1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 乱視 >
  4. レーシックで乱視は治る?費用や再手術の可否は?

レーシックで乱視は治る?費用や再手術の可否は?

レーシック手術といえば、今や視力を回復するために多くの人が選択していますよね。近視の人がレーシック手術をすることは知られていますが、乱視でもレーシック手術を行うことが出来るのでしょうか?今日は乱視のレーシック手術について解説します。

目次

正乱視ならレーシック手術で乱視矯正が出来る

乱視 正乱視ならレーシック手術で乱視矯正が出来る

近視や遠視だけでなく、乱視もレーシック手術でも矯正をすることは可能です。

厳密に言うと乱視の中でも「正乱視」の場合のみレーシック手術を行うことができ、「不正乱視」の場合だと手術が難しい場合があります。

ただし不正乱視でも絶対にできないわけではないので、医師の問診や適応検査で状態を確認されれば、手術を行い乱視を矯正できることもあります。

そもそも乱視とは

乱視 そもそも乱視とは

乱視とは、角膜や水晶体の屈折異常で光を受けた時のカーブが、正しく曲がらないことから起きてしまいます。

私たちは通常、目に入る光を角膜と水晶体で正しい状態に屈折させ、網膜で一点に集めて(焦点)物を見ます。
ですが、その屈折が上手く行われず歪んでしまうために焦点が合わない状態になるため、乱視の人は見る物体がぼやけたり歪んで見えたりしてしまいます。

乱視には角膜や水晶体に対象的な歪みが生じる正乱視と、角膜や水晶体が不規則に歪んでしまう不正乱視があります。

正乱視は眼鏡やコンタクト、もしくはレーシック手術

乱視 正乱視は眼鏡やコンタクト、もしくはレーシック手術
出典:www.jins.com

乱視といえば、正乱視が一般的になります。
半球体の形をしている角膜が対象に歪むことで、光が一点に集まることが出来ないため、乱視の症状を引き起こしてしまうのです。

正乱視はさらに、縦方向に屈折が強い「直乱視」、横方向に屈折が強い「倒乱視」、斜め方向に乱視が強い「斜乱視」があります。

正乱視の最大の特徴としては、眼鏡やコンタクトレンズで乱視の矯正が可能ということです。

不正乱視はハードコンタクトレンズか角膜移植

乱視 不正乱視はハードコンタクトレンズか角膜移植
出典:www.vdt-life.com

不正乱視とは、歪みが対称的でなく不規則に歪んでいるということが特徴です。
これは、角膜の表面が凹凸がなくなめらかな正乱視に比べ、不正乱視は凹凸があるために起きてしまいます。

全く焦点が合わず、不正乱視の原因は白内障や、水晶体の異常や外傷といった後天的なことが多く、正乱視よりも人数は少なくなっています。

また、不正乱視はソフトコンタクトレンズや眼鏡で矯正することは出来ず、ハードコンタクトレンズや角膜移植といった方法が一般的になります。

メガネやコンタクトで矯正可能かどうかがポイント

乱視 メガネやコンタクトで矯正可能かどうかがポイント
出典:gigazine.net

コンタクトレンズや眼鏡で矯正することが可能な乱視の場合だと、同様にレーシック手術を受けて乱視を矯正することが出来ます。

なので、もし不正乱視であってもコンタクトやメガネで矯正できる場合は手術で治療できることもあります。

自分の乱視の状態は病院で診察してもらうとすぐにわかりますので、わからない方は調べてもらうと良いですね。

メガネやコンタクトで矯正出来ていれば強度の乱視でもレーシック手術が受けられる

乱視 メガネやコンタクトで矯正出来ていれば強度の乱視でもレーシック手術が受けられる

近視遠視でも個人差があり、強度になる人がいるように、もちろん乱視にも強度の人がいます。
そういった人でも、コンタクトレンズなどで矯正することができていれば、レーシック手術でも乱視の治療を行うことが出来ます。

