1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 視力が回復するのはいつから?レーシック手術後の流れと経過まとめ

視力が回復するのはいつから?レーシック手術後の流れと経過まとめ

レーシック手術を受けることを考える際に、手術後の経過のことも把握しておきたいですよね。ここではレーシック手術後の視力回復への経過や目に表れる変化についての解説と、実際にレーシック手術を受けた方の体験談を紹介します。

レーシック手術後の流れと経過について

レーシック手術後は定期的に通院を

レーシック手術後は定期的に通院を

レーシング手術を受けた後は、正常に視力が回復できているか、目に異常が出ていないか、などの経過を確認するため、定期検診のための通院が必要になります。

視力以外にも角膜やフラップの状態やドライアイの症状のチェックなどが行われ、レーシック手術後の経過を観察します。

万が一、見え方が変化したり目の違和感があったりした際は、早急に手術を受けた眼科を受診するようにしましょう。

一般的には、手術翌日・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後・1年後

レーシック手術後の通院のタイミングは、一般的に手術翌日・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後・1年後です。
術後~3ヶ月は患部が不安定な状態であるため、慎重に生活するようにしましょう。

手術を受けて1年以上経ってから、目に違和感や異常が出ることもないとは言い切れません。
最低でも1年に1回は施術した眼科で定期検診を継続して受けるようにしましょう。

非常にまれですが、数年が経ってから角膜の形が変形して乱視が強くなってくる病気があります。
早期に発見できれば変形を止める方法はありますが、進行してしまうと簡単には治せなくなってしまいます。
そうした意味からも年に1回の定期検査は大切なのです。

引用元: www.jscrs-lasik.org

手術直後は視力や目の状態はどうなるの?

レーシック手術は角膜を削る手術なので、術後にしばらくは痛みや違和感が生じることもあります。
とはいえ、見え方が急に変化した・我慢できないほどの痛みがあるような場合は早急に、医師の元へ相談に行きましょう。

具体的には以下のような見え方の変化や目の状態などが挙げられます。

手術当日から視力は上がる

手術当日から視力は上がる

レーシックの手術が終わって直後は視力が安定しないため、ぼんやり靄(もや)がかかって見える場合や、鮮明に見えないといった状態になります。

それはフラップが水を含んでいることが原因で、時間の経過とともに次第にクリアな視界となっていきます。

近視が強かった人は一時的に遠視の状態になることもありますが、その際は視力が安定するまで遠視用メガネを利用して視力を補助します。

麻酔が切れると痛み、涙や異物感があることも

レーシック手術時の麻酔は注射ではなく、目薬のような点眼麻酔を行います。
点眼し数秒後には麻酔の効果が現れ、1時間程度続きます。

レーシックの手術は一般的に15分前後の日帰り手術ですので、恐らく帰宅途中から帰宅後に麻酔が切れるでしょう。

この麻酔が切れる頃から、目がゴロゴロするような違和感や異物感、しみるような痛みを感じることがあります。
痛さには個人差がありますが、術後に処方される痛み止めの目薬で抑えることができます。

問題なく視力回復をするためにも術後はあまり目を刺激しないようにし、目の安静を心がけてください。

術後は乾燥や炎症を防ぐため一定時間毎に目薬を

術後は乾燥や炎症を防ぐため一定時間毎に目薬を

手術を受けて終わり、ではなく、術後の目のケアや保護は視力回復していくために重要なものなので、怠ってはいけません。

術後は患部の細菌感染を予防するための目薬、炎症を抑える目薬、術後に起きる目の乾燥を防ぐ目薬の3種類を、一定時間おきに点眼します。
加えて痛みに我慢できない時には、痛み止めの目薬も点眼します。
(医師の指示を守って点眼してください)

点眼の際は目薬の口を眼球に付けない、目尻などにこぼれた際にうっかりこすらないように気を付けましょう。

外出は控え安静にする

施術した直後の角膜のフラップは不安定となっています。
こすったりぶつけたりする以外に強い風でも、衝撃によってフラップがずれてしまう可能性があります。

手術後1週間は必ず保護用のメガネやサングラスをかけ、外部刺激から目を守りましょう。
無意識下で目をこすってしまうことがあるため、就寝時も眼帯での保護を怠らないように注意が必要です。

また、手術時では麻酔薬以外にも瞳孔を開く薬を使用しています。
前述したような施術による視界の不安定さに加えて、いつも以上にまぶしく感じたりすることもあります。
手術当日はそのまま帰宅し安静に過ごしましょう。

視力が回復するのは翌日以降が一般的

視力が回復するのは翌日以降が一般的

翌日の朝から視界に変化が

視力回復までの時間には個人差がありますが、手術翌日の朝には視力が回復し、よく見えると実感できる人が多いようです。
ほとんどの人の場合、手術翌日からメガネやコンタクトレンズをせずに済むまでに視力は回復します。

