1. 視力回復 >
  2. 眼の病気・症状 >
  3. 飛蚊症 >
  4. 若年者が網膜剥離になる原因は遺伝が関係あるの?初期症状や飛蚊症とは?

若年者が網膜剥離になる原因は遺伝が関係あるの?初期症状や飛蚊症とは?

家族や親戚に網膜剥離の人がいる場合、網膜剥離にかかりやすいという話を聞いたことはありませんか?はたしてこの話は本当なのか、網膜剥離について詳しく解説しながらご紹介します。

手術後の再発の可能性と予防法

↑目次に戻る

若年者の網膜剥離の傾向

網膜剥離とは

飛蚊症 網膜剥離とは
出典:sakuma-eye.jp

網膜剥離とは、目の中にある網膜が何らかの原因で裂けたり穴が開き、その裂けた部分が硝子体に引っ張らることで剥がれてしまう病気です。

初期症状はほとんどなく、医師に言われるまで気づかない人もいます。
痛みなどの症状が無いので放置してしまう人もいますが、網膜が完全に剥がれた場合一気に視力が下がったり、最悪の場合は失明したりすることもあります。

初期症状

痛みなどの初期症状はほとんどありませんが、視野が狭くなる視野狭窄や、飛蚊症、光視症、視力の低下が起こる場合があります。

網膜剥離の初期症状としては、実際は目の前に蚊が飛んでいないのに、飛んでいるように見える飛蚊症、視界に光がチカチカしているように見える光視症があります。
初期症状は必ずしも現れるものではありません。
網膜は痛みを感じることがないため、一般的には痛みがないことが多いです。

視野狭窄

飛蚊症 視野狭窄

視野狭窄になると、見ようと思ったところが見えなくなったり、右半分だけ見えない、左半分だけ見えないなど、視界の一部が欠けるように見にくい状態になったりします。

網膜剥離の他に、網膜動脈閉塞症や緑内障、脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍などでも起こることがあります。

 

視野狭窄では視界の中で部分的見えない部位が発生します。
上記の画像は緑内障のものですが、このように視界に欠損している箇所が見受けられます。
記載の右半分や左半分だけ見えないといった症状は主に脳の後頭葉と呼ばれる部位の障害で起こります。

さて、肝心の網膜剥離の場合は剥離した部位の場所に対応して不規則な視野狭窄が生じます。
ただ、網膜剥離には好発部位があり、網膜の耳側上方で起こりやすいため、視野欠損は下から始まることが多いです。

一番問題となるのは、網膜の真ん中にある「黄斑部」とよばれる部分に網膜剥離がおきた場合です。
黄斑部には錐体細胞と呼ばれる視細胞が集まっており、視力の中心を担っています。
ですので、この部分に網膜剥離が起きた場合は、発症と共に急激な視力低下を自覚することになります。

視力回復ゼミ提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

飛蚊症

飛蚊症 飛蚊症

飛蚊症とは、虫など飛んでいないはずなのに視界の中に黒い粒や糸のようなものが動いているように見えたり、黒い影がちらつくように見えたりする病気です。
加齢によって眼球にシワが出来ることで発症することもありますが、網膜剥離が原因のこともあります。

光視症

飛蚊症 光視症

光視症とは、暗い場所にいるのに目の前がチカチカするような光を感じる病気です。
網膜剥離の他に、脳の血管の痙攣などが原因の場合もあります。

若年者が網膜剥離になる主な原因

網膜剥離が起こる原因として、頭に衝撃を受けるというものがあります。
衝撃が眼球に伝わることで網膜が裂けたり、もともと裂けていた網膜が一気に剥離してしまったりする、ということもあるようです。
そのため、若年者ではスポーツ際に受けた衝撃で網膜剥離になることもあるようです。

その他の原因として、極度の近視やアトピー性皮膚炎、妊娠中毒症などが挙げられます。

 

この他に、若年者(新生児)の網膜剥離の原因として未熟児網膜症があります。

これは、未熟児は正期産(妊娠37~41週)より前に生まれており、特に34週以前に生まれた赤ちゃんは網膜の血管や肺が成熟し切らずに産まれてきます。

そのため、
①出生後に網膜の血管が変な発達をしてしまう。
②肺が成熟し切っていないため酸素を投与してあげることがあるのですが、濃度の高すぎる酸素をの場合網膜の血管を閉塞してしまう。