逆に言うと、コンタクトレンズや眼鏡で乱視を矯正することができない場合では、レーシック手術を行っても効果を充分に得ることは出来ない、とされています。

強度の乱視でもコンタクトレンズや眼鏡で矯正することができていればレーシック手術は可能ですが、強度の乱視の人がレーシック手術を行う場合には注意点や制限がありますので、よく医師と相談し施術を行うことが大切です。

軽度の乱視が残ることも

乱視 軽度の乱視が残ることも

代表的な注意点が、強度の乱視だとレーシック手術を行っても完全に乱視がなくならず、軽度の乱視が残ってしまうことがあります。

元々強度の乱視だとかなり視力が落ちているために、日常の生活には支障が多く出ていることがあります。
ですので、軽度の乱視が残ったとしても以前に比べるとかなり視力は回復し、乱視の症状は改善されています。

しかし、乱視の症状を完全に近くなくしたいと考えている人には、乱視が残ってしまうという点ではリスクがあります。

角膜が薄いとレーシック手術が受けられない可能性あり

乱視 角膜が薄いとレーシック手術が受けられない可能性あり

レーシック手術は角膜を削り視力を調整する方法になりますので、角膜の厚さはポイントになってきます。

乱視が強くなればなるほど、角膜を削る幅も大きくなりますので、元々角膜が薄い人で強度の乱視がある人は、手術をすることが出来ない場合があります。

レーシック手術は矯正する度数によって手術出来るかが決まるということですが、度数よりも角膜の厚さが重要になってきます。
乱視のみならず近視や遠視でも角膜が薄い人は、レーシック手術を受けることはできなくなる場合がありますので、注意が必要です。

また、眼の手術になるとレーシック手術以外にも、色々な病気などですることがあります。
そういった時のために、レーシック手術を受けるためにはギリギリ角膜は足りるが、再手術や他の病気で手術する時に角膜の厚さが足らなくなってしまうということがあります。
そのために、手術をしても充分な厚さを確保できない場合にも手術を断られることがあります。

↑目次に戻る

ウェーブフロントレーシックは不正乱視の矯正も可能

乱視 ウェーブフロントレーシックは不正乱視の矯正も可能

近年話題になっているのが「ウェーブフロントレーシック」です。
このレーシックの最大のポイントは、通常では難しいとされる不正乱視でも矯正することが可能ということです。

そもそもウェーブフロントレーシックとは、従来のレーシック手術よりも精密度が上がったレーシック手術で、従来のレーシック手術では行うことができなかった収差(個人の角膜の位置や形によって光が歪みバラけてしまうこと)を調節することが出来ます。

方法としては、ウェーブフロントアナライザーという専用の機械を用いて収差を測定し、収差をなくすようにエキシマレーザーを照射します。

ウェーブフロントレーシックでは、特に不正乱視での高次収差を矯正することが出来、特に夜間の見え方が改善するなどの効果が期待できます。
視力が重要になる職種についている人には、画期的な施術方法になります。

↑目次に戻る

レーシック手術が出来ない場合にはフェイキックIOLの選択も

乱視 レーシック手術が出来ない場合にはフェイキックIOLの選択も

フェイキックIOLは、眼内にレンズを挿入し視力を矯正することができます。
レーシック手術のように角膜を削ることがないので、後遺症や合併症のリスクが少ない施術方法になります。

フェイキックIOLは眼内レンズを使用した術式

乱視 フェイキックIOLは眼内レンズを使用した術式

フェイキックIOLは眼内レンズと言われ、角膜を削り光の屈折率を矯正するレーシック手術と異なります。
フェイキックIOLに場合には、角膜と虹彩か水晶体と虹彩の間にレンズを入れることで、視力を回復します。

強度の近視や乱視であったり、角膜が薄かったりする人にでも施術することが出来ますので、今までレーシック手術を受けることができなかった人でも、視力を回復することが可能です。

角膜を削る必要がない

先程も述べましたが、フェイキックIOLはレーシックのように角膜を削り屈折率を変化させませんので、眼を切開することなく施術が行うことが出来ます。
レーシック手術は角膜を削るため、角膜の厚さが一定以上無いと施術をすることが出来ませんが、フェイキックIOLだと視力を回復することが出来ます。

強度の近視や乱視の矯正が可能!

