1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 斜視 >
  4. 【画像で解説】子どもの斜視の原因や治療法は?早期発見するにはどうしたらいい?

【画像で解説】子どもの斜視の原因や治療法は?早期発見するにはどうしたらいい?

子どもの頃に見られやすい目の疾患で「斜視」というものがあります。原因は様々でですが、斜視の種類によって大きく分けて内斜視と外斜視があります。子どもが斜視かもしれないと思ったら早期に治療を開始することが、正しい目の位置に治すために大切になります。

斜視ってどんな症状?画像付きで解説

斜視について

幼少期の目の代表的な病気に「斜視」というものがあります。
物を見ている時に片方は物の方へ真っ直ぐ視線が合っているのに対し、もう片方の眼球が内側にいったり外側にいったりして、視線が合っていない状態を指します。

斜視 斜視について

斜視は子どもの約二%にみられ、小児眼科の代表的な病気です。

引用元: www.gankaikai.or.jp

内斜視

斜視 内斜視

内斜視とは、対象を両目で見た時に片方の目は正しい瞳の位置にあるのに対し、もう片方の瞳は内側(鼻側)に寄ってしまっている状態をいいます。
いわゆる「寄り目」や「ロンパリ」という俗称のもので、意図せずに目の位置がずれています。

目の位置がずれてしまっている方の目は、日常生活で物を見るのに使われていません。
よって、使用されないことで視力が衰える「斜視弱視」になりやすいため、早期の治療が必要になります。

内斜視にも症状や発症した年齢で種類が分かれます。
大きく分けると生後1ヵ月以降から生後6ヵ月以内に発症した内斜視のことを「先天内斜視」といいます。
また、生後6ヵ月以降に発症した内斜視を「後天内斜視」と呼びます。

外斜視

斜視 外斜視

外斜視とは、対象を両目で見た時に片方の目は正しい瞳の位置にあるのに対し、もう片方の瞳は外側(こめかみ側)にずれてしまっている状態をいいます。
外斜視が出たり出なかったりと状態が変わる「間歇性外斜視」と、常に外斜視が出現している「恒常性外斜視」の二つに分けられます。

外斜視も内斜視同様に両目で対象を見ることができていないため、「斜視弱視」になる可能性はあります。

赤ちゃんに見られる斜視と偽斜視について

斜視 赤ちゃんに見られる斜視と偽斜視について

生後間もない赤ちゃんの目は、まだ視力や目を動かす筋肉が未発達なため、ぼんやりとしか見えていません。
そこからさらに生後3ヶ月から半年で視力が発達していくため、成長とともに瞳の目の位置が安定していきます。

赤ちゃんは顔のパーツが中心に寄っているため、斜視ではないけれど斜視に見える「偽斜視(仮性内斜視)」となっていることがあります。
顔立ちがはっきりしてくると、斜視に見えなくなるので、過敏にならなくてもいいでしょう。

平成2年から3歳児健康診断(自治体によって4歳児健康診断のところもあり)で、視力検査が行われるようになっています。
しかし、間歇性外斜視などで検査では症状がなくて見逃されてしまうこともありえます。
子ども自身が「目が見えにくい」と自覚し訴えるのは難しいため、日常の中で気に留めておくことが重要となってきます。

↑目次に戻る

子どもの斜視の原因は?

遺伝によるもの

斜視 遺伝によるもの

具体的には解明されていませんが先天性の斜視は、斜視を起こしやすい遺伝的な要素もあると考えられています。
斜視で1番多いとされている「間歇性外斜視」は、常染色体優性遺伝(遺伝によって子孫へ引き継がれる性質の遺伝)の形をとるため、遺伝によるものとされるという見解です。

その一方で、遺伝によって斜視が表れる確率はあまり高くはないとする説もあり、実際はまだ研究が不十分なのは現状で、眼科医によって意見が分かれているようです。

目の筋肉や脳へ繋がる視神経の異常によるもの

斜視 目の筋肉や脳へ繋がる視神経の異常によるもの

目を動かすための筋肉や神経に異常があるため、目の位置がずれてしまうことが原因のひとつと考えられています。
左右それぞれの目で見たものを、脳で1つの情報としてまとめる働きである「両眼視」に問題があって斜視を起こします。

両眼視ができていないと、1つしかない対象物が2つに見えてしまったり(複視)、立体感を感じられなくなるという症状も起こります。
よって、目のケガや病気が原因で片方の目だけ視力が落ちてしまうと、視力が悪い方の目だけ斜視になることもあります。

自閉症や発達障害の人に比較的よく見られる特徴でもある

斜視 自閉症や発達障害の人に比較的よく見られる特徴でもある

自閉症をはじめ発達障害の人に比較的よく見られる特徴として、「斜視」が挙げられています。
発達障害の場合、身体の筋肉を適切に動かすのが難しいため、目の位置がずれることがあるのです。
また、本人が見えやすいように無意識に目を移動させて物をみている場合もあります。

発達障害は脳機能に何らかの問題があることが起因しています。
そのため捉えた視覚をうまく脳へ伝達できなかったり、目の動かし方がずれてしまったりといった影響が表れてしまうと考えられています。

↑目次に戻る

気付いたら早めの受診を

斜視 気付いたら早めの受診を

もしかして斜視かも?と気付いたら、早めに治療を開始することが大切です。
眼科になりますが、患者が子どもの場合は小児眼科を受診しましょう。
将来的な治療を考えると斜視や弱視の診療だけでなく、訓練を実施している病院を探すといいでしょう。