とはいえ、完全に視力が安定するためには3ヶ月程度かかります。
眼球の保護は怠らず、見えるようになったからと目を酷使しないよう十分注意して生活してください。

もし、何か視力に違和感があったり、見え方が急に変わったりする場合は医師に相談し、何らかの異常が出ていないか確認しましょう。

夜は目がかすむことも

夜は目がかすむことも
出典:1paraguay.net

レーシック手術の後、夜間の信号や街灯などの光が今まで以上に眩しく感じる「グレア」や、光の周囲に光の輪が入って見える「ハロ」というものが生じることがあります。

角膜を削ったことによって生じる収差(※)やフラップが完治していないことによって起こるものです。
おおよそ3~6ヶ月で症状は治まっていくとされていますが、程度は個人差があります。

※【収差(しゅうさ)】
レンズなどで物体の像を作るとき、光線が一点に集まらず、像がぼやけたり、ゆがんだりすること。

↑目次に戻る

術後安定するまでの期間

約1〜2週間でフラップが安定し、術後の違和感がなくなる

約1〜2週間でフラップが安定し、術後の違和感がなくなる

フラップの切断面は術後1~2週間程で切断面が再生して角膜に密着して、徐々に安定していきます。
日にちが経つとともに目の違和感も徐々に治まっていきます。

フラップが安定するまでの時期に眼に衝撃を与えたり、ゴミが付着してしまうとフラップにズレやシワができて、視界に歪みを起こしたり細菌感染したりしてしまう可能性があります。

レーシックの手術後の非常に重要な時期ですので、目の扱いは慎重に生活しましょう。

副作用の自覚があれば医師に伝え対処を

レーシックの手術には合併症や感染症などの副作用のリスクがあります。
施術を受けた多くの人に発症があるものとしては、ドライアイや《夜は目がかすむことも》で紹介した「グレア」「ハロ」が挙げられます。

他には非常に稀ですが、角膜の内側にある角膜内皮の細胞が酸素不足で死滅してしまい、透明である角膜が白く曇ってしまう「角膜混濁」という後遺症などがあります。

エピレーシックやラセックの回復途中で起こることがあるようですが、目薬による治療で回復できる場合がほとんどとされています。

術後すぐに何も問題がなくても、生活しているうちに見え方や目に異常が出てしまうこともあります。
視界の変化や副作用の自覚がある時は速やかに眼科を受診してください。

約1〜3ヶ月で変動のあった視力が安定する

個人差はあるものの、目安として術後約1ヶ月で目標にしていた視力にまで回復し、約3ヶ月後には視力も安定していきます。
視力の安定とともに、夜間の見えにくさやドライアイなどの症状も解消していきます。

視力の安定の仕方は、見え過ぎていた状態から視力が下がっていく人、術後から次第に視力が上がっていく人と、それぞれのようです。
すぐに視力が上がらないと焦らず、目を労わりながら経過を見守りましょう。

↑目次に戻る

予後に問題がなくても年に1回は定期検査へ

予後に問題がなくても年に1回は定期検査へ

レーシック手術を受けて、問題なく1年目の定期検診を終えた後も、近視戻りなどの視力異常が再発していないか、眼圧や角膜、涙液の量、その他の目の異常などが起きていないかを確認しに検診へ行きましょう。

万が一、知らぬ間に目の疾患にかかっていた場合、少しでも早く発見し治療できる方が好ましいことも理由に挙げられます。

また、必ずしも一度のレーシック手術で必ず理想とする視力へ到達できるとは限りません。
再手術を検討するのであれば、なおさら定期検診を続けるべきでしょう。
(再手術の条件には、施術に必要な角膜の厚みが残っているかなど適応検査が必要です)。

↑目次に戻る

レーシック手術後の体にも変化はあるの?

目の充血

目の充血

手術の影響で一番でやすいのが、目の充血です。
目の表面を施術するため、術後はどうしても充血が出やすいのです。
術後のドライアイでも充血は出やすくなるため、指示通りに目薬をさしておきましょう。

経過とともに引いていくものですが、血行が良くなると充血も治まりにくくなります。
術後1週間程は長時間の入浴や飲酒は控えた方が良さそうです。

結膜からの出血

角膜をレーザーで削る際、角膜が動かないように機械で吸引して固定します。
その際に白目の部分に内出血が起きることがあります。

鏡を見て非常に気になってしまうかもしれませんが、約3~4週間ほどでなくなるものがほとんどで、定期検診もありますので過度の心配はいらないでしょう。

とはいえ、術後の感染症で角膜に異常が出ている可能性もないとは言い切れません。
長く続いていたり目に違和感がある場合は、定期検診に関わらず受診してください。

一時的に視界がぼやける・遠視のような見え方になる

一時的に視界がぼやける遠視のような見え方になる

レーシックの手術を受け、視力が安定するまでには時間が必要となります。
その間に視界がぼやけて見える・鮮明に見えないといった、近くの物が見えづらい遠視に似た見え方になる場合があります。