乱視 強度の近視や乱視の矯正が可能!

レーシック手術だと強度の乱視や近視だと矯正することは出来ませんが、フェイキックIOLだと強度の乱視や近視でも矯正することが可能です。

フェイキックIOLの場合だと、近視や乱視の度合いに合わせたレンズを眼内に入れることで視力を回復させていくので、強度の近視や乱視であっても矯正することが出来ます。

レーシック手術だと、強度になればなるほど角膜を削るのも多くなります。
物理的に削る限度が出てしまうので、強度の近視や乱視だと矯正することは出来ません。

視力の回復度や安定性が高い

乱視 視力の回復度や安定性が高い
出典:eyeportal.jp

フェイキックIOLは他の手術法に比べ、手術後の視力の安定が高かったり、回復が早くなったりします。

角膜を削るレーシック手術に比べ、水晶体に近い所でレンズを挿入し固定するので、術後視力の安定度や回復度は高くなってきます。

術後当日は、手術の炎症や使用する薬の影響で見えにくくなりますが、視力自体は1週間ほどで回復してきて、1~3ヶ月で安定してきます。

↑目次に戻る

乱視でも手術費用は変わらない

レーシック手術を行うにあたって、気になるのが費用ですよね。
クリニックにより値段の相違は出てきますが、乱視だから費用が上乗せされるかといえばそうではありません。
乱視であっても手術の費用は変わりませんので、安心してくださいね。

レーシック手術は「近視」「遠視」「乱視」を一度に治せる治療法

乱視 レーシック手術は「近視」「遠視」「乱視」を一度に治せる治療法
出典:www.la-sik.com

近視、乱視、遠視、全てレーシック手術で矯正することが出来ますが、別々に施術をするのではなく、いっぺんに手術を行って視力を回復させることが可能です。

そもそも近視、乱視、遠視は全て屈折異常という症状からきているので、屈折異常を改善するレーシックだと、近視や遠視、乱視を一度に治すことが出来ます。

↑目次に戻る

片目だけ乱視でも手術できる

乱視 片目だけ乱視でも手術できる

多くの人は両目とも視力が低下して来ますが、中には片目のみ視力が低下している人もいます。
そういう場合でも、もちろん片目だけレーシック手術を受けることが出来ます。

レーシック手術は片目だけの治療が可能

片目だけ視力が悪いので、コンタクトや眼鏡で矯正している人も多くいますよね。
片目だけ視力が著しく低下している状態のままだと、頭痛を起こしたり、視力が悪い方に合わせた結果、両目とも視力が低下してしまいます。

また、両目の視力に開きがあることを不同視といい、両目を使って物を見るという働きが悪くなったり、車の運転をする時に危険になったりします。
不同視である場合には、レーシック手術をすることを勧められることがあります。

不同視を改善するためにレーシック手術を片目だけ治療することはもちろん可能で、多くの眼科やクリニックでは施術をしてもらえますので、一度相談してみると良いでしょう。

片目だけの治療なら約半額

乱視 片目だけの治療なら約半額

大手のクリニックだと、片目の施術を断られるということもあるようですが、不同視などの場合だと多くのクリニックで治療をしてもらうことが出来ます。
片目の場合の費用は約半額になりますが、クリニックによっても異なってきますので、費用はいくらかなどを聞いてみると良いですね。

↑目次に戻る

レーシック手術の後遺症で乱視になることはある?

乱視 レーシック手術の後遺症で乱視になることはある?

レーシックとなると必ず手術になるので、なかなか気軽に行うことが出来ませんよね。
中でも、眼の後遺症になると慎重になってしまいます。
レーシック手術での後遺症で乱視になってしまうことはあるのでしょうか?

