。

またエピレーシックを行った時には、痛みや感染から目を守ってくれる角膜保護用のコンタクトレンズを使用することができます。

その違いは、どこにあるのでしょうか?

目の構造

人は物を見る時、それを光として認識します。
角膜を通過した光は一度屈折し、次に水晶体で屈折、その後網膜と呼ばれる「目の底(眼底)」でその像を結びます。

レーシックによるレーザー照射では、この角膜での屈折を調整するために行われるのです。

目の構造
出典:www.11lasik.net

角膜の構造ですが、上の図のように5層で構成されています。

エピレーシックの場合は角膜保護用コンタクトレンズ

通常のレーシックの場合は、「角膜上皮・ボーマン膜・角膜実質」までカットして、フラップを作ります。
しかし、エピレーシックの場合は、角膜上皮のみをカットするという極々薄いフラップを作成するため、術後にフラップは消えてしまうのです。

その後、自然再生するのですが、完成する約10日間、角膜上皮の役割を果たすものが角膜保護用のコンタクトレンズなのです。
ただし、角膜保護用のコンタクトレンズを外すタイミングは、医師が定期検査を行って決定しますので、自分の判断で装用を辞めることがないようにしましょう。

処方された点眼薬は必ず使用する

角膜は、その表面にある「ムチン」と呼ばれるトロッとした物質を出すことで乾燥や感染から目を守ってくれます。
レーシック手術によって傷ついた角膜ではこの機能が低下しているために、ドライアイになりやすい状態だと言えます。

レーシックの手術後は、痛み止めの目薬の他にも感染しないための目薬や乾燥を防ぐ目薬などが処方されます。
術後は頻繁に目薬をさす必要がありますが、それはレーシックを受けて傷ついた角膜を守る目薬ですので忘れずに使用するようにしましょう。

市販の目薬はいつから使ってもいい?

術後、クリニックから処方された目薬がなくなったら、まずは手術を受けたクリニックに相談して目薬を処方してもらえるかどうか確認しましょう。

基本的に市販の目薬は、術後約1ヶ月はやめておきましょう。

市販の目薬には防腐剤や血管拡張剤が入っているものがあるためです。

これらの成分が入っている目薬を使用すると、感染を起こしやすくなったり充血がひどくなったりすることがあります。

市販の目薬を使うときにも、防腐剤や血管拡張剤が含まれていない目薬を選ぶようにしましょう。

角膜が安定するまで目をこすらない

通常、レーシックを受けるとフラップが作成されますが、作られたフラップはその後、元通りに戻されています。
いわば、フタをしているような状態になっているのです。

角膜が安定するまで目をこすらない
出典:www.sbc-lasik.jp

角膜が傷ついている状態で目をこすってしまうと、角膜上皮にシワができたり、ずれてしまったりすることがあります。
そのシワやずれは、人が物を見る時にゆがみとなってしまうため視力が低下してしまうのです。

レーシックの手術後は、タオルで目を強く拭いたりすることも避けましょう。
また、目尻を強く引っ張ると角膜に力が伝わってしまうため、涙を拭くときなども注意するようにしましょう。

夜間寝ているときも、知らず知らずのうちに目を触っていることがあるかも知れません。
クリニックによってはゴーグルやプラスチックの眼帯を貸し出してくれるところもあります。
気になる方は、まず相談してみましょう。

↑目次に戻る

日常生活におけるレーシック後の痛み対策 


日常生活におけるレーシック後の痛み対策 


痛み止めだけにたよるのではなく、日常生活においても注意することで眼痛を抑えることができます。

入浴は翌日から

シャワーも首から下であれば、レーシック手術当日から可能です。
入浴や洗顔は、目に水が入ってしまう可能性が高いため、翌日の診察以降にしましょう。
レーシック手術当日は、顔はホットタオルで軽く拭く程度にしておきましょう。

パソコンやテレビ・読書はほどほどに

レーシック手術当日は文字を読んだり、絵を見たりすることはやめておきましょう。
なぜなら、物を見るために集中してしまうと瞬きの回数が減り、角膜が乾燥してしまい、痛みを感じる原因になってしまうこともあるからです。