安定するまでの時間は数週間~半年と個人差がありますが、徐々に落ち着いていくものですので経過観察となります。
もし様子をみても改善がない場合は過矯正になっている可能性があるので、再度医師を受診することをお勧めします。

ピントが合いにくい

術後すぐでフラップが安定していない状態ですと、目に入った光をうまく結べずにピントが合いにくいと感じることがあります。

特に元が近視の人は術前までメガネやコンタクトレンズで、近くにピント合わせる調節力を補ってくれていたものが、レーシック手術によってなくなったことによるものではないかと考えられます。

新たになった角膜の屈折に水晶体が慣れるまでの数週間に起こりやすいようです。

手術直後に吐き気が出る人も

手術直後に吐き気が出る人も

初めてメガネを買って装着した時に、よく見えるようになったけど何となく気分が悪くなった経験はありませんか?

それと同様で、レーシック手術を受けてすぐは視界がぼやけたりするものの、その場で視力はある程度回復しますので急に見えやすくなります。
その差に脳が追いつけず気分が悪くなり吐き気、めまいが起こることがあります。

慣れてしまうまでは仕方がない部分でもありますので、気分が悪い間は安静にしてパソコンやテレビ、読書などで目を酷使しないようにしましょう。

↑目次に戻る

レーシック手術を実際に受けた人の体験談・ブログ

レーシック手術を実際に受けた人の体験談ブログ

手術から1年以内の人の体験談

長年メガネとコンタクトで生活をしていた方が、レーシック手術を受けた体験を細かく紹介しているサイトです。

手術前の段階から術後1年までの経過が書かれていますので、臨場感もあり読みごたえがあります。

【視力回復のレーシック体験記】

レーシック手術の体験を、メリット・デメリット両面の角度から紹介しているブログです。

右目の過矯正で再手術をされたことについても書かれています。

【ウェブ綴り】

手術から5年後の人の体験談

レーシックレビューサイト

2008年に大阪の神奈川クリニックでレーシック手術を受けられた方のサイトのブログです。

レーシック手術を受ける際の様子や術後の痛みについてや、病院選びについても触れられています。

手術してから5年後となりましたが、未だに両目とも1.2から1.0をたもっております。

結構、目は酷使している方だと思うのですが。

わたしサイトの作り方

網膜の異常をきっかけにレーシック手術を受けられた方のサイトです。

サイト名の通り、レーシックについて初心者でもわかりやすいコンテンツの多いページとなっています。
病院選びについても書かれていますので、手術をするか悩んでいる方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

レーシックを受けて5年経ちますが、経過は概ね順調です。

視力は少し下がりました。
体感ですが、レーシック後に1.5と1.2だった視力が、1.2と1.0くらいにはなっている感じがします。
パソコン仕事だからかな。


夜に光がまぶしく見える「グレア現象」は術後当初からあります。
夜に車を運転しているときなど、対向車のヘッドライトがとてもまぶしく感じます。
これはレーシックを受けた人によくある現象のようです。

引用元: www.freelife.jp

手術から10年後の人の体験談

自己啓発を今すぐやめよう!

2007年にレーシック手術をされた際のレポートをまとめられています。
手術を決めたきっかけに始まり、術後すぐの状態や乱視も矯正されたことなどや、メリット面についても書かれています。

それから10年たった今の視力は左0.6、右0.4くらいで、当時に比べればかなり低下したのだけど、それでも普通に生活するには支障はない。

ただ、遠視(老眼)がかなり進んでいるようで、最近は手元が本当に見にくくなった。

小さい字の本は、リーディンググラスなしでは読むことができないレベルだ。
ま、これはしょうがないよね・・そういう年齢なんだもの。

ぼうけんのしょがきえたなら

10年以上も前にレーシック手術をされた方のブログで、手術を決めた理由や術後の感想などを記されています。

歴史上「先発組」の人に関しては、まだ長期スパンで人体ベースでの影響は分かっていません。
誰もいないわけですから。

超がつく訴訟大国のアメリカで早くから広まったとはいえ、さらに数十年経った時にどうなるか?不安がゼロというわけではないですね。

それでも、レーシック手術を受けたことには本当に良かったと思います。

医療の進歩で様々な方法が開発されているようですし、徐々に古いやり方になっていくかもしれません。
それでも、当面の間は検討するに値するものでしょう。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。