1. 視力回復 >
  2. コンタクトレンズ >
  3. オルソケラトロジー >
  4. オルソケラトロジーができない人って?検査・体験期間で安心チェック >
  5. オルソケラトロジーができない人って?検査・体験期間で安心チェックの3番目の画像

オルソケラトロジーができない人って?検査・体験期間で安心チェック の3番目の画像

角膜がだんだん薄くなり、中心部分が前に突出してしまう病気のことを円錐角膜と言います。

症状としては、物がぼやけたり、何重にも重なったり、ゆがんだりした見え方をします。
基本的に、治療にはハードコンタクトレンズを装用します。

円錐角膜は角膜異常であり、角膜に型をつけて矯正するオルソケラトロジーを使用するには、その型が適合しないために治療効果が期待できません。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

オルソケラトロジーができない人って?検査・体験期間で安心チェック
オルソケラトロジーができない人って?検査・体験期間で安心チェック

角膜をカットせずに近視治療ができるオルソケラトロジー。とても魅力的ですが、できない方もいます。どのような人なのでしょうか?できる人とできない人、お試しにつ...

2017-01-17

品川近視クリニック