問診や医師による診察以外に、検査も行うことで診断がなされます。
その際には視力検査や遠視近視乱視の有無を調べる屈折検査、目の位置をチェックする眼位検査、目の動きをチェックする眼球運動検査を行います。

↑目次に戻る

斜視の治療方法

メガネによる視力上昇と矯正

斜視 メガネによる視力上昇と矯正

斜視の症状によってはメガネやコンタクトレンズで、視力を矯正し治療する方法があります。
中でも調節性内斜視や間歇性外斜視でも、メガネやコンタクトレンズでの矯正のみで治るケースもあると言われています。

このようにレンズを用いた矯正で治療できる場合は、手術をする必要はないとされています。
しかし矯正しきれない場合は、斜視の残っている部分だけ手術をするという治療の流れになります。

メガネを使ったもので治療ではないのですが、「プリズム装用」という両眼視をしやすくすることで、斜視の改善を図る方法もあります。
光の屈折の仕組みを利用したプリズムの入ったメガネをかけることで、斜視眼を正しい目の位置に変え対象が見えるようになります。

幼児期には効果のある方法ですが、患児が嫌がって眼鏡の装着を拒むといったケースもあります。
最近では斜視の乳幼児期における早期手術が必ずしも効果的ではないという症例が数多くでていることもあり、手術よりもプリズム処方によって視能訓練を行うことを選択する医師も少なくありません。

引用元: www.okhelth.com

遮蔽法

斜視 遮蔽法

斜視の影響によって普段使用していない方の目(斜視弱視になっている目)を使わせることで、視力回復を図る方法を「遮蔽法(しゃへいほう)」と呼びます。
主に使用している側の目を眼帯やアイパッチなどで隠しておき、悪い方の目を使うようにする訓練となります。

幼児の視力回復方法として用いられています。
逆に六歳を過ぎると遮閉法では治療を行うことができないといわれています。

遮閉法で用いられるのがアイパッチと呼ばれるものです。
二歳以下の子供であれば遮閉法によって8割の弱視が治るというデータもでています。
しかしアイパッチは幼すぎる子どもの場合、嫌がってはずしてしまうという難点があります。

引用元: www.okhelth.com

両眼視機能訓練

斜視 両眼視機能訓練
出典:www.niwaganka.jp

3歳以上の子どもには、視能訓練士による「両眼視機能訓練」という訓練をします。
長期間の訓練になり、斜視の状況によって最低で1年から3年以上かかる場合もあるとされています。
併せて「視力向上訓練」も行うこともあります。

カイロスコープや大型弱視鏡といった専用の器具を使い、両眼視の向上訓練を行います。
治療期間は個人によって異なりますが、どの斜視の種類でも行え身体に負担が小さいメリットがあります(使っていない目を使うことによる疲労や頭痛が表れることもあります)。

外科的手術が必要なケース

斜視 外科的手術が必要なケース

斜視の種類や、上記で紹介した治療方法などが有効でなかった場合などによって、外科的手術が必要な場合もあります。
またメガネなどを用いた、視力の矯正治療の効果が薄い場合にも行われることがあります。

目の周囲にある外眼筋という筋肉の位置を、手術によって調整することで目の位置を正常な場所へ改善します。
局部麻酔でできる手術でありますが、子どもの場合は全身麻酔で行われます。

大部分の患者様で良好な結果が得られますが、中には過矯正となり物が2重に見えることがあります。
時間とともに徐々に改善しますが、長引く場合はプリズム眼鏡を処方したり、再手術を行なう場合があります。
また、手術後時間の経過とともに、手術前のように斜視になる場合があります(戻り)。
この場合は、しばらく経過を見たのちに再手術を行なうことがあります。

引用元: www.tanemem.com

↑目次に戻る

斜視かどうかの早期発見方法は?

自分でできる子どもの斜視を確認する方法

斜視 自分でできる子どもの斜視を確認する方法

子どもが斜視になっている場合、目が見えづらくなることで、必ずどこかに斜視が所以となる行動が含まれていると考えられます。
まずは日常生活での観察をしてみましょう。

・よく目をこすっている
・TVに近付きすぎている
・体の片側ばかり、どこかにぶつけたりする
・物を取る時に一度でとれずに手探りする
・目を細めたり、片目を閉じて物を見ている
・首をかしげていることが多い
・ぼーっとしている時の黒目の位置が正面でない

など、こういった行動が挙げられます。
他にも子どもをカメラでフラッシュ撮影して、写真に写る子どもの目線をチェックする方法もあります。
この時に目が気になるからと目に近づいて撮影しないよう注意してください。
(フラッシュの強い光で目を傷める可能性があります。

■両眼視を確認する 簡単な実験

先のとがった鉛筆を2本用意して下さい。
先を下にした鉛筆を右手、先を上にした鉛筆を左手に持って下さい。
さあ、右手の鉛筆の先を眼の高さに持って、左手の鉛筆の先を20cmほど合わせてみて下さい。

ぴったり合いましたか?

引用元: www.jaco.or.jp

最終更新日: 2017-05-18

タグ:
斜視

記事に関するお問い合わせ

「斜視」に関する記事

斜視についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

芸能人で多い斜視は魅力の1つ!イケメン俳優や女優さんの画像をまとめてた!
芸能人で多い斜視は魅力の1つ!イケメン俳優や女優さんの画像をまとめてた!

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。