レーザーのずれにより乱視になることも

乱視 レーザーのずれにより乱視になることも

レーシック手術はエキシマレーザーを用いて照射を行い、角膜を削り屈折率を改善させますが、本来あまり照射のずれが起きることはありません。

エキシマレーザーは、眼球の動きに合わせて照準を合わせますので、瞳孔の動きに合わせて追尾します。

そのため、通常は照準がずれてしまうということは少ないですが、エキシマレーザーのランプの位置がずれていたり、術中に顎を引いてしまったり目を上にそむけてしまったりすると、角膜が傾いて照射がずれてしまいます。

照射ずれが起きてしまうと、乱視が起きてしまうことがあります。

中には片目だけが乱視になり、物が大きくずれて重複して見えてしまうなど、かなり負担が大きくなってしまいます。

アイトラッキングシステム付きの機械だと発生しづらい

乱視 アイトラッキングシステム付きの機械だと発生しづらい

エキシマレーザーは、昔は執刀医が手動で照準を合わせていましたが、現在多くのクリニックではアイトラッキングシステムという自動で眼の動きに合わせて照準を合わせてくれます。

このシステムが導入されてから、より正確な位置にレーザーの照射が可能になってきました。
後遺症のリスクが減少し、精度の高い矯正を行うことが出来ます。

現在はアイトラッキングシステムの導入が必須の装置になっています。

↑目次に戻る

レーシック手術と飛蚊症

乱視 レーシック手術と飛蚊症
出典:ja.wikipedia.org

ふとした時に、眼の前に糸状や虫状の浮遊物が移動しているという症状が起きる人がいますが、この症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。

飛蚊症の原因は先天的なものと後天的なものとあり、先天的なものはまだ母親の体内で眼球が形成されるときに、母体の血管の跡が残ってしまい発生します。
後天的なものは後部硝子体剥離にともなって発生し、加齢や強度の近視、遠視、乱視が原因になります。

*後部硝子体剥離…硝子体が変質し硝子体の繊維組織が壊れてしまい、水の塊が出来、この塊が大きくなって網膜との接触部分から剥離してしまうこと

飛蚊症があってもレーシック手術ができる

飛蚊症は強度の近視などから発生することがあるので、近視を矯正するレーシック手術は飛蚊症の症状があっても治療を行うことが出来ます。
中には飛蚊症の症状がレーシック手術を行うと緩和された、という事例もあります。

レーシック手術で飛蚊症は治らない

乱視 レーシック手術で飛蚊症は治らない

先程レーシック手術を行うことで、飛蚊症の症状が緩和されると述べましたが、これは近視や遠視、乱視から起きる飛蚊症の場合ですあり、レーシック手術で飛蚊症が治ることはありません。

特に飛蚊症を治すためだけにレーシック手術を受けることはできず、治ることはありません。

また、飛蚊症が網膜剥離や網膜裂孔などの大きな病気の前兆としてある場合には、近視などのレーシック手術を受けることは出来ず、まず治療を行うことが優先となります。
網膜剥離などの病気を治してからは、眼科医の許可が降りた場合にレーシック手術を受けることはできます。

↑目次に戻る

視力が著しく低下、後遺症の場合には再手術が可能

乱視 視力が著しく低下、後遺症の場合には再手術が可能

レーシック手術は多くの人が視力回復を感じることが出来ますが、中には視力が思うように回復しなかったり、後遺症に悩んだりする場合もあります。
そういった場合には、レーシック手術の再手術を受けることが出来ます。

しかし、角膜が充分に厚みが確保出来れば再手術を行うことが出来ますが、足らない場合には再手術を受けることが出来ません。
術前の検査で、もしもの場合の再手術が出来る厚さがあるかどうか、医師に確認しておきましょう。

保証期間内なら無料

多くのクリニックが術後に定期検診を行い、経過観察をします。
その上で、視力が低下しているなど後遺症が見られると、再手術を行います。

再手術の場合、クリニックによって差がありますが、無料で行うことが出来るなど保証制度があるので、前もって聞いておくことが大切です。

定期検診以外でも視力が安定しなかったり、見えにくくなったりしたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