パソコンやテレビ、本を読んだりすることなどは、翌日からにしましょう。

アイメイクは1週間後から 


レーシック手術の当日は、衛生上の問題からお化粧はできません。
また、香りのあるもの(香水やヘアクリームなど)は、手術中の異常やトラブルを早期に発見するのに支障が出てしまったり、周囲の患者さんの気分が悪くなってしまったりする可能性のあるものは、控えましょう。

レーシック手術の翌日から薄いファンデーションであれば使用可能です。
しかしアイメイクなどは目の中に化粧が入ったりすることで、感染や痛みなどのトラブルを引き起こすこともあります。
アイメイクは、術後3日目以降からにしましょう。

軽いスポーツは1週間後から

軽いジョギングやストレッチなどは、レーシック手術後1週間から行っても構いません。
しかし、汗やホコリなどが目に入ってしまうと痛みを感じることがあります。

また柔道やレスリング、サッカーやバスケットなどの激しいスポーツの場合は、目に強い衝撃を与える可能性があるため最低1ヶ月はやめておきましょう。

術後の日常生活についてはクリニックに確認

レーシック手術後の日常生活の過ごし方については必ずクリニックに確認し、守るようにしましょう。
その際、自分の生活の中で気になることを質問しましょう。

↑目次に戻る

痛みは感じた?レーシック手術を受けた方の体験談

痛みは感じた?レーシック手術を受けた方の体験談

痛みを感じなかった!

手術中の痛みは一切なくて恐怖心などもありませんでした。
当日は目がぼやける感じでまだクリアに見えている感じはなかった。

とても緊張はしましたが、手術中は痛みもほとんどなくてすぐに終わりました。
術後すぐは視界がぼやけて、かなり違和感があったので少し不安になりましたが、手術翌日の朝起きるとよく見えるようになっていました。
痛みは全くありません。

スタッフの皆さんはとても親切で優しく、検査やカウンセリングの時に丁寧に説明していただけたので安心して手術を受けられました。
手術中に先生が声を掛けてくれたので、リラックスして受けられました。

引用元: www.sbc-lasik.jp

痛みを感じた方もいらっしゃいます

手術を受けた感想は?

