1. 視力回復 >
  2. レーシック >
  3. リレックススマイル >
  4. レーシックは角膜が薄いと手術できない?角膜が薄い人向けの矯正方法とは >
  5. レーシックは角膜が薄いと手術できない?角膜が薄い人向けの矯正方法とはの5番目の画像

レーシックは角膜が薄いと手術できない?角膜が薄い人向けの矯正方法とは の5番目の画像

リレックススマイル 術式によっては削る量は少なく済む


日本人の平均の角膜の厚みが520μmなので、フラップの分の厚みを引いて370μm、ガイドラインによると250μmは残さなければいけないので、削る厚みは約120μm以内、というふうに考えられます。

とはいえ今は多くの術式が確立されていて、フラップを薄く作成したりフラップを作らずに視力を矯正することができるものもあります。

後ほど詳しく紹介しますので、是非とも参考にしてみてください!

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

レーシックは角膜が薄いと手術できない?角膜が薄い人向けの矯正方法とは
レーシックは角膜が薄いと手術できない?角膜が薄い人向けの矯正方法とは

近視や乱視に悩みレーシックを考えたことはありませんか?しかし中には角膜が薄いという理由でレーシックを断られる人もいます。実はレーシックは角膜の厚みがポイン...

2017-03-18

品川近視クリニック