1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. 老眼 >
  4. 老眼はレーシックで治る?値段・費用はどのくらい?

老眼はレーシックで治る?値段・費用はどのくらい?

レーシックと言えば視力を矯正するための画期的な方法として注目されていますが、誰もがいつかは症状が出始める老眼にも有効なのでしょうか。また、老眼に関する手術の方法や、費用はどのくらいかかるのか解説します。

レーシックってどんな方法?

老眼 レーシックってどんな方法?

レーシックは「エキシマレーザー」という機器で、屈折異常が起こっている角膜にレーザーを照射して目の角膜を薄く削り、角膜の屈折率を矯正する手術のことです。
近視、乱視、遠視を治療する角膜屈折矯正手術とされています。

日本では2000年1月に厚生労働省にエキシマレーザーの安全性が認められ、メガネやコンタクトに代わって新しい視力矯正方法として注目されています。

レーシックの手術過程

老眼 レーシックの手術過程
出典:www.miki-eye.com

目の表面(角膜)にレーザーを使ってふた(フラップ)を作って開き、屈折を矯正するレーザー(エキシマレーザー)をあて、屈折力を変化させることによって視力を回復させます。
手術時間も数分程度で入院する必要もなく、その日のうちに帰宅できるので、比較的気軽に手術を受けられます。

では、実際の手術はどのように行われるのでしょうか。

1.検査のデータを元にして診察をし、特に問題がなければ点眼麻酔をする。

2.開眼器を使ってまぶたを開き、レーザー(フェムトセカンドレーザー)をあててふた(フラップ)を作る。

3.フラップを開いて検査結果を元にしてエキシマレーザーをあてる。

4.フラップを元の位置に戻して点眼をし、終了。

↑目次に戻る

老眼はレーシックで治せるって本当?

老眼 老眼はレーシックで治せるって本当?

では実際に老眼はレーシックで治すことができるのでしょうか。
結論としては、現在のところ老眼はレーシックでは治すことができないのです。

老眼という状態は、そもそも角膜の屈折異常が原因ではありません。
水晶体の機能低下や弾力性の低下によって起こる症状なので、現段階ではレーシックで水晶体の弾力性まで回復させることは不可能とされているのです。

レーシックは目の表面のみの治療なので、目の内側の器官は手術できません。
よって、レーシックでは老眼を治すことはできないということになります。

ただし、レーシック以外の方法で老眼を治療することは可能です。

↑目次に戻る

老眼による視力低下を手術で治療する方法

老眼 老眼による視力低下を手術で治療する方法

老眼はレーシックでは治療できないとしても、老眼鏡を使わずに過ごせるようになる可能性がある治療法はあります。

モノビジョン・レーシック

老眼 モノビジョンレーシック

片方の目を遠くが見えやすく、もう1つの目は近くを見えやすくなるように調整します。
こうすると両目で見た時に遠近関係なく、普通に問題なく見えるようにできます。

基本的に利き目は遠くが見るように矯正し、利き目でない方の目は近くが見えるように矯正するようにします。
手術法はレーシックとほぼ同様ですが、片方ずつ見えやすくする矯正する距離が違うため、同時に矯正するか、片方ずつ矯正するかは手術前の検査の結果によって違ってきます。

アキュフォーカス

老眼 アキュフォーカス

片方の目の角膜に「カメラインレー」というリング状のものを挿入することで、遠くの見え方をあまり下げることなく、近くの見え方を改善する方法です。
カメラインレーは直径が3.8mm、厚さは5ミクロンの大きさで、コンタクトレンズよりも小さいものです。
素材は白内障手術にも使用されている素材でできています。

しかし、受けたいと思う全ての人が受けられるわけではなく、白内障や緑内障などの目の疾患がある人や、過去にレーシックの施術を受けた人は原則として治療を受けられません。

そして施術対象年齢も定められていて、40〜65歳の人が対象となっているので、それ以外の年齢の人は治療を受けることができないとされています。

プレスビーマックス・ハイブレッド

老眼 プレスビーマックスハイブレッド

角膜に遠近両用レンズを作ってしまう、新しい手術方法です。
レーシックでも使用するエキシマレーザーを使用し、角膜を遠近両用コンタクトレンズのような形状に変化させ、近くも遠くも見えるようにする最新の老眼治療です。

遠方、中間、近方というような距離の違いにより見る部分を分けることで、それぞれで焦点が網膜に合うように矯正するのです。

↑目次に戻る

老眼による視力低下の手術治療にかかる費用

老眼 老眼による視力低下の手術治療にかかる費用

老眼による視力の低下を矯正するための手術は、このようにいくつか方法があります。
しかし、どの手術方法も基本的には健康保険が適用されないとされています。
そのため比較的高額になり、クリニックや手術方法によって差がありますが、老眼の矯正手術は平均20万前後~40万前後と考えた方が良いでしょう。

実際に老眼治療を受けたい場合は、目の状態やライフスタイルを元にしてどのような方法が合っているのかをしっかり判断して選ぶようにしましょう。

さらに、老眼は年々進行するものなので、老眼の手術後でも細かい文字を見る時などにはメガネやコンタクトレンズを補助的に使う必要が出てくる場合もあります。
必ずしも満足のいく視力の回復ができるとは限らない、ということを考えておくことも必要だと言えます。

↑目次に戻る

まとめ

視力の低下が老眼によって起こることは知られていますが、そうした視力の低下は手術で治療することが可能です。
しかし、このところよく聞かれる話題のレーシックでは老眼自体は現在のところ治療することができません。
あくまでも老眼が原因の視力低下を矯正するための手術でさまざまな方法があるので、自分の目の状態に合った施術方法を医師と十分相談をした上で選ぶようにしましょう。

最終更新日: 2017-10-22

タグ:
老眼

記事に関するお問い合わせ

PR
品川近視クリニック
PR
品川近視クリニック

「老眼」に関する記事

老眼についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【疲れ目・眼精疲労】ブルーベリーサプリの効果とは?目にいい理由を徹底まとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【老眼治療】モノビジョンレーシックの手術方法、メリット・デメリットまとめ
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
【最新の老眼治療】老眼が治る!遠近両用レーシック手術「プレスビーマックス」とは
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
遠くも近くもバッチリ!老眼治療リーディングアイの方法・費用まとめ
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説
レーシックで老眼は治る?老眼治療の最前線を徹底解説

「レーシック」に関する記事

レーシックの記事は他にも多数!

【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】新宿近視クリニックを徹底取材!最新の治療法ICLについて聞いてきた!
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【突撃取材】品川近視クリニック東京院を徹底取材!人気の治療方法とは
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
【徹底取材】評判の神戸神奈川アイクリニック新宿院に突撃!ICL国内最多症例数の訳
 レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
レーシック後の保護用ゴーグルや眼帯はいつまで必要?つける・外すタイミングまとめ
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
眼瞼下垂でもレーシックは受けられる?手術は眼瞼下垂治療後のタイミングがベスト
品川近視クリニック

人気の記事

視力回復ゼミで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今視力回復ゼミで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。