1. 視力回復 >
  2. コンタクトレンズ >
  3. 乱視 >
  4. 乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう! >
  5. 乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!の5番目の画像

乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう! の5番目の画像

乱視 病院によっては処方されないことも

病院によっては、コンタクトレンズの処方を断る所もあります。
コンタクトの爆発的普及で近年、トラブルが増加しており、処方によるトラブル避けたいという、病院側のこのような方針を一概に非難できません。

日本眼科医会によると、使い捨てソフトコンタクトレンズが発売されてから、コンタクトレンズ装着者が急増しています。
その人口は1500-1800万人と言われ、国民の10人に1人に相当します。
コンタクトレンズ装着者が増えると、目の障害も増えます。
装着者の約10%が何らかの眼障害が起きていると推計されています。

この統計は日本眼科医協会の調査報告「コンタクトレンズ眼障害アンケート調査の集計結果報告」(http://www.gankaikai.or.jp/contact-lens/report.html)を参照してください。

同じ記事に掲載されている画像

この画像が掲載されている記事

乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!
乱視用度ありカラコンは眼科で処方してもらおう!

乱視用カラコンは近年、美容目的で爆発的に人気を集めています。乱視用カラコンは、日本製がまだ少なく外国製が圧倒的に多いのです。カラコン視力補正用カラコンと同...

2016-08-29

品川近視クリニック