これらの2つの原因が未熟児網膜症を引き起こし、延いては網膜剥離をきたすことがあります。

視力回復ゼミ提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

↑目次に戻る

遺伝と網膜剥離は関係がある

飛蚊症 遺伝と網膜剥離は関係がある

遺伝とは

私たちの体を構成している細胞には、核と呼ばれるものが入っています。
その核には父親と母親からそれぞれ23本ずつ受け継いだ染色体が結びついて対をなしており、その染色体の情報を元に私たちの体は作られています。

染色体の情報は親から子へ引き継がれますが、このように生殖によって形質が伝わる現象を遺伝といいます。

どうして遺伝で網膜剥離になるの?

飛蚊症 どうして遺伝で網膜剥離になるの?

家族や親戚に網膜剥離の人がいる場合、網膜剥離にかかりやすいという話があります。
これは、網膜剥離の原因にもなる極度の近視やアトピー性皮膚炎は遺伝すると考えられているので、その結果、網膜剥離になりやすい状態が遺伝してしまう可能性があるということなのです。

しかし、家族が網膜剥離だと必ず網膜剥離になるということではなく、あくまでその可能性があるというだけなので、過敏になる必要はないでしょう。

↑目次に戻る

若年者の網膜剥離対策

目に良い食べ物を食べる

飛蚊症 目に良い食べ物を食べる

網膜剥離を予防するためには、水晶体や網膜を構成するたんぱく質や、眼球周辺の筋肉の働きを高めるビタミンB1などのビタミンB群、亜鉛などのミネラルを積極的に摂取して、健康な眼を作ることも大切です。
バランスの良い食生活と、眼に良い食材を組み合わせて、眼に十分な栄養が行き渡るようにしていきましょう。

特に目にいい食べ物

ブルーベリー、いくら

たんぱく質を多く含む食品

飛蚊症 たんぱく質を多く含む食品

肉、魚、卵、豆、穀類、野菜

ビタミンを多く含む食品

飛蚊症 ビタミンを多く含む食品

レバー、うなぎ、チーズ牛乳、鶏卵、納豆、ほうれんそう、豚肉、ごま、落花生、大豆、ブロッコリー、小松菜かぼちゃ、さつまいも、アセロラ、アーモンド、さば

ミネラルを多く含む食品

うなぎ、かき、ほたて貝、海草類、ブロッコリー、バナナ、アボガド、トマトジュース、レバー、アーモンド、納豆、乳製品、大豆製品

目を休ませる時間を作る

飛蚊症 目を休ませる時間を作る

スマートフォンやパソコンなどのディスプレイを長時間見ていると、だんだん目が乾燥したり、疲労が溜まってきたりします。
こういったドライアイや眼精疲労といった症状も、網膜剥離を引き起こす原因のひとつだと考えられています。

そのため、長時間スマートフォンやパソコンを使用する時には、適度に休憩時間を設けましょう。

違和感を感じたら放置しないで病院に

未定義のチャンク

網膜剥離は、初期段階であればレーザー治療などで比較的簡単に治療することができます。
しかし完全に剥離してしまえば、局所麻酔や全身麻酔を用いる本格的な手術をしなくてはいけません。

そのため、なにか違和感を感じたらすぐに病院で診てもらうのが網膜剥離を悪化させないために一番大切なことです。
もしも家族や親戚に網膜剥離になった人がいて、「自分もアトピー性皮膚炎や極度の近視などの不安要素を抱えているので不安だ」という場合には、定期的に眼科で眼底検査を受けることで、網膜剥離を早期発見するようにしましょう。

最終更新日: 2016-12-21

タグ:

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「飛蚊症」に関する記事

飛蚊症についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

レーシックが原因で飛蚊症になることってあるの?レーシックと飛蚊症の関係とは
レーシックが原因で飛蚊症になることってあるの?レーシックと飛蚊症の関係とは

「眼の病気・症状」に関する記事

眼の病気・症状の記事は他にも多数!

ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリメントの飲み合わせの注意点とは?薬との併用は気をつけて
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
ブルーベリーサプリはいつ飲むのがベスト?効果を引き出す飲むタイミングとは
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
レーシック手術の後遺症「過矯正」とは?原因、過矯正にならないための対策まとめ
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
円錐角膜でもレーシックはできる?円錐角膜の最新の治療法とは
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
遠視の治し方とは?最新の治療法まとめ
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。