裸眼だったので、視力が良くなったのかいまいちよくわからないです。

押さえつける機械が少し痛かったです。

↓こちらは、エピレーシックを受けられた方の体験談になります。

その日の晩から既にかなりの痛みを感じました。

痛み止めの目薬は時間をおいてささなければいけないと言われていたので
手元に時計をおいておき、数時間おきにさし、なんとか一晩を過ごしました。

あとから考えれば、素直に飲み薬も飲めばよかったのでしょうが、
痛み止めの飲み薬は使いたくなかったので、目薬だけでやり過ごしました。

翌日も、目をあけると涙がひっきりなしに出てきます。

たまねぎを切ったときのしみる感じが数倍ひどい感じですが、
我慢できないというほどではありません。

痛みはこの頃がピークで、徐々におさまっていき、
手術から3日目には、少し異物感を感じる程度にまでなっていました。

引用元: www.openhearttv.com

↑目次に戻る

レーシックを行っているクリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 満足度98.6%!
  • 業界トップクラスの症例数121万以上
  • 業界最安値の手術費
  • 安心の長期保証制度
  • 無料適応検査を実施中
公式ホームページ
スタンダードレーシック マイクロケラトーム(電動メス)を使用して行う、スタンダードな手術方法です。
7万円
スタンダードイントラレーシック レーザーを使い精巧なフラップ(レーシック手術の際に角膜に作るフタ)を作成する、安全性の高い手術方法です。
8.6万円
品川イントラレーシックアドバンス 術後の不正乱視(角膜表面が不整な形状を呈していることで起こる乱視)を軽減する手術方法です。
14.7万円
スタンダードZレーシック レーザー照射エネルギーが少なく、眼の負担が少ない手術方法です。
20.4万円
クリスタルZレーシック 術後の高次収差(光線の焦点がずれる現象)を最小限に抑え、クオリティの高い見え方を追求した手術方法です。
23.2万円
アマリス750Zレーシック 世界初導入の七次元レーシックを使った、最高品質の手術方法です。
29.7万円
レクスト 視力の回復と角膜の強靭化を同時に行う手術方法です。
32.4万円
レクスト プラス ベストに次ぐ品川近視クリニックおすすめの手術方法です。
48.2万円
レクスト ベスト マキシマムに次ぐ最高レベルの手術方法です。
60.2万円
レクスト マキシマム 品川近視クリニック最高峰の手術方法です。
78.71万円
ラゼック アルコールを使用して角膜上皮部分のみにフラップを作成する手術方法です。
眼にキズがある、眼が小さい、角膜が薄い人などに適しています。
16.5万円
エピレーシック エピケラトームという機器を使って角膜上皮部分のみにフラップを作成する手術方法です。
角膜が薄い人に適しています。
16.5万円
遠近両用レーシック 最新の技術を使った老眼対応のレーシックです。
34.3万円

口コミで圧倒的な人気を誇り、世界トップレベルのレーシック手術の症例数121万件の実績を残す、品川近視クリニックがおすすめです。
院内や治療中の様子について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 安心安全の国内症例数最多クリニック
  • お得な割引も充実
  • 診療時間AM10:00~PM7:00
  • 無料適応検査を実施中
公式ホームページ
SBKレーシック フラップの作成時にレーザー照射を伴わず、術後の痛みを軽減した手術方法です。
9.4万円
iFSイントラレーシック 厚生労働省承認済みの世界最新型イントラレーザーを使用した、スタンダードな手術方法です。
19.8万円
iFSイントラレーシックオプティマイズ レーシック慎重派の医師も認める、安全性の高い手術方法です。
23.8万円
Custom Fit(カスタムフィット)イントラレーシック 不正乱視を軽減し、クオリティの高い見え方を追求した手術方法です。
27.8万円
Vario Designレーシック 術後の高次収差を大幅に軽減した手術方法です。
32.9万円
Max Vario designレーシック 最高品質の見え方を追求した、新宿近視クリニック最高峰の手術方法です。
39.8万円

大手クリニックの中でも特に幅広い手術方法を取り揃えている新宿近視クリニックもおすすめです。
患者の意見を聞きながら最適な手術方法を提案してくれるので、安心して手術が受けられます。
もっと魅力が知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 患者満足度96.8%
  • 無料適応検査実施中
  • セカンドオピニオン外来の設置
  • オーダーメイドでの手術も可能
  • 充実の割引制度
公式ホームページ
スタンダード レーシック 手軽にレーシックを受けたい人におすすめの手術方法です。
15万円
iFS イントラレーシック 厚生労働省承認済みの世界最新型イントラレーザーを使用した、スタンダードな手術方法です。
25万円
プレミアムアイレーシック 一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドの手術方法です。
30万円~37万円
プレミアム アイデザインレーシック プレミアムアイレーシックと同様に、オーダーメイドの手術方法で、高いクオリティの「見え方」を追求した手術方法です。
乱視が強い人、不正乱視の人におすすめです。
40万円
スタンダード エピレーシック/ラセック/PRK 角膜が薄く通常のレーシック手術が受けられない人でも適応可能な手術方法です。
25万円
カスタム エピレーシック/ラセック/RPK 角膜が薄い人、激しいスポーツをする人におすすめのオーダーメイドの手術方法です。
37万円
アイデザイン カスタム エピレーシック/ラセック/RPK 軽度~強度の近視、乱視、遠視にも幅広く対応した、オーダーメイドの手術方法です。
40万円

レーシック手術中の痛みや再手術の可能性など、レーシックに関する気になる点を直接、神戸神奈川アイクリニックに取材して聞いてきました!
手術を受けた医師が執刀するので、質問には何でも正直に、自分の感想を交えて答えてくれます。
気になる方はぜひこちらの記事もご覧ください!

最終更新日: 2018-02-13

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
新宿近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。