↑目次に戻る

乱視がレーシック手術で治った人の体験談やブログ

乱視 乱視がレーシック手術で治った人の体験談やブログ

乱視がきつい私のレーシック体験記~適応検査~手術後まで 

術後の率直な感想やトータル費用など、事細かに書いてくださっています。
また、先生との会話文や保証なども丁寧に記載してあります。

レーシック手術体験記

どこのクリニックがおすすめか、手術のメリット・デメリットなど、比較を重視しているブログです。
体験記はもちろん、たくさんあるレーシック手術のそれぞれの解説、近視と遠視の種類など、基礎知識も盛り沢山となっています。

レーシック体験談ブログ

レーシック手術のデメリットや注意などを記載しつつも、手術して感動したことや感想もしっかりと述べていて、読めばレーシック手術に前向きになれるようなブログです。
レーシック手術を受ける病院を決めた経緯や手術中の様子など、読みながらイメージできるように書いてあります。

↑目次に戻る

術前診断・適応検査で、ベストな矯正方法を考えよう

乱視 術前診断適応検査で、ベストな矯正方法を考えよう

レーシック手術は眼を切開する手術方法なので、リスクはもちろん少なからずありますが、多くの人が視力を開腹している実績もあります。

きちんと術前検査や適応検査を行ったり、医師に気になることを相談したりすることで、不安も解消できます。
また、自分にとって適した矯正方法を選ぶことが出来ます。

乱視の矯正の一つとしてレーシック手術を考えている場合には、一度クリニックで相談をしてみると良いでしょう。

品川近視クリニック

品川近視クリニック

品川近視クリニック

0円

  • 最新の検査機器や的確な検査を提供
  • 無料適応検査実施中
  • 常にハイクオリティーな医療環境
  • 患者満足度度98.6%!
  • 121万件以上の実績
  • 手術費用は最低70,000〜円

公式ホームページ

品川近視クリニックでは、乱視の方でも受けられる手術メニューを設けています。
乱視でもレーシック手術を受けられますので、ぜひ一度、無料適応検査を受けてみましょう。
レーシック手術の安全性や魅力について、副院長に直々に教えていただきました!
取材内容を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック

0円

  • 常に最新の医療機器と技術を導入
  • 無料適応検査実施中
  • 96.8%を誇る顧客満足度!
  • 安全度の高いレーシック、ICL、視力回復手術
  • 手術費用は最低150,000~円

公式ホームページ

実際にレーシック手術を受けた医師が執刀してくださいます!
気になる再手術の確率や見え方なども聞きましたので、気になる方はご覧ください。

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

0円

  • 幅広い術式を用意する視力回復治療専門眼科
  • 無料適応検査実施中
  • 全医師が眼科専門医
  • 症例数は10万件超え!
  • 術後患者の99%が、知人に勧めたいクリニックとして回答
  • 手術費用は最低94,000〜円

公式ホームページ

乱視の人でも受けられるICLという術式が人気のクリニックです。
眼内にソフトコンタクトレンズのようなものを入れて視力を回復させる、レーシック手術とは一味違う術式になります。
乱視の治し方は様々ですので、幅広い術式を取り揃えている新宿近視クリニックで相談してみるのも良いでしょう。

術式の一例やICLの解説については、こちらの取材記事で紹介しています。
気になる方は、ぜひ併せてご覧ください!

最終更新日: 2018-02-06

タグ:
乱視

記事に関するお問い合わせ

「乱視」に関する記事

乱視についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

レーシック手術とは?効果・費用・安全性の総まとめ
レーシック手術とは?効果・費用・安全性の総まとめ
乱視の治し方とは?最新の治療法まとめ
乱視の治し方とは?最新の治療法まとめ
レーシック後におこる乱視の原因とは?再手術は行える?
レーシック後におこる乱視の原因とは?再手術は行える?
乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!
乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!
乱視でもオシャレできる!おすすめのカラコン7選!
乱視でもオシャレできる!おすすめのカラコン7選!

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
【突撃取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院を徹底取